犬 パジャマ 必要

犬の洋服ってどれも可愛くて、服を着せるのを楽しまれている飼い主さんはいらっしゃいますよね。

犬が洋服を着ることがあるのを知っていても、パジャマを着ている犬もいるのはあまり知られていないと思います。

実は、犬にパジャマが必要な理由がきちんとあるのです!

今回は犬のパジャマの必要性パジャマの選び方などについてご紹介させて下さいね。

わんこ ハテナ

ワンちゃんにパジャマを着せるのはどんなメリットがあるのかな?

犬にパジャマを着せる必要性は?

犬 パジャマ 必要

1.寒さを和らげる

近年では室内で犬を飼うことが増え、犬は室内の暖かい環境に慣れてしまい寒さに弱くなっています。

室内に暖房器具などがあっても犬が生活をする足元の方は冷たい空気がたまりやすく、寒さを感じやすい環境といえます。

特に朝晩はどの時期でも冷えることが多く、そんな寒さを少しでも和らげる為にパジャマが必要になることがあります。

2.抜け毛対策

犬を飼って驚くのは、抜け毛の多さとその抜け毛の掃除の大変さではないでしょうか。

毎日ブラッシングし、こまめに掃除をしていても知らぬ間にまた抜け毛が落ちていたりしてお部屋をきれいに保つことが難しいです。

パジャマを着ることで部屋や犬のベッドなどへ抜け毛が落ちることが少なくなります。

犬が過ごす部屋やベッドがきれいに保てていると、アレルギーの発症リスクを軽減してあげることもできます。

3.虫よけ効果

夏前から秋口まで困るのが虫さされです。

犬にとって特に心配なのは、フィラリアを持つ蚊です。

そんな虫刺されを予防する意味でパジャマの着用は効果が期待できます。

4.痒み対策

犬がアレルギーでお困りの方は少なくないでしょう。

アレルギーは強い痒みを伴い、多くの場合はを激しく掻いてしまい皮膚が脱毛してしまったり炎症を起こしてしまいます。

痒みが起こりやすいのは体温が上がる寝始めに多いので、掻いても皮膚を保護できるようなパジャマの着用はおすすめです。

わんこ がんばれ

寒さや抜け毛対策にもなるし、蚊などの危険からも守ってくれるよ!

犬のパジャマ選びの3つのポイント

犬 パジャマ 選び方

サイズ選びは事前の採寸から

パジャマ選びで一番重要なのがサイズです。

パジャマがきついと窮屈になり犬のストレスとなってしまい、大きすぎても裾を踏んで転倒してしまう危険が考えられます。

愛犬にとってぴったりのものを選べるように事前に採寸するようにしましょう。

特に首周り、胴周りのサイズが重要となります。

首周りについては使っている首輪を持っていけば比較できるので分かりやすいですよ。

「いつもこのサイズだから大丈夫!」と思ってもお店やデザインでもサイズは微妙に違ってきてしまうので必ず確認するようにしましょう。

生地選びは動きやすいものを

ペット用品は多種多様です。

洋服、パジャマなどはどれも可愛くてデザインで選んでしまいがちですが、素材についても必ず確認してほしいポイントです。

化学繊維のものは静電気が起こりやすいので、なるべく天然素材のものがおすすめです。

犬も寝ている時は人間と同じで寝がえりをうったり、水を飲みに動いたりとします。

動きやすくゆっくりと休める様に伸縮する素材を選んであげましょう。

装飾品は誤飲の危険性が!

パジャマにリボンやキラキラしたチャームがついているととっても可愛いですが、もしかしたら犬は口に入れて飲み込んでしまうかもしれません。

夜に着るパジャマは飼い主がずっと見ていることは難しいので、装飾品はないものを選ぶのがベストです。

わんこ 寝る

ワンちゃんがぐっすり眠れるように、着心地のいいパジャマを選んであげてね!

犬にパジャマを着せる時に注意したいこと

犬 パジャマ 注意

無理やりは禁物

犬にとってはそもそも衣類を着るという習慣はありません。

犬がパジャマを着ることに慣れていない場合は、無理をさせるとストレスになってしまいますので徐々に慣らしていくことが大切です。

まずは袖のない着させやすい服や、布の面積が狭い服からトライしていきましょう。

服を着ることができたらおやつなどのでご褒美を与えることで犬が学習し、服を着ることに抵抗がなくなっていきますが、中にはどうやっても慣れずに服を着たら固まって動かなくなってしまうような犬もいます。

無理をさせないことが大事です。

毛玉に注意

犬に服を着せることで被毛と生地が擦れて毛玉ができやすくなってしまいます。

特に長毛種は毛玉ができやすいので、パジャマを脱いだ後は必ずブラッシングをするようにしましょう。

毛玉を放っておくと、どんどん増えてしまうので要注意です。

まとめ

まだまだ「犬に洋服なんて!」と言う意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、犬のパジャマだけでもメリットとなることがいくつもあるのには驚きますよね!

大事なのは洋服もパジャマも飼い主の趣向ではなく、その犬の性質や性格などに合わせていくことです。

寒がりな犬や、抜け毛にお困りな方は、お互いに快適な環境になるといえるパジャマを一度試してみて下さい。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
えみ

えみ

【飼っているペット:豆柴】 小さい時から猫やハムスター、犬などいつも家には動物がいました。大人になってから自分で犬を飼うのは、現在の豆柴ちゃんがはじめてです。