柴犬

ライフスタイルの変化により、犬文化にも変化が訪れ、大型犬も含め屋内飼いが一般的になってきましたね。
ですが敷地がゆったりしている地方部では、今でも犬は外で番犬の役割を果たしていることも多いようです。
今回は、外飼いに向いている犬種・向いていない犬種犬の外飼いにおいての注意点について考えていきましょう。

わんこ ポイント

外で飼っているワンちゃんの健康や安全について正しい知識を身につけよう!

犬の外飼いはかわいそう?

犬 外飼い

最近は、ワンコの室内飼いも当たり前になってきましたね。
真冬の寒い時期に、外で飼われているワンコを見ると「こんなに寒いのになんだかかわいそうだな‥」と感じてしまいます。

しかし、ワンコをを外で飼うことはかわいそうなことなのでしょうか?

まず知っておいてほしいのは、外飼いに向いている犬種と向いていない犬種がいるということです。
ワンコも犬種によって寒さに強い・弱いがあります。
寒さに弱いとされている犬種にとっては、寒い冬に外で過ごすのは厳しいですよね。
逆に、日本の気候に適している犬種にとっては、外で飼われることは危険ではないと言えます。

そのため、ワンコを外で飼うことは必ずしもかわいそうなわけではないのです。

それを踏まえたうえで、外飼いに向いている犬種と外飼いに向いていない犬種を紹介したいと思います。

外飼いに向いてる犬種

外飼いに向いている犬種

何と言っても、日本の気候に合っているのは日本犬です。
特に天然記念物に指定されている6犬種、柴犬、秋田犬、紀州犬、四国犬、甲斐犬、北海道犬たちは日本の気候風土に対する耐性が強く、外飼いに適していると言われています。
主人に忠実で警戒心が強いことから番犬にも適しています。

また、シベリアンハスキーやサモエドなど寒い地方原産のワンコたちは、冬の寒さには強いので外飼いできますが、高温多湿の日本の夏を外で過ごすのは相当厳しいと思います。

外飼いに向いてない犬種

外飼いに向いていない犬種

プードル、マルチーズ、ヨークシャテリア、シーズーなどのシングルコート(※1)の犬は一般的に寒さに弱いので外飼いに向きません。
同様に、イタリアングレイハウンドや、スムースコート(※2)のチワワやダックス、などの毛の短い犬も寒さに弱いため外飼いは難しいでしょう。
また、体温調整機能の未熟な仔犬や、機能が衰えてきた老犬も外飼いは避けましょう。

※1 シングルコート:「ダブルコート」と呼ばれる被毛が二重構造になっている犬種と異なり、被毛が1層の犬種

※2 スムースコート:極短毛の犬種

わんこ がんばれ

犬を外で飼う時は、外飼いに向いている犬種かをまずは確認しておこう!

犬を外飼いするときはこんなことに注意しよう!

寒さ対策/暑さ対策

犬 夏バテ

雨風を避けられるスペース作りはもちろんの事、夏は直射日光の当たらない風通しの良い場所、冬には北風の通らない日が当たる場所、と季節ごとに快適に過ごせる配置を考えてあげましょう。
また、夏場は犬小屋を高床式にしてあげると、地面からの熱の影響を受けづらくなりますから、涼しくなると思いますよ。

居場所の位置

犬小屋

通行人が手を出せば触れるような、敷地ギリギリのところに居場所を設けると、通行人とワンコの間にトラブル(噛んでしまう、いたずらをされる、など)が起きる可能性がありますし、ワンコ自身落ち着かないでしょうから、できるだけ敷地境界から離れた位置に居場所を作ってあげましょう。
悲しいことですが、悪意を持ったいたずらで命を落とすこともありえますから、安全な居場所はとても大事なことですよね。

新鮮な水を切らさない

犬 水を飲む

屋内で飼っていると、水入れが視界に入りますから常に新鮮な水を入れやすいですが、外飼いだとついつい忘れがちです。
新鮮な水はワンコにとってとても大事なものですから、気にする習慣をつけましょう。
水入れを放ったらかしにしていると、冬は凍ってしまうかもしれませんし、夏場は虫が寄ってきてしまいます。
こまめな確認を忘れずに!

蚊の対策

犬 虫よけ

ボウフラの発生を防ぐことが一番の対策ですから、庭全体を見回して水が溜まっているところがないか、確認してください。
ほんの少しの水たまりでもボウフラは発生します。
見逃さないでくださいね。

脱走防止

犬 走る

最近、逃げだした大型犬が人を傷つけてしまう事件が報道されていましたよね。
そんな悲しいことが起こらないよう、外飼いのワンコが脱走しないよう十分に対策を行いましょう。

首輪はゆるくなっていませんか?
繋いでいる紐はほつれたりしていませんか?
塀の高さは飛び越えられないよう十分な高さがありますか?
フェンスに穴があいたりしていませんか?

ぜひ、普段とは違った目線で庭を見回してみて下さい。

わんこ ハウス

ワンちゃんの安全のために、飼育環境をしっかり見直しておくことが大切だよ☆

まとめ

外飼いの犬は屋内飼いのワンコと違って、たくさんの刺激を受けることができるので、退屈することは少ないかもしれません。
ですが近年の夏の猛暑はワンコには大きな負担になっているかもしれないと思います。
過酷な環境をできるだけ緩和してあげるよう気にかけてください。

そして、どうしようもなく暑い日、寒い日はどうか玄関の中で過ごさせてあげてください。

人もワンコもハッピーでいられる環境づくり、考えてみませんか?

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。