犬 不機嫌 仕草 対処法

ワンコと暮らしていると、「今日はなんだか不機嫌そう‥」と感じる時ありますよね。
くれぐれも不機嫌なワンコを叱ったりしないようにしましょうね。
実は不機嫌な時の行動や表情には意味があるのです。
その意味を理解できればワンコのストレスを解消させてあげられて、ヒトにもワンコにもハッピーな生活を送ることができますね。

今回は、そんな犬の不機嫌な仕草とその対処法についてお伝えしますね。

わんこ ハテナ

ワンちゃんが不機嫌な時はどんなふうに接してあげるのがいいのかな?

犬が不機嫌な時にみせる5つの仕草

犬 不機嫌 仕草

1.自分の体を舐める

例えばワンコは運動不足の時や、飼い主さんに構ってもらえない時などには前足を舐め続けると言われています。
その他にも、手や足体の一部を舐め続けている時はストレスを抱えていると考えられます。

2.あくびをする

ヒトのように眠いからあくびをするのではなく、不安や緊張、イライラしているという気分を表すサインです。
構ってもらえない不満や、留守番が長いイライラなどの気分を表現しているのです

3.鼻に皺を寄せる

この仕草をする時は、不機嫌というよりも怒っている状態と思われますから要注意です。
「今は放っておいて」「あんまり邪魔すると怒っちゃうぞ」と周囲を威嚇している時に行う仕草だからです。

4.名前を呼んでも耳は動かすが無視する

普段は名前を呼べば喜んで寄ってくるワンコが、機嫌が悪いとそのまま無視を続けることがあります。
ヒトと同じで機嫌が悪い時は放っておいて欲しいのです。

5.自分の要求が通らないと吠える

自分が群れのトップだと思い込んでいるので、自分の要求が通らないと不機嫌になり、激しく吠えたり飼い主さんを無視したりして自分の力を誇示しようとします。

わんこ ものさし2

ワンちゃんがこんな仕草を見せた時は不機嫌なサイン!
状況や表情に注目してみよう!

犬が不機嫌な時はかまった方がいい?放っておいた方がいい?

犬 不機嫌 対処法

自分の体を舐める仕草を見せた時は‥

同じ箇所を舐め続けると炎症を起こしてしまいます。
この行為はワンコにとって自傷行為と言えますので、辞めさせるために散歩や遊ぶ時間を増やしてストレスを解消させてあげましょう。

あくびをする仕草を見せた時は‥

頻繁にあくびをすようならば、普段の生活でストレスを感じていることが考えられます。
運動不足、愛情不足の可能性が高いので、ストレスを解消させてあげるため、一度ヒトとワンコとの生活状況を見直しして改善をしてみましょう。

また、叱った後にあくびをすようならば、それは反省しているサインなのです。
ですからあくびをしていたらそれ以上叱り続けないようにしてください。

鼻に皺を寄せる仕草を見せた時は‥

この仕草をする時は威嚇の意味合いが濃いですから、むやみに構わず、気持ちが安定する時を待ちましょう。
構ってしまうと、うなり声をあげたり、最悪の場合噛んでしまう可能性があります。
穏やかに待ってあげましょう。

名前を呼んでも耳は動かすが無視する時は‥

呼ばれていることがわかっている(耳を動かしている)のに無視する時は、構って欲しくない状態ですから、安定するまでそっとしておいてあげましょう。

自分の要求が通らないと吠える時は‥

ワンコが家の中での王様・王女様になっている時は、飼い主さんとワンコの関係性を一度しっかり見直してみて、信頼関係を再構築し、主従関係をしっかり理解させましょう。

あくまでも、リーダーは人でなくてはいけません。

わんこ バツ

ケースごとに対処法も変わってくるよ!
ワンちゃんのキモチを理解しようとしないで、やみくもに構うのはNG!

まとめ

実は、ヒトだけでなくワンコも色々なストレスを抱えて生活しています。
そしてそれをヒトに伝えるためにサインを発しています。
ぜひそのサインをキャッチできるようになり、そしてきちんと対処をしてあげられたら、ワンコとの信頼関係をより深く築くことができますよね。

我が家のワンコも足を舐めたり軽く噛んだりしている時があります。
てっきりおしゃぶり的に舐めているのだと思っていましたが、留守番の多い生活でストレスが溜まってたようです。
お散歩を充実して、毎日のおもちゃ遊びもテレビを見ながらでではなくしっかり向き合って、そして週末はできる限りドックランに遠征しようと思います。
ストレスの兆候も早期発見・早期対応が大事ですね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。