犬 車

せっかくワンコと暮らし始めたんですから、いろんなところに一緒にお出かけしたいですよね。
海や山、ちょっと離れた公園にあるドッグランにワンコも入れる温泉宿。

でも、そもそも犬は車に乗って平気なのでしょうか?
今回は「犬の車酔い」「犬を車に乗せる時の注意点」についてお伝えしますね。

わんこ 喜ぶ

ワンちゃんとドライブを楽しくするためにも、ワンちゃんの車酔いについてしっかり対策してあげよう!

犬も車酔いするの?治せるの?

犬 車

車酔いをする犬と、しない犬が居ます。
そして治せる犬と、どうやっても治せない犬が居ます。

仔犬の頃から車に乗ることが大好きで嬉々として自分から車に乗る犬もいれば、色々と工夫して慣れさせてようやく車酔いをしなくなる犬も居ます。
そして、どう頑張っても酔ってしまう子も居ます。

わんこ ポイント

人間も車に酔いやすい人がいるように、ワンちゃんも個体差があるよ。
ワンちゃんを車に乗せた時には、車に酔いやすい子かどうかワンちゃんの様子を注意深く観察してあげよう!

犬の車酔い対策は?

犬 病気

犬は人間に比べて平衡感覚が優れている分、車の揺れや振動などに強く反応してしまい酔ってしまうのです。
そのため、犬用シートベルトで安定した姿勢を保持してあげる、ワンコをクレートに入れてクレートを固定する、などの対策を取ってみましょう。

他にも、揺れても滑りづらい加工のされたドライブ用ベッド、車のシートに固定できるボックスなど最近はワンコのドライブ用品が充実して居ますので、その子に合ったものを選んであげ、安定して乗車していられるようにしてあげましょう。

また、初めて車に載った時の行き先が「動物病院でワクチン注射を打たれた」「トリミングサロンで色々されて怖かった」なんていう経験をしたワンコは「車=嫌なところに行く」と思ってしまい車嫌いになることも十分考えられます。

「公園に行ってたくさん遊べた」「車から降りたらおやつが貰えた」などなど、まずは楽しい思い出をつくってあげると、車への抵抗感が減り、車酔いも緩和されるかもしれませんね。

わんこ がんばれ

もちろん、揺れの少ない運転を心がけることが一番!!
急停止・急発進などは極力避けて安全運転を!

犬を車に乗せる時に注意したいこと

犬 車

車に乗る前に

食事を普段より減らして与えましょう。
満腹だと酔いやすいですし、空腹すぎると酔って胃液を戻してしまいます。
もちろん、おトイレも済ませておきましょう。

載せる前の車の準備

先にも述べたように、ワンコが揺れづらいように対策を講じてあげましょう。
今はいろんな種類の対策グッズが売られています。
合わせて、もしも戻してしまった時のことを考え、防水タイプのシートカバーを掛けておくといいでしょう。
抜け毛対策にもなるのでお勧めです。

どうしても犬の車酔いが治らない場合

犬 車

車に乗せることを考え直す必要があるかもしれませんね。
嫌がることを無理強いし続けると、飼い主との信頼関係が揺らいでしまうかもしれません。
それは避けたいですよね。
それでも車に載せる必要がある時は、動物病院で酔い止めの薬を処方してもらうよう相談してみてください。

友人の飼っているパピヨンは、すぐに酔ってしまうので、車だけでなく自転車や電車にも乗ることができませんでした。
人間でも高所恐怖症だったり、閉所恐怖症だったり、苦手なことがある人はたくさんいますよね。
ですから、治すよう努力を続けてみて、それでも車酔いが続くのだったら、「それがこの子の個性なんだ」と受けいれてあげると、良い関係性を続けていけるのかもしれませんね。

わんこ ぺこり

車酔いしやすいワンちゃんの場合は、無理にドライブに連れて行かず、必要な時だけにしてあげてね!

まとめ

私は全く車に興味がなく免許も持っていませんでしたが、ワンコを飼い始めて「この子といろんなところへ行きたい!」と思い、頑張って免許を取りました。
犬とのドライブは本当に楽しいものです。
我が家のワンコは窓を流れる景色を眺めているのが好きな子です。
楽しそうな姿は見ていてこちらがとても癒やされます。
そして遠くの景勝地までドライブしたり、キャンプに行ったり、活動範囲もぐっと広がりました。

飼い主とワンコ、お互いに無理をしないで楽しいワンコライフを楽しみましょう♪

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。