犬 見上げる

仔犬でも成犬でも犬を家に迎えるとなると避けるわけにいかないのが「トイレに関するしつけ、トイレトレーニング」でしょう。
言葉の違う者同士でもいかに早く「我が家のトイレルール」を覚えてもらうか(覚えさせるか)がとてもとても大きな大変な問題です。

ワンコは怒ったって覚えません。
怒鳴ったって聞いていません。
面白おかしく言ったって通じません。
紙に書いて貼ったって覚えません。

ほとんどの方が悩んで苦労する事のひとつです。
だからこそ、少しでも気楽にワンコとの時間を楽しみながら「トイレ」の問題を解決できたらいいな‥と思っています。

今回は、犬のトイレトレーの選び方からトイレトレーニングのやり方まで詳しく紹介しますね。
参考にしていただけたらうれしいです。

わんこ ハテナ

ワンちゃんのトイレトレーニング‥上手くいくコツはないのかな?
ワンちゃんのトイレで悩んでいる人は必見!

トイレトレーニングに必要な物

ペットシート

犬 ペットシーツ

これは必ず必要になります。
人間用の紙おむつのように、水分をたくさん吸収してくれて便利な物です。
ずっと使う物ですし、多めに敷いたりもするので余分にあると安心です。

トイレトレー

犬 トイレトレー

トイレの場所が分かりやすくなるのである方が便利です。
下記でご紹介しますが、トレーにも色々な形の物があります。
中でもシートをかじったり、上で動き回ってずれてしまうことがあるのでシートの上にメッシュのカバーをのせるタイプのトレーが安心です。

トイレトレーの種類

  • トイレトレーの上にトイレシートをそのまま置くタイプ
  • トイレシートの周りだけ固定するタイプ
  • トイレシートの上にメッシュのカバーをのせるタイプ
  • 壁ありタイプ
  • 電信柱風のポール付きタイプ(主に男の子用)

トイレトレーの選び方

ワンコのサイズにもよりますが 失敗防止のためにも比較的大きめを選ぶといいと思います。
また、メッシュやカバーや留め具などは、取り外し出来るものの方が洗いやすく清潔に使う事が出来ます。

男の子用のトイレトレーは 色々な工夫がされています。
ワンコの性格にもよりますし、足を上げるか上げないか‥でも大きく変わってくるかと思います。
どんな風にオシッコをしているかをチェックして選んであげるのがいいですね。

サークル

犬 ケージ

お家の中で放し飼いにする予定でも、トイレを覚えるにはサークルを使って練習する方法をおすすめします。
サークルも色々な形がありますが、ワンコが過ごすスペースとトイレスペースが仕切られているようなサークルであれば、よりトレーニングしやすくなるでしょう。

トイレの設置場所

犬 トイレ

仔犬を迎えた場合は、トイレはサークル内に置いてトレーニングをした方が良いです。
サークル内でのトレーニングに成功してきたら、少しずつトイレを移動させてみましょう。
そこでも成功したら誉めてあげて、又移動させて、出来たら誉めて、移動・・・を繰り返して飼い主さんが置きたいトイレの場所まで行きます。

本来、犬にとって良いトイレの場所は「寝床から離れていて、人目に付かない落ち着いた場所」と言われています。

洗面所をトイレの場所にされているお家もありますが、普段ワンコが過ごす場所から遠いと、途中で排泄してしまったり、我慢をしてしまう可能性も出てきます。

できたら、普段生活する部屋の中でできる限り目立ちにくく、死角になるような部屋の隅の方が飼い主さんもシートの交換がこまめに出来るのでおすすめですよ。

わんこ ポイント

ワンちゃんがなかなかトイレを覚えてくれない時は、トイレの場所が原因かも!
設置場所をもう一度見直してみよう!

犬のトイレのしつけ(トレーニング)のやり方

犬 しつけ

失敗させずに、出来たら誉める!
失敗したときは叱らない!

‥がトイレトレーニングのコツなのですが、それがなかなか難しいです。

ワンコのトレーニングは、飼い主側のトレーニングでもあるかもしれません。

トイレトレーニングが上手くいく5つのポイント

1.排泄のタイミングを掴む

排泄のタイミングは「眠りから起きたとき」「食事の前後」「遊んではしゃいだ後」が多いかと思います。

排泄のタイミングが読めそうなら、サークル内のトイレにつれて行き、そこで出来る経験をさせてあげられると「トイレで排泄=誉めてもらえる」の癖がつくので覚えやすくなります。

2.柔らかい素材の物には要注意!

ワンコは 足場の柔らかいところで排泄したがる仔が多いようです。
絨毯や布団、カーペットやマット類、床に置いた洗濯物も危険です!

排泄のタイミングで そんな柔らかい場所に移動を始めたら「そろそろかな?」と察しがつきやすくなるのではないでしょうか。

3.コマンドを決めよう!

サークル内で排泄を促す際に「シーシー」「チッチ」などコマンドを決めてあげると、その後そのコマンドでトイレに行くようになります。

4.仔犬の場合は行動範囲にトイレシートを!

仔犬の内は「したい」と思ったらすぐ出してしまいます。
そのため、トイレだけじゃなく、行動範囲にはトイレシートがある環境にしたほうが良いかもしれません。

我が家でも、仔犬の内は部屋のアチコチにトイレシートを敷いていました。
それでも絨毯にされてしまったり、失敗も数々あります。
ワンコは柔らかい場所で排泄する‥とも書きましたが、我が家の仔はフローリングの場所を好んでしていた事もありました。
ワンコもそれぞれ好みがあるようです(笑)

5.失敗しても怒らないで!

こちらの避けてほしい場所で失敗の排泄する時もあるかと思います。
ムキィーって叱りたくなる時もあります。
でもどうか、そこをグッとこらえて黙って無表情で片付けてくださいね。

「そこの場所でしたから叱る」というこちらの思いも、ワンコ側には「オシッコ出したからしかられた」と思ってしまいます。

そうなると彼らはとことん我慢をします。
隠れて排泄することも、出した物を食べたりなめたりして必死で隠そうともします。
そうなると直すのに時間も掛かりますし、何より彼らに辛い想いをさせてしまいます。

わんこ がんばれ

失敗されても怒らずに優しく教えてあげよう!
あきらめずに根気強くかんばろうね☆

まとめ

ワンコのトイレトレーニングは飼い主さんが頭を抱えてしまうしつけの一つですね。
しかし、ワンコはとっても賢いので、正しい方法で教えてあげればきちんと覚えてくれるはずです。

最初は大変かもしれませんが、可愛いワンコのために愛情を持って教えてあげましょう。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。