犬 夏服 おすすめ

ワンコは全身を毛で覆われており、人間よりも寒さに強い反面、暑い環境がとても苦手です。

ワンコ達のこうした特性を理解せず、飼い主の体感温度をワンコの体感温度と勘違いしていると、熱中症などの思わぬ病気につながってしまいます。

そんな事態を避けるために、機能性の高いワンコ用の夏服が開発されるようになってきたことをご存知ですか?

今回は、夏におすすめのワンコ服と夏に洋服を着せる時に注意したいことについてお伝えしますね。

わんこ がんばれ

暑いのが苦手なワンちゃんが夏を乗り切れるように、快適なお洋服を着せてあげよう♪

夏でも犬に服を着せる必要はある?暑くない?

犬 暑い 体温調節

暑いとき、人は全身に汗をかくことによって体温調節をします。

けれども、ワンコは肉球(足の裏と指の間)にしか汗腺がなく、発汗による体温調節ができないので暑さが苦手です。

ワンコは汗をかく代わりに、だらりと舌を出して「ハアハア」と激しく呼吸すること「パンティング」で、唾液を蒸発させて熱を体の外に放出します。

でも、暑い時期「パンティング」では十分な体温調整はできません。

ですから、暑い時期の日中は外出を避けたほうが良いのですが、

  • 動物病院やトリミングに行かねければいけない
  • お散歩の時間が日中しか取れない

など、どうしても暑い時間帯に外出しなければいけない時ってありますよね。

そんな時に、あえて着せたほうが良い機能性の高い夏服があるのです。

わんこ ポイント

お洋服は寒さ対策だけじゃなく、夏を涼しく過ごせる素材のものもたくさんあるよ!

夏におすすめのワンコ服

ひんやり素材

犬 ひんやり服

吸水早乾の機能がある素材を使っている服に水を含ませて着せると、水が蒸発するときの気化熱でひんやり効果があります。

さらに肌側に水分を吸収しない素材を使っているものは、気持ち良い着心地をキープできます。

UVカット素材

酸化チタンなどの紫外線をカットする素材を使ったウエアは、特に皮膚の弱いワンコにとっては真夏だけでなく紫外線の強くなる春から使いたいウエアですね。

遮熱効果

犬 遮熱服

遮熱効果の高い素材を使ったウエアは太陽光だけでなく、路面からの照り返しの熱もカットして衣服内の温度の上昇を抑えます。

特にミニチュアダックスやコーギーなどお腹が路面に近いワンコにとっては、とても役にたつウエアですね。

クールポケット

首元に保冷剤を入れるポケットを備えたウエア。

首元は血管が集まっているので、効率的に体を冷やすことができる場所です。

虫除け加工

犬 防虫加工 服

ノミ、ダニ、蚊などが止まらない(止まっても逃げていく)という防虫効果のある服があります。

殺虫剤などは使用していないので安心ですね。

夏に服を着せる時に注意したいこと

犬 夏 洋服 注意

1.ストレス

普段、服を着ていなかったワンコによっては、着慣れない服を着ることをストレスに感じてしまうことがあるかもしれません。

「服を着る→おやつ」「服を着る→お散歩」など、服を着ると楽しいことがあるということを、普段から鳴らしておくといいでしょう。

無理強いは厳禁です。

2.熱中症

通気性の悪い素材のウエアの場合、熱中症対策のために着せているのに、服と被毛の間に熱が溜まってしまい、逆効果になってしまいます。

通気性の良いウエアを着せてあげてください。

3.蒸れ

水に浸したウエアを着せることで、被毛や皮膚が濡れた状態になり、放置すると皮膚炎を起こす可能性があります。

ウエアを脱がせた後は、タオルドライやドライやーなどのケアをしましょう。

4.クーラーの冷えすぎ対策

暑い国が原産地のシングルコートの犬種は暑さに強く寒さには弱いために、ヒトにとって快適と思える冷房の温度が寒いと感じている場合があります。

また、シニア犬や病中の子も寒がっていることがあります。

状態を見ながら厚すぎない生地のウエアを着せてあげましょう。

まとめ

最近の真夏の暑さは、人でも熱中症で倒れてしまうほどですよね。

まして毛皮をまとって、アスファルトに近い高さで歩くワンコにとってはどれほど辛い環境か‥。

以前は夏にワンコに服を着せるなんて考えられませんでしたが、高機能な素材が開発されている今は、逆に洋服を着せることの方がワンコのカラダを守ることにつながるのではないでしょうか。

この夏は、高機能でカッコイイ・カワイイ夏服を着せてワンコとお出かけしてみましょう。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。