犬 洋服

ワンコを飼い始めた頃は可愛い服を着せると「ウキウキでお出かけできて楽しい!」くらいの考えで、ワンコに服を着せていました。
でも、ワンコが服を着ることを嫌がるようになり、服を着せる機会はかなり減ってしまいました。

そもそも、ワンコに服って必要なんでしょうか?

今回は、犬に服を着せるメリットとデメリット服を着せる時に注意したいことについてお伝えしますね。

わんこ ハテナ

ワンちゃんに可愛いお洋服を着せたい!と思っている飼い主さんは多いと思うけど、そもそもワンちゃんに服を着せる意味ってあるのかな?

犬に服を着せるメリット

犬 洋服

暑さ寒さ対策

犬種によって、とても寒さに弱い子がいます。
この子たちにとっては寒い時期や冷房の時期の洋服は必須です。

例えばメキシコ原産のチワワなど暖かい国原産のワンコは寒さにとても弱いので冬には暖かな服が必要です。
また、イタリアングレイハウンドなどの毛が短い犬種達も寒さに弱いのでやはり服が必要です。

そして、老犬は体温の調節機能がうまく機能しなくなっていることが多いので、飼い主が服を着せて調整してあげる必要があります。

逆に夏は、暑さ対策として湿らせた服を着せて気化熱を利用して体を冷やすことで、熱中症対策になりますね。

病気の予防

服を着ていると散歩中に、様々な病気を引き起こすマダニや、花粉などのアレルゲンが体に付かないようにガードすることができます。
最近はアレルギーを起こしやすい犬が増えているようで、アレルギーを発症してしまったら花粉などのアレルゲンをできるだけ体につけないことが大事になりますから、服を着せることが重要な対策となります。

抜け毛予防

ダブルコートの犬は大量の毛が抜けます。
服を着せることでお部屋の掃除回数を減らすことができて、飼い主のストレスがかなり緩和されます。

わんこ メモ

ワンちゃんのお洋服には、オシャレを楽しむだけじゃなくてこんなにたくさんのメリットがあるんだね!

犬に服を着せるデメリット

犬 洋服

犬にとってストレスになる

服を着ることをストレスと感じているワンコも多いようです。
脱ぎ着の時の窮屈な動作が嫌いだったり、着ている時の全身の圧迫感が嫌いだったり、いろんな理由があると思います。
そんな子にお出かけ前に服を着せていると、お出かけ自体を嫌いになってしまう可能性もありますから注意しましょう。

毛玉になりやすい

長毛犬に服を着せっぱなしにすると、毛玉になってしまします。
定期的に服を脱がせてブラッシングをする習慣をつけると大丈夫だと思いますよ。

わんこ ポイント

もちろん、メリットだけじゃなくてデメリットもあるよ!
これらも把握して洋服の必要性についてもう一度考えてみてね☆

犬に服を着せる時に注意すること

ミニチュア・ダックスフンド

服についているパーツの誤飲には注意!

まさに我が家のチワワがそうなんですがなんでも噛みたがりで、首輪にぶら下がっている鑑札を器用に噛み続けていました。(今は外しました)
そして服についているパーツも器用に噛んでしまうのです。
今のところは噛み取ってしまう可能性のありそうなパーツのある服は着せないようにしているので大丈夫なのですが、ボタンや飾りのパーツなどがある服の場合、噛み切って飲み込んでしまう可能性があります。

誤飲してしまうと生死に関わる大問題になりますから、そのことも頭の片隅に置いて服を選んだ方が良いでしょう。

犬が嫌がったら無理に着せない

先ほどもお話しましたが、ワンコにとっては服を着ること自体がストレスになってしまう子もいます。
もしワンコが嫌がるようなら、無理に服を着せるのはなるべく控えるようにしましょう。

こんな犬用の服もある!

術後服

手術の後といえばエリザベスカラーが一般的でしたが、最近は獣医師から術後服をお勧めされることが多いようです。
ワンコが手術痕を舐めてしまわないように、全身を覆うタイプの服です。

服に慣れていない子にとっては多少ストレスがあるとは思いますが、エリザベスカラーに比べると格段にストレスは低いでしょう。

機能性素材の服

人の服も素材の機能性がどんどん向上していますが、ワンコの服だって負けていません。
「消臭・抗菌効果」「吸湿・発熱効果」「保温効果」などなど、レインコートだって「強力撥水効果」があります。

わんこ 喜ぶ

ワンちゃんのお洋服も、機能性を重視されているものがたくさんあるんだね!
デザインだけじゃなくて素材にも注目して選んであげよう☆

まとめ

「服を着せる派」「服を着せない派」それぞれに愛犬への思いがあるからこその考えだと思います。

ただ、服を着せることには、ファッション的な意味合いだけでなく、「メリット」と「デメリット」があるので、両方を検討した上でその子の体調に合わせて上手に服を使っていけるといいな、と思います。

でもまずは、ワンコにとっても飼い主にとってもストレスの少ないことが一番大事ですよね!

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。