犬 リラックス 

犬と暮らしていると、愛犬の仕草や表情で色々な気持ちを感じ取ることがあると思います。
今回はその中で、犬がリラックスしているときの仕草をご紹介させてください。

わんこ 喜ぶ

ワンちゃんがリラックスしている時はどんな仕草を見せてくれるのかな?
さっそくワンちゃんのキモチを探ってみよう♪

犬がリラックスしている時にみせる仕草4選

人間がリラックスしているときと、犬がリラックスしているときの仕草は、違うものもありますが、とても似ているものもあります。
愛犬からの「リラックスサイン」を知り、毎日安心して暮らせるような環境を作ってあげたいですね。

1.口を開ける

犬 笑う

優しい目をして口角を上げ、口を開けて笑顔を見せてくれるのはリラックスしているサインです。
飼い主さんと一緒にいるときやお気に入りの場所でのんびりしているときにも、こんな表情を見せてくれるのではないでしょうか。

逆に、暑いときや苦しいときにも口角を上げて口を開けますが、この場合、ハァハァと呼吸が荒くなっているのでリラックスサインと間違えない注意が必要になります。

2.笑顔で耳を伏せる

犬 伏せ

「うれみみ」という呼び方もしますが、嬉しいときや幸せなとき、リラックスしているときに見せる仕草です。
しかし、警戒や恐怖のときにも耳を伏せることがあるので、犬の表情や周りの状況などを注意してみてあげましょう。

3.お腹を見せてゴロゴロ

犬 ヘソ天

「へそ天」ともいうスタイル。
犬にとってお腹は急所となる部分なので信頼している人や心が通い合っている人にしかお腹を見せるという形にはならないといわれます。
犬は人の感情を感じ取ることができる生き物といわれていて、相手の人間に対して恐怖や不信・不安を感じ取ったら、お腹を見せることはないでしょう。

一度、犬の信頼を得てお腹を見せてくれる仲になると、何度もお腹を見せゴロゴロと寄ってきます。
その信頼は、多少叱ったくらいでは崩れることのない信頼関係が出来たのだということです。

犬は、家族の中でもお腹を見せても良い人と、見せない人を区別します。
家族として信頼を持つわけではないのです。
犬なりに人に対して違いを表しているのです。

4.お尻や背中をくっつけて座ったり伏せたり寝たり

犬 お座り

犬は、お腹の他にお尻と後ろ足が急所だといわれています。
敵から逃げなくてはならない場合、後ろ足を攻撃されてしまうと逃げられず命に関わる事態になるからのようです。

そんな犬が、せっかくこちらに寄ってきたのにお尻をくっつけ背を向けた状態でお座りをしていることがあります。
せっかく寄ってきたのにどうしてこちらではなく、反対側を向いているのだろうと思ってしまいますが、その仕草がリラックスできる相手に取るものです。
命に関わることもあるお尻を向けるということは、この人に背後を取られても攻撃される心配が無いと安心しているからこその仕草なんですよ。

せっかく信頼されている体勢になっても、そこで無理に体勢を変えてしまったり、手を出してしまわないようにしましょう。

わんこ ポイント

表情や状況も見てあげるのがポイントだね!
信頼関係ができているからこそ見せてくれるリラックスと言えるね♡

犬をリラックスさせる音楽があるって知ってた?

犬 リラックス 音楽

「夏の花火の音が嫌いな犬」「雷が鳴ると怯えてしまう犬」など、恐怖を感じる音があるように、逆に犬にも耳に心地よい音楽があり、実際犬たちはそれを聞き分けています。
犬が好きな音であれば、リラックスもできストレスを解消してくれるものとなり得ます。

アメリカのドッグトレーナー、シザーミランという方が勧めていた音楽は、ポミ・ラミレスというスペインのミュージシャンの曲だそうです。
ポミ・ラミレスは犬がリラックス状態になるためのミュージックプログラムを作成しました。
その内容は「風の音、水の音、鳥の鳴き声、動物の声や足音」など日常にある音を軸に、朝から夕方日か沈むまでの1日をストーリー仕立てにして作られているそうです。

私たち人間を含めて自然と動物が、目に見えないものでつながっていて、自然ではない世界の中で長く暮らしていると、体や心が自然に惹かれてしまうので、自然の音を聞きリラックスするのは犬も人間も同じなのかもしれません。

My Dog Musicの動画

わんこ がんばれ

ワンちゃんがリラックスできる音楽の動画だよ☆
さっそくワンちゃんと一緒に聞いてみよう♪

我が家のワンコたち

我が家には、現在3頭の愛犬がいます。
3頭とも個性が強く、リラックスサインはそれぞれ違う表現方法です。

オスの仔は、私がリビングで床に座っていると向こう側を向いて足の上に乗り、お尻が私にくっつくまでバックしてきます。
メスの仔(お姉ちゃんの方)は、私の側で丸くなって寝ていたはずなのに、気が付いたら仰向け(へそ天)で寝ています。
メスの仔(妹の方)は、希なタイプなのでしょうか‥誰とくっつかなくても、ソファーの上でへそ天して、勝手にひとりで寝ています(笑)

我が家のコたちは、夏にへそ天率が高くなっています。
きっと暑い中で体温を下げるためにしているのかもしれません。
でも、自宅以外では、あまりへそ天にならないので、リラックスできる自宅と自宅以外の場所がきちんと区別ができているのだろうなぁ‥と思って見ています。

まとめ

愛犬にとって、飼い主がいるから安心出来る、リラックスできる‥そう思ってもらえたら幸せなことですね。
甘やかすのではなくお互いにリラックスして幸せにくらしていけたら飼い主冥利に尽きるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。