犬 おもちゃ

ワンコとおもちゃで遊ぶ時間は本当に楽しいですよね。
でも、おもちゃ選びにも色々と考えたほうが良い要素があるって考えたことありますか?
今回は、犬のおもちゃの選び方やおもちゃを与える時に注意したいことについて紹介します。

ぜひ、ワンコのおもちゃ選びの参考にして下さいね。

わんこ ハテナ

意外と難しいのが、ワンちゃんのおもちゃ選びだよね‥。
どんなふうに選んだらいいのかな?

犬がおもちゃで遊ぶメリット

犬 おもちゃ

おもちゃは、飼い主とワンコが一緒に遊んでコミュニケーションを深めたり、トレーニングのご褒美にするなど、愛犬の心と体の発達に欠かせないものです。

おもちゃを何も与えられず過ごしているワンコは受ける刺激が少なく、若いうちから反応の薄い子に育ってしまうかもしれません。

わんこ メモ

嬉しい・喜ぶなどの感情を豊かにするためにもぜひたくさんおもちゃであそんであげてね☆

おもちゃの種類と与え方

犬 おもちゃ

犬のおもちゃの種類は、大きく2つに分かれます。

  • 「自由に遊ばせられるおもちゃ」
    ラテックス製のもの、ロープ、など誤飲の心配が無いもの。
  • 「見守って遊ばせるおもちゃ」
    ぬいぐるみ(壊してしまう可能性があるので)、引っ張りあって飼い主と遊ぶ用のおもちゃ、知育おもちゃ(おやつの補充が必要)、など。

ワンコの好み、飼育環境などに合わせておもちゃを選んであげるといいですね。

犬におもちゃを与える時に注意したいこと

誤飲は最悪の場合、死に至る事故になります。
おもちゃには、はずれてしまうパーツや、ぬいぐるみのボタンや綿など誤飲しやすいものが沢山使われています。
(特に事故が起きやすいのがおもちゃに夢中になってしまう2歳程度までの幼い犬です。)

誤飲をして病院に駆け込んできたワンコを何回も目にしました。
悲しい事故を起こさないよう、お留守番中は「自由に遊ばせられるおもちゃ」を与るようにして、一緒に居られる時は「見守って遊ばせるおもちゃ」を与え気にかけて過ごすようにしてください。

常におもちゃを出しっ放しにするのではなく、見ていられる時間帯だけおもちゃを出してあげる、という方法もあります。
避けられる事故は避けるよう飼い主が努力をしましょう。

わんこ ポイント

誤飲を防ぐためにも、取れやすいパーツがないか・壊れている部分はないかを確認はこまめにチェックしよう!

犬種や性格、年齢に合わせたおもちゃの選び方

犬 おもちゃ

おもちゃ選びの基本は、その子の性格・好きなこと・口の大きさ・力の強さ、噛む力の強さ、などを観察することから始まります。

まずは、薄手のタオルの中に少しのおやつを仕込んでくるくると巻き、おやつが結び目の中になるようにひと結びした簡単に作れるおもちゃを使ってワンコの反応や遊び方を観察します。
これを使って引っ張り合いしたり、投げて取って来いなどをしてみると、その子の遊びの特性が分かります。これはとてもおもちゃ選びの参考になります。

大型犬のレトリバーだから噛むことが好きとは限りませんし、超小型犬のチワワだけど噛むことが大好きなことだってあるのです。
ワンコの好みを観察してからおもちゃを探しに行くといいと思いますよ。

そして、年齢が上がってくると、おもちゃにほとんど反応を示さなくなります。
遊びに対する意欲が薄れているのか、おもちゃ全般への愛着も薄れる傾向があります。
そんな時は遊んだことの無いタイプの知育おもちゃをお勧めします。

知育おもちゃとは?

犬を飼ったことがない方には馴染みのないおもちゃだと思いますが、今はいろんなタイプの知育おもちゃが売られています。
知育おもちゃとは、中に仕込まれたおやつを取り出すために、様々な仕掛けをクリアしないといけないようになってるおもちゃのことです。
様々な難易度のものがあります。

頭を使うことはワンコにとって、お散歩をすることに匹敵するくらいエネルギーを使うと言われています。
長時間のお留守番が続いている、天気が悪くてお散歩できない、そんな時にピッタリですね。
高齢犬の痴呆予防にも効果が期待されていますよ。

わんこ 喜ぶ

美味しいおやつのためなら頑張っちゃう♪
あんまりおもちゃに興味を示さないワンちゃんでもきっと遊んでくれるはずだよ!

まとめ

20年犬を飼っていますが、正直なところ、ワンコのおもちゃを選ぶことほど難しいことはありません。
この間このタイプを喜んだから同じものを、と買って帰ってもほとんど遊んでくれません。
でも、ふとしたきっかけで夢中で遊び始める‥謎です、一生解けません(笑)

でも、ワンコのことを考えながらおもちゃを選んでいる時間はとても幸せな時間です。
そしてそのおもちゃで一緒に遊んでいる時間は宝物です。老犬になると、遊ぶこともなくなり、おもちゃにも興味をなくします。
若いうちにたくさんたくさん遊んであげてくださいね。
きっと幸せな記憶が人にもワンコにも残ると想いますよ。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。