パグ

最も古い犬種の一つで、古代アジアの出身、もとは大型犬だったと推定されているパグ。
交配により小型化され、その後魔除けになるとして中国の皇室で大切にされていた歴史を持つ犬種です。

今回はそんなパグの特徴と飼う時に注意したいことなどをご紹介します。

わんこ ハテナ

パグはユニークな顔立ちが魅力的なワンちゃんだね!
どんな性格のワンちゃんなのかな?

パグの特徴

パグ

サイズ

まず小型犬です。
サイズはオス、メスともに体高25~28cm体重6~8kgです。
オスメスの体格差がない犬種です。
同じ小型犬の仲間からいえばかなり体重は重いですが、6~8kgの体重を維持していれば肥満の心配はないようです。

体格

体型ですが、まずお顔、マズルが短く四角で、大きな目はこぼれそうに飛び出しています。

また頭部から鼻までしわがたくさんあり、目のあたりのしわは、困ったような表情を作り出しています。
この表情はパグの魅力の一つですね。

体は、ユニークな頭部とうって変わって、筋肉質の引き締まったバランスの良い肉体美を持っています。
全体的には正方形の頭と、正方形の体で、安定感のある容姿です。

被毛

毛色は、シルバー、アプリコット、フォーンで、マズル、マスク、耳、頬、前頭部にブラックの色が入っている子が多いです。
またブラックもいますが、全身が濃いブラックで、つやつやピカピカブラックの毛色の子は、大変希少価値が高くパグ好きさんにはあこがれの「黒パグ」になっています。

毛の長さは短毛、トップコートはなめらかな毛質で、アンダーコートもあります。

寿命

寿命は12~15歳前後と言われていますが、これは他の小型犬の寿命と変わりありません。
健康管理、特に肥満対策をして一緒の時間を長くできるように愛情をたっぷり注いでお世話してあげましょう。

パグはどんな性格?

パグ

明るくて、陽気、人懐っこい性格です。
素直で落ち着いていてと、良いところばかりなのですが、その反面、頑固で、マイペース、甘やかして育てるととてもわがままで嫉妬深くなってしまうという面もあります。

警戒心は少なく、あまり吠えない犬種なので、番犬には向いていません。

わんこ がんばれ

あんまり吠えない犬種だから、マンションやアパート暮らしの人でも安心だね☆

飼うときに注意したいこと

体重管理

パグは、活発な犬種ではなく太りやすい体質を持っています。
日々の健康管理の重要なポイントとして体重管理があります。
食べ物に対する執着心も強いので気を付けなければなりませんね。

かかりやすい病気

パグは、目が飛び出しているので目のケガに気を付けてあげましょう。

しわが多い顔は、汚れがたまると皮膚病の危険が増します。
常に清潔にすることを心がけてあげましょう。

パグ脳炎と言われる「壊死性髄膜脳炎」は、重症化しやすく進行も早くて、大変危険な病気です。
原因が解明されていないので治療法がありません

気管虚脱や、軟口蓋過長、鼻腔狭窄、など呼吸器疾患が起こりやすいです。
これは鼻の短い犬種でよく発症します。

心臓も弱いことが多いので負担をかけないように注意してくださいね。

暑さ寒さにも弱く呼吸困難にもなりやすいので、これも要注意です。

パグの特徴的な体型による疾患は避けられないものですが、ある程度は日々の健康管理で避けることができます。
そのための一つが体重管理、肥満を防いで健康な体を維持してください。
また早期発見、早期治療が大事です。

わんこ メモ

パグを飼う時はこれらの病気には特に注意しよう!
体重管理を徹底して、健康を心がけてね☆

相場

パグの相場は18~50万円と幅が広いです。
人気の毛色や、由緒正しい血統の子はもう少し高くなる傾向があり、なんといっても「黒パグ」さんは、人気と希少価値で高くなる傾向があります。

パグはこんな人におすすめ!

穏やかな性格なので良き家庭犬となる素質があります。
お子さんがいても大丈夫でしょう。

パグはあまり賢いといわれる犬種ではないので、忍耐強くしつけができる方

短毛種なのですが、アンダーコートがあり抜け毛も多いのでお手入れに時間はかかります。
また、たれ耳、しわの多い顔のお手入れもしなければなりません。
散歩よりは家でたくさん遊びを兼ねて運動させる。

これらのことができる方にお勧めします。

まとめ

パグの魅力はそのユニークすぎる顔、いわゆるブサカワのカテゴリです。
温厚な性格も相まって、その魅力のとりこになってしまう方も多いのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。