犬 レインコート

梅雨、台風、夕立、秋雨‥日本は四季を通じて意外と雨が多い国ですよね。

でも、ワンコのお散歩欲求は天気に関係ありません。

だって、ワンコにとっては毎日楽しみにしているストレス解消のための大きなイベントなのですから。

そんな雨の日のお散歩に役立つのが犬用のレインコートです。

一昔前には「犬にレインコート?」と思われていましたが、今ではかなり一般的になり、ご近所でもよく見かけますよね。

今回はそんな犬用レインコートの選び方や便利な活用術についてお伝えしますね。

雨の日のお散歩‥レインコートが必要な理由とは?

犬 雨の日の散歩 必要?

ワンコにレインコートを着せるのには幾つかの理由があります。

まず雨の日にレンコートを着せずに散歩すると、雨でワンコのカラダが冷えてしまいますから、これを防ぐ役割があります。

そして何も着ずに雨の中を歩くと、跳ねた泥水でカラダが汚れます。

これをそのまま放置すると皮膚疾患になってしまう可能性があります。

それを防ぐにはシャンプーをするしかありませんね。

でも雨の日ごとにシャンプーをするのは、飼い主にとって正直負担ですよね。

それを防ぐためにも、レインコートが活躍するのです。

失敗しない!レインコートの選び方

今や犬用のレインコートと言っても機能性もファッション性も高く、種類も豊富にあります。

その中でレインコートの代表的なデザインといえば、手足を通して着せて体全体を覆う「オーバーオールタイプ」か、おなか側か背中側でマジックテープで固定する簡易な覆い方の「ポンチョタイプ」でしょう。

オーバーオールタイプ

このタイプは、体全体を覆うのでガード力が高いのが魅力です。

ただ、手足を通して着るデザインなので、洋服を着ることが得意でないワンコにとってはストレスになってしまいますので、このタイプは避けましょう。

ポンチョタイプ

このタイプの魅力は何より脱着するときのストレスが低いということです。

また、携帯性に優れているので折りたたんでお散歩バッグに入れていつも持ち歩くことができます。

急な夕立などに役立ちますよね。

ただ、オーバーオールタイプに比べると雨をガードする力は弱くなります。

選ぶ時の注意点

レインコートはワンコの体型に合っていないと、雨水を防ぐという本来の役割を果たさない可能性があります。

犬種毎に更にワンコ毎に体型が異なりますから、胴の長さで選んだら丈が短かったり、脚の長さで選んだら胴が窮屈だったり、となることがあります。

できれば、その場で試着が出来るショップへワンコを連れて行って、ぴったりサイズのレインコートを探してあげましょう。

こちらの記事ではおすすめのレインコートを紹介しています!

雨の日以外でも使える!レインコートの活用術

犬が蚊に刺されたら危険!

何もレインコートは雨の日だけに使うものではありません。

寒い時期のお散歩時の防寒着として使うこともできます。

ポンチョタイプは携帯性が高いですから、外出時に急に寒くなった時の重ね着用に使うこともできますよね。

また、夏場は虫さされ対策としても活用できます。

蚊や蜂などに刺されてしまうと、ワンコの命の危険にかかわる重篤な症状に陥ってしまうこともあります。

虫が多い草むらなどでのお散歩時にレインコートを着用するのも良いと思いますよ。

どうしても雨の日にお散歩しなきゃダメ?

犬 雨の日の散歩

元気いっぱいの仔犬や、多くの運動量が必要な大型犬など、できるだけ外に出してあげたいワンコはいますが、外でないと排泄ができないからどうしても雨の日でも外に出さないといけない‥というケースも多いようです。

ですが、飼い主が体調が悪いことだってありますし、災害にあって避難することだって考えられます。

もしも、愛犬が排泄の目的だけに雨の日に散歩に行っているのなら、すぐに身につけ直させるのは大変ですが、諦めずに、もう1度トイレトレーニングをやり直すことをオススメしたいと思います。

雨の日のお散歩についてはこちらの記事で詳しく紹介しています!

まとめ

雨の日のお散歩って、飼い主にとっては正直言って面倒ですよね。

でも、レインコートを着せて出かけることでいつもと違った楽しみが味わえるかもしれません。

カラフルだったり、かわいいイラストが入っていたり、お洒落だったり、気分の上がるデザインのレインコートを着てるワンコとお散歩に出れば、雨の日だって楽しい散歩になるかもしれませんよ。

ワンコと一緒に、そんな楽しい時間を過ごしてみませんか?

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
nico

nico

【飼っているペット:犬 フォーン&ホワイトのチワワの男の子】 ペットの飼育歴はダックス、チワワ、チワワで通算20年ほどです。ダックスが18.5歳と長命だったので介護歴もあります。主に犬についての情報を執筆しています。