犬 視界 どんな

犬とはいつも一緒!
山へ紅葉を見に行ったり、海を見に行ったり、季節の花を見に行ったり、犬と一緒ならどこに行っても楽しい思い出ですよね。

犬も大自然の中を満喫して楽しそうにしていますが
「このきれいな景色が犬の目にはどんなふうに映っているのだろう?」
と素朴な疑問を抱かれたことはありませんか?

今回は意外と知られていない犬の目についてのあらゆるヒミツをご紹介していきます。
さっそく、犬にはどんなふうに見えているのか犬の視界をひも解いていきましょう。

わんこ ハテナ

ワンちゃんの目には、世界はどんなふうに見えているのかな?

犬の目はどんなふうに見えるの?視力や視界は?

犬 視界

犬の視力は人間より悪い

犬の視力は0.3未満で、距離でいえば2~3メートル以内の物しかハッキリと見ることができません。

私たち人間の目は正面を向いていますが、犬の目はやや外側を向いているため焦点が合わせにくく視界はぼやけてしまい、対象を立体的に認識できるには80度ほどしかありません。

離れた場所にいる飼い主の顔を、犬ははっきりと認識できていないのです。

優れた動体視力と視野

人間より視力は劣る犬ですが、散歩中に遠くを走る猫を見つけて追いかけようとしたりするところを見ると、決して視力が悪いとは思えないですよね。

犬は狩りをする本能があり、それを支えているのは優れた動体視力と広い視野です。
遠方にある静止しているものは見えなくても、動いているものであれば1500メートル離れていても認識できる犬種もいる程です。

視野は人間が180度で真横にあるものや斜め後ろにあるものに関しては首を動かせないと見えないのに対し、犬は250度以上の広範囲を見渡せているのです。

このことから視力自体が優れていなくても、機敏に獲物を捕まえる狩りができていたのでしょう。

わんこ メモ

ワンちゃんは視力があんまり良くないんだね!
狩りに必要な能力だけを進化させていった結果なのかもしれないね☆

犬が認識できる色は?

犬 認識 色

私たちの世界は様々な色にあふれていますが、犬が識別できる色は青・紫・黄色のみで、赤に至っては識別することができないことが近年分かってきました。

想像してみると、犬は私たち人間が見ている景色とは全く別の景色を見ているということが分かります。

そもそも犬の目の大事な役割は、どんな小さなものでも敏感にキャッチするということなので、色を識別するということはそこまで重要視されなかったのでしょう。

犬の目は色彩を感知する錐体という細胞の数が人間より少なく、人間の10%程しかないため識別できる色も極めて少なく限られているのです。

実際に犬になってみないと分からないことですが、私たち人間にとって赤いボールは目立つ色だからと購入を決めたりしますが、そういったことは犬にとってあまり関係なく、反対に見つけにくく反応しにくいものになっていたかもしれないと思うと少し不思議な心境になります。

わんこ ものさし2

赤が認識できないということは、ワンちゃんが見ている世界はちょっと寒々しい色合いなのかも‥?

暗いところでもちゃんと見えているの?

犬 暗闇 見える

犬は暗い夜道でも昼間と同じ様に意気揚々と散歩をしていて、暗くて困った様子は見たことはないですよね。
それは暗がりでも犬の目はよく見えているからなんです。

犬はかんたいという光を感知する目の細胞が人の7~8倍とあり、暗いところでも瞳孔を大きく広げて多くの光を取り込もうとします。

そして、犬はわずかな弱い光でも2倍にして反射するタぺタムという反射板が眼底にあることで、効率よく視神経を興奮させ暗い中でも目が見えやくなっています。

暗い中で犬の写真を撮ると目がキラリと光ってしまうのはこのことが原因なのです。

まとめ

愛犬についてなら何でも知っているつもりでも、体の細胞レベルの話になると案外知らないことも多くあるものですね。
犬の視力は私たち人間より劣っているかもしれませんが、優れた嗅覚や聴覚があるので、あなたが連れていってくれる外の景色を満喫してくれていること間違いなしです!
家族の一員である犬について、これからもあらゆる知識を深めていきたいですね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。