犬 寝る

犬にも生理があるのをご存じでしょうか?
いつも一緒に過ごしている犬だから、体調の変化は敏感に察知できるように、皆さん気をつけていますよね。

犬がある日出血していたら、きっと誰もが心配して混乱するのではないでしょうか。
でもそれがメス犬の場合、生理がはじまった出血かもしれません。
犬の初めての生理に慌てず対応できる様に、その対応方法と注意点をまとめましたので参考にしてみて下さい。

わんこ ポイント

ワンちゃんがケガもしていないのに出血していたら、生理が始まったのかもしれないよ!
どんなふうに対応したらいいのかを予め知っておこう!

犬の生理は生後何ヶ月くらいから始まるの?

犬 カップル

犬の生理は発情期の事でヒートとも呼ばれます。
初めての生理は、小型犬では生後6カ月頃から、大型犬では遅くても生後1年半までにはじまるように、一般的には体格差で時期が異なります。

犬の生理の症状は?

犬の生理は人間と同様に出血があります。
人間の様な出血時に起こる生理痛というものはありませんが、生理によっていつもと違う様子がみられる事があります。

身体的には、外陰部やおっぱいの腫れが起こります。
子宮に血液が集まっている事から貧血気味になり、元気がなくなり散歩を嫌がってしまう事もあります。
また、頻尿になる事もあります。

精神的にはいつもと違う状態を感じストレスが溜まり、イライラして興奮しやすくなる事があります。
いずれの症状も発情期が終わる事で治まっていきます。

わんこ メモ

体調だけじゃなく、精神面のケアもしてあげるようにしよう!

出血時の対応の仕方

犬 なでなで

犬は自分の出血を舐めて処理しようとします。

「血を舐めて大丈夫かな?」と心配になりますが、犬にとって自然な行為ですので心配いりません。
出血量が少なく犬がきれいに舐めてしまう場合もあり、その場合は特別な事をしなくても大丈夫です。

出血の量が多かったり、歩きながらポタポタと血がたれてしまう場合は、部屋の中が汚れてしまい掃除もきりがないので、生理用のパンツを着用する事で解決されます。
しかし、パンツの着用でむれてかぶれやすくなってしまい皮膚トラブルになる事がありますので長時間の使用は避けて下さい。

随時拭き取ってあげたり、ベッドなどの犬が過ごす環境を清潔に保つ事が大事です。

わんこ がんばれ

汚れが心配な時は、汚れてもいいタオルなどをワンちゃんのベットや活動スペースに敷いてあげるのもおすすめだよ!

生理中の注意点

散歩や外出時のマナー

犬 散歩

メス犬が生理になると、その臭い・フェロモンにオス犬が反応し寄ってきます。
生理期間中のメス犬とオス犬は、望まぬ妊娠や喧嘩になどで怪我をしてしまう恐れがありますので、オス犬には遭遇しない様にする必要があります。

危険だからと散歩をしない事にしてしまえば安全かもしれませんが、犬の散歩が多くなる時間は避けたり犬連れが多く集まる公園などに行くのはやめたりする工夫をする事で散歩は可能です。
犬も身体的な変化でストレスがたまっていますので、発散できる様に運動をさせてあげる事は大事です。

外出については、外出先のマナーを守る事が必要です。
ドッグランでは生理中の犬はトラブルになる為、使用禁止としている事が多く、ペット宿泊可の施設でも生理中の犬はご遠慮くださいとしている場合があります。
犬と外出をする際は事前に調べておく必要がありますが、遠出などに関しては犬の体調にも配慮してあげましょう。

多頭飼いの場合

犬 カップル

異性で多頭飼いをする場合、繁殖を目的としないならば初めての生理の前に避妊手術について考える必要があります。
オス犬にとって発情期を迎えたメス犬と一緒に過ごす事は、大きなストレスとなります。

避妊手術を行っていない場合は、オス犬を興奮させない様に生理中はメス犬を別の部屋に移して生活させて下さい。

屋外飼いの場合

犬小屋

人間には分からない犬の生理中の臭いを、オス犬は感じて庭の中に侵入してきてしまうかもしれません。
喧嘩をしてしまったり、望まない妊娠をする事を防ぐために生理期間中は玄関の中などに入れて飼う様にしましょう。

まとめ

メス犬を飼い、避妊手術をしていなければ犬の生理は必ず向き合う事になります。
男性は生理の経験がない事から余計に不安に思うかもしれませんが、生理の経験がある女性でも犬の生理に初めて直面すれば不安に思う事でしょう。
犬の生理は出血だけでなく腫れがみられたりもするので尚更心配になりがちですが、病気ではないので安心して犬に向き合っていって下さいね。
これからも愛犬の成長をすぐ側で見守っていきましょう!

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。