犬 嘔吐 対処法 原因

犬は、よく吐きます。
犬はかしこい生き物で、ご飯を食べ過ぎたときや、胃の調子が悪いときにわざと道端の雑草を食べて、吐くことがあります。
ですから、愛犬が吐いたからといって、全てが危険な病気の症状であるわけではないのです。
かといって、全て楽観視するわけにもいかないので見極めが難しいのですが‥。

今回は愛犬が吐いてしまう原因や、吐いた時の対処法について考えてみました。

わんこ あわわ

ワンちゃんが吐いてしまったら、すごく心配になって慌ててしまうよね!
病院に連れて行くべき症状なのか‥一緒に考えてみよう!

犬が吐いてしまった時に考えられる原因は?

勢いよく食べての嘔吐

犬 嘔吐 原因 早食い

ガツガツと勢いよく食べてゲーっと吐き、その後またガツガツとご飯を食べているなら、あまり心配しなくても大丈夫と思われます。
ただ、吐く以外の他の症状が出てきたり、少しでもいつもと違う様子に見えたり、不安で心配が消えない場合は、動物病院へ連れて行き診察していただきましょう。

空腹による嘔吐

犬 嘔吐 原因 空腹

長時間空腹の状態が続いた後、白く泡状のものまたは黄色い液体を吐くことがあります。
少し様子をみながら時間をおいて、いつも通り元気であれば、ふやかしたフードなどを少しずつあげてみてください。
頻繁に嘔吐が続くようであれば診察することをお勧めします。

車酔いによる嘔吐

犬 嘔吐 原因 車酔い

犬によっては車酔いをする仔がいます。
休憩時間をとって外を歩かせたりと気分転換をさせて、水も少量ずつあげましょう。
食後直ぐは車に酔いやすいので1時間ほど空けてから乗せてあげてください。
車に乗る機会が多かったり、嘔吐が頻繁だったりするときは、犬用の酔い止めを処方してもらうなど方法がありますので獣医師に相談してみてください。

わんこ ポイント

注目すべきは、嘔吐物や吐いた後のワンちゃんの様子。
吐いた後に元気にモリモリご飯が食べられるようなら、そこまで心配しなくても大丈夫!

危険性の高い嘔吐の症状

犬 嘔吐 危険

以下の症状は危険性が高いと思われますので、出来るだけ早く診察を受けることをお勧めします。

  • 何度も連続して吐く
  • 吐いたものが緑色
  • 吐いたものに血が混ざっている
  • 吐いた後、または吐きそうにした後に、ぐったりとしている

これらの症状が見られた場合、異物誤飲や胃潰瘍、膵臓疾患、肝臓疾患などの病気が考えられ、重篤な状態であり緊急処置が必要であることも考えられます。

わんこ メモ

原因がわからずに頻繁に嘔吐してしまう場合は、病気の危険性もあるから要注意!
ワンちゃんの様子を注意深く観察してね!

犬が吐いたら病院に連れて行くべき?対処法は?

犬 嘔吐 病院

吐いてしまったとしても愛犬が元気でいつも通りで食欲もありそうなら、病院へ直ぐには行かずに様子を見ていても大丈夫でしょう。

ただ、飼い主さんからみて「何か違う」「心配でいられない」と思われたら、迷わず病院へ行き獣医師の診察を仰ぐべきと私は思います。
獣医師の「大丈夫。元気です。」の言葉をいただけたら最上級に安心出来ます。

わんこ あわわ

病気か健康かの判断が難しい場合や、上記で紹介した危険性の高い嘔吐の症状が見られたときは、迷わず病院へ!

犬が吐いた時に考えられる病気

犬 病気 嘔吐

重複してしまいますが、何度も吐いたり、吐瀉物が緑色だったり血が混ざっていたりした場合、吐きたくても吐けなくぐったりしているときは、誤飲や胃潰瘍、膵臓や肝臓の疾患が考えられます。

また、これまでに見たことのない症状‥嘔吐に続き、痙攣や気絶といった明らかに異常を示す症状の場合、自己判断や様子見などをせず、すぐに病院へ連れて行きましょう。
脳疾患などの可能性も考えられるため、早急な処置が必要になるためです。

食事後の嘔吐は、ドッグフードが合わない、食物アレルギーを持っている等の原因も考えられます。
小麦や大麦、とうもろこし等の「穀類」は、犬のアレルギーを引き起こしやすい原料です。
犬は肉類の消化の方が得意で、穀類に含まれる植物性タンパク質を消化することが少々苦手なので、穀類が原因で下痢や嘔吐、皮膚炎などを引き起こす可能性があります。
また、合成酸化防止剤、着色料、保存料などの化学物質でつくられた人工添加物がアレルギーの原因になることも少なくありません。

まとめ

愛犬が嘔吐すると、飼い主はどうしても慌ててしまうかもしれません。
私も慌てて、大丈夫か?大丈夫か?と心配してしまう飼い主でした。
しかしいつの頃からか、犬が吐くと
「何を吐いたか。ドッグフードかな、消化の具合は?胃液かな?血液混じりじゃないか?」
「吐いた愛犬の様子は?吐いてしまってお腹が空いている風か?ぐったりか?目の焦点は合うか?まだ吐きそうか?」
と、言葉を喋らない愛犬から、なにかしらの体に起きている症状を探し出そうと必死に観察するようになりました。

下痢の場合もそうですが、愛犬から出てくるブツには、愛犬の体の情報があります。
汚いな‥ではなく、愛犬と元気に過ごせるため医術をもたない普通の飼い主にでも出来ることをしていけたらいいなと思います。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。