犬 ごはん

私たちが何気なく食べている食品の中にも、犬が食べると命の危険がある食べ物もあることを知っていますか?

おねだりされて、つい愛犬に人間用に調理されたものをあげてしまう飼い主さんも多いと思いますが、愛犬の命を脅かす事態になりかねません‥。

飼い主さんは「犬に与えてはいけない食べ物」をしっかりと把握することが大切です。

今回は、犬が食べると危険なモノについて紹介したいと思います。

わんこ あわわ

人間にとっては身近な食べ物でも、ワンちゃんにとっては有毒になってしまう食べ物はいっぱいあるよ!

犬が食べたら危険なモノ

死亡の恐れがある食べ物

ネギ チョコ ガム

ネギ類(玉ネギ、長ネギ、小ネギ、生姜、ニンニク、ニラ等)

ネギ類に共通している成分の中に赤血球を破壊するものがあります。
ネギ類のエキスが出ているスープやカレー、ハンバーグ、肉じゃが等も絶対に食べさせては駄目です。

また、赤血球が破壊されることによって体中に酸素を運べなくなり、全身酸欠状態になります。
そのため溶血性貧血、ハインス小体性貧血などを引き起こし、食べた量などにもよりますが、最悪のときには死に至ります。

カカオ、チョコレート等

カカオには「テオブロミン」という成分あるのですが、犬にはこの成分を体内で分解することができないため「毒素」となってしまいます。
そのため急性心不全を起こして死亡することも、昏睡状態となってしまうこともあります。

バレンタインデーやクリスマス時期に、チョコレート中毒になって動物病院に駆け込む事が多くなるので十分注意をしましょう。

キシリトール

ガム1枚でもキシリトールを食べてしまうことでインスリンが多く分泌され、そのせいで低血糖となり意識の低下や痙攣の症状がでることがあります。
犬の歯磨きのときは、絶対にキシリトールが配合されていないものをお使いください。

世の中には、残念ですがガムを道端に吐き捨てる人がいます。
お散歩中にそんなガムを拾い食いしないように目を光らせることも大事になります。

わんこ 泣く

これらの食品は、ワンちゃんの命の危険があるモノだからおふざけでも絶対にあげちゃダメ!

死に至るまでは行かないが危険な食べ物

ハム ちくわ ケーキ クッキー ミルク

ハム、ソーセージ、ちくわ等の練り物

人間用のものは、犬にとって塩分が多すぎて腎臓や泌尿器系に負担がかかりトラブルの元になりまねません。

ケーキ、クッキー等

人間用は糖分や脂質が犬にとっては多すぎです。虫歯の原因にもなります。

牛乳

やはり人間用は犬にとって脂肪分が多いです。
また犬によっては牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解する酵素(ラクターゼ)を持っていない仔もいるため、与えるならば犬用ミルクが安心です。

刺激物

唐辛子、カレー粉、こしょう等の香辛料は、犬の内臓に悪い影響を与え下痢や消化不良を起こすことがあります。

わんこ メモ

ほとんどが人間用の食べ物だね!
ワンちゃんの健康のことを考えるなら、おねだりされたもあげないようにしよう!

与えすぎに注意が必要な食べ物

消化が悪いので食べさせない方が良いもの

タケノコ、しいたけ、エビ、カニ、イカ、タコ、貝類等

体力の衰え、カフェインが悪い影響を出す物

炭酸飲料、コーヒー、紅茶、お茶等

不飽和脂肪酸により犬の体内脂肪が酸化して黄色脂肪症の可能性があるもの

青魚(サバ、アジ、イワシ等)

結石の原因になる可能性があるもの

ほうれん草、ピーナッツ

わんこ ポイント

これらは少量なら問題はないとされている食べ物だけど、できるなら与えない方がいいかもしれないね!

食料品の管理を気をつけよう!

犬 おやつ

危険と言われている物を食べてしまった犬がいます。
ある犬は、何事もなくいつも通りでした。
ある犬は、嘔吐や下痢をしました。
ある犬は、酸欠だったり、痙攣だったり、心不全を起こしたりで死亡してしまった。

犬の大きさにも関係があるかもしれません。
犬種や体調で反応がかわるのかもしれません。

しかし、試してみるわけにはいかないのです!

世の中たくさんの食べ物があります。
いくら欲しがると言っても、その中であえて危険と言われる物を食べさせなくても良いはずです。

飼い主である私たちが、気を付ければ避けてあげられる危険です。
どうか、目の前の愛犬をもっともっと大切に思ってあげてください。
飼い主として家族として、いくらおねだりされたからと言っても、一生後悔することが起きないようにしないといけません。
今一度、ご自宅の食料品の保管場所の確認と保管方法をお確かめくださいね。

わんこ あわわ

お留守番中にワンちゃんがイタズラしてチョコとか食べちゃうかもしれないよ!
簡単に取り出せないような戸棚などにきちんとしまっておこう!

まとめ

一昔前の犬は、人間のご飯の残り物(冷やご飯にお味噌汁や魚の骨、かつお節等)を与えられている仔がたくさんいました。
当時は(今では危険とされている)塩分もネギもあまり気にしないで食べさせていたように思います。

今は「食べさせては危険なもの」と色々紹介されているので、目を光らせ食べる物に十分気を付けている飼い主さん、その逆でねだられるからと言って人間用の食べ物をよく考えずにあげてしまう飼い主さんもいます。

愛犬の健康のことを考えて、食生活を見直してみましょう。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。