フライボール

愛犬と共に打ち込めるスポーツには色々あります。
今回は、フライボールというドッグスポーツを紹介したいと思います。
いまいちマイナーな競技ですが、競技人口が少ないからこそ、大会で表彰台に乗る‥なんてことも夢ではありません!

わんこ がんばれ

フライボールはまだメジャーなドッグスポーツではないけど、とっても楽しい競技だよ!
ぜひ一度チャレンジしてみてね☆

フライボール競技とは?

1970年代後半にアメリカで考案されたスポーツで、カナダやヨーロッパにも広がっています。

フライボールには一人のハンドラーと一頭の犬で構成される1ペアがタイムトライアル形式で競う「個人戦」と4ペアがリレー形式で競う「チーム競技」があります。

どちらも、ボールが飛び出すボックスと4台のハードルが設置された、直線のレーンで行われます。

フライボールは小型犬から大型犬、血統書のあるなし関係なく参加できる競技です。

個人競技

ハンドラーと犬を1ペアとして、2ペアでそれぞれのレーンをタイムトライアル形式で競い合います。
犬は、4台のハードルを次々飛び越し、フライボールボックスのスイッチにタッチをして飛び出たボールをキャッチし、再び4台のハードルを飛び越え、スタート地点に戻ってゴールとなります。

3回連続で行い、最も早いタイムがその犬のベストタイムとなり、早い順に成績が決まります。

チーム競技

4ペアのハンドラーと犬が1チームとなり、2チームがそれぞれのレーンを走り競う、ノックアウト方式の競技です。

犬は4台のハードルを飛び越し、フライボールボックスにタッチし、飛び出したボールキャッチして戻り、再び4台のハードルを飛び越え、ハンドラーの元に戻ります。
それと同時に2番手のペアが犬をスタートさせるリレー形式で行われます。

ボールをキャッチせずに戻ったり、レーンから逸脱してハードルを飛ばずにゴールしてしまうとミスとなります。
4ペア全てがミスなくゴールしたところで、早かった方のチームがそのヒート(回)の勝利となります。

3ヒート中、先に2ヒート取ったチームが勝利となります。

フライボールボックスとは?

各競技団体により規定が違いますが、概ね箱型で、全面に犬がタッチするステップ(踏み板)があり、ここに犬が乗るとセットされたボール(テニスボールなど)が飛び出す仕組みになっています。
ボールが前面から出るものと、後方から出るものがあり、競技団体によりどちらを使うか変わってきます。

どちらのボックスも非常に高価なものですので、個人で購入するのは大変難しいかと思います。

競技団体

フライボールの大会を開催している団体は、現在日本ではJFN(日本フライボールネットワーク)、JFPS(日本フライボール育成協会)、JKC(ジャパンケネルクラブ)の3団体です。

フライボール大会の動画

こちらが実際のフライボール大会の動画です。
どんなドッグスポーツかイメージしやすいと思うので、ぜひ見てみて下さいね。

フライボール向きの犬ってどんな犬?

フライボール

ボールが好きでジャンプが好きな犬であればどんな犬種でもフライボールが可能でしょう。
ただし、チーム戦となるとほかの犬と至近距離で交錯する場面もありますので、興奮してほかの犬と喧嘩してしまう犬は避けた方が無難でしょう。

この競技をしている犬で多い犬種はボーダーコリー、ラブラドール、コーギー、プードル、シェルティなどの俊足で活発な犬が多いです。

ハードルの高さは犬の体高によって変わりますが、チーム戦の場合、チームの中の一番体高の低い犬に合わせられますので、ボーダーコリー4頭のチームよりは、中に一頭小型犬が居ることにより、全体のタイムが早くなることもあります。
そのため戦略的に小型犬をチームに組み込むこともあります。

あなたの犬が小型犬でありながら活発でボールが大好きな犬でしたら、フライボールチームから大歓迎を受けるでしょうね!

わんこ メモ

血統や犬種、関係ナシにどんなワンちゃんでも挑戦できるよ☆

まとめ

フライボールはドッグスポーツの中でもアジリティなどよりは構造が単純で、またアジリティやディスクのようにハンドラーが犬と一緒に走ったり、ディスクを投げるスキルを必要とする訳ではないので、運動が苦手な方やドッグスポーツ初心者も取り組みやすいと思います。

競技人口は少ないので、チームを探すのは大変かもしれませんが、その分ライバルも少ないといえます。

愛犬とドッグスポーツをすることで絆を深めることにもなりますので、近場にフライボールチームを見つけたら、体験だけでしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。