犬 子犬

犬でも猫でもコロコロとした体型のコはなんとも朗らかに可愛く見えますが、肥満の身体は人間同様色々な悪影響が出てしまうこともあるようです。

愛犬の健康維持のためにも、肥満気味なワンちゃんにはダイエットをする必要があるといえます。
では、犬のダイエットはどのようなことに注意して行えばいいのでしょうか。

今回は、犬の肥満の原因・ダイエットの正しいやり方についてを紹介します。
愛犬の健康管理にぜひ役立てて下さいね。

犬の肥満とは?

秋田犬

「犬の肥満」とは、犬種によって適正体重という目安がありますが、あくまでも目安であって骨太の仔や遺伝的に小さめの仔‥と色々です。

何かの折に獣医さんに確認していただくのが分かりやすいとは思いますが、自宅ででも定期的に体重を量ってみたり体型チェックをしてみるのも大切です。

※ボディコンディションスコアより‥理想体型とは、肋骨を被う余分な体脂肪はなく、肋骨に容易に触知出来る。
上から見たときに肋骨の後ろに腰のくびれが見え、腹部が引き締まっている。

犬の肥満の原因

散歩や運動で消費するエネルギーよりも、食べることによる摂取エネルギーの方が多いため結果太ってしまう‥ということが肥満のメカニズムです。

主な肥満の原因として考えられるのは、

  • 食事やオヤツの食べ過ぎ
  • 散歩や運動の不足
  • 病気や怪我の影響によるもの
  • 加齢
  • 避妊手術・去勢手術によるホルモンバランスの影響 など‥

色々なことが原因の可能性はありますが、一般的に多いのはやはり食べ過ぎと運動不足のようです。

わんこ ポイント

まずは、ワンちゃんがなぜ太ってしまったのかを考えてみよう!
心当たりは見つかったかな?

犬は自分で食べるものを用意しているわけではないので、飼い主さんのコントロールが大事になってきます。
「おねだりされてしまって‥」「美味しそうに食べる姿が可愛くて‥」と思う気持ちは私十分分かります!
「ほんの少し‥一口だけ‥」と思って食べさせてしまうのですが、その一口は「多すぎな摂取」となるので気を付けなくてはいけないですね。

犬が肥満になるとこんな病気になることも‥

しょんぼりしている犬

これは犬に限った話ではなく、人間も同様と思った方が分かりやすいですね。
肥満が関係しているとされている病気は次の通りです。

心臓疾患

太って身体が大きくなったため多くの血液を巡らせることが必要となり、そのため心臓に負担がかかり心不全や心筋症等の病気にかかりやすくなります。

関節炎

肥満によって重くなった身体を支えることが負担で、関節を痛めてしまうことがあります。
足の関節が炎症を起こし変形することで痛みが出るため、運動量が減り肥満を加速させ悪循環となります。

椎間板ヘルニア

背骨の骨の間にある軟骨(椎間板)が押し出されて飛び出してしまい脊髄神経を圧迫することで痛みが出る病気。
階段を降りるときや急な坂道を下るときは、特に背骨に負担がかかるので要注意。
コーギーやダックスフンドのような胴体の長い犬種は特に注意が必要です。

肝臓疾患

肝臓とは栄養素の分解や合成、貯蔵、毒素の分解をして無毒化する働きをする臓器ですが、栄養を取り過ぎることで肝臓に負担がかかり脂肪が付いたり肝機能が低下することで様々な症状が現れます。

呼吸器疾患

肥満になると気管の周りにも脂肪が付いてしまうため気管が狭くなり息がしづらくなってしまいます。
そして更に悪化すると脂肪により気管自体が変形してしまう「気管虚脱」という病気を起こしてしまう可能性が出てきます。
息がうまく出来ないというのは、想像以上に苦しいものなので早急な治療の開始が必要です。

糖尿病

この病気の発症の原因は人間と同じで体内のインスリン量が少なくなると発症となります。
肥満になるとインスリンの消費が多くなり、そのため発症率が高くなります。
完治の難しい病気で治療には時間もお金も多くかかってしまいます。

犬のダイエットのやり方

チワワ

まず、何故肥満体型になってしまったか‥と考えてみるとこから始めましょう。
肥満の原因がわかれば、適切なダイエット方法が見えてくると思いますよ。
では、具体的なダイエット方法を紹介していきますね。

1.人間の食べ物を与えない

人間の食べ物を欲しがるままに与えていた場合は、危険を伴うのですぐに止めましょう。

人間の食べ物には塩分や脂分が多いので犬の身体に負担になります。
既に人間の食べ物を貰うことが普通になっている犬には酷ですが、可愛い愛犬のためだと思い飼い主さんがグッと頑張るところです。

2.フードの規定量を守る

ご飯を規定量以上与えていた場合は、摂取カロリーがオーバーしていることが考えられます。
規定量は守ってご飯をあげるように注意しましょう。

フードの袋の裏側に記載されている量は目安なので「うちの仔には多いかも」と感じたら、少し減らしてみてください。
減らす量はかかりつけの獣医さんに相談されると安心と思います。

また、ダイエット用のフードに変えてみるのもいいですね。

わんこ がんばれ

フードを変える場合は、一気に変えるのはNG!
今までのフードに混ぜながら少しずつ変えていこう♪

ゆでた野菜(キャベツやニンジン等)を混ぜてかさ増しする方法もありますし、豚肉や牛肉を食べていたなら鶏ささみ肉に変えると低カロリーに抑えることができます。

急に食べさせる量を減らすと、空腹で嘔吐したり吠えるようになったりすることがあるのであくまでも無理なく少しずつ変えていきましょう。

3.オヤツはほどほどに‥

肥満の原因として多いのが、おやつのあげすぎです。
愛犬の喜ぶ顔が見たくてついおやつをあげすぎてしまう‥という人はとくに注意しましょう。

しかし、いきなり一切のオヤツを取り上げてしまうとストレスとなり、他に支障が出てくる場合もありますので、少しずつ量を減らす方法でいきましょう。

犬は食事もそうですが、食べる回数に喜びを感じる生き物です。
ですから、オヤツのサイズを小さくして複数回に分けてあげるのがおすすめです。
愛犬の満足した気持ちはそのままに、オヤツの量を減らすことができるでしょう。

わんこ 喜ぶ

オヤツを低カロリーのささみやゆでたニンジンなどに変えても喜んでくれるよ!
色々な工夫をしてみよう☆

4.適度な運動をさせる

あまりお散歩に連れて行ってあげれていない場合は、運動不足で肥満になっているということも考えられます。
そんな時は、お散歩の回数を増やしてみたり、時間を長くして調節してみて下さい。

お家の中でも、飼い主さんが遊んであげたりすることで愛犬にとっていい運動になりますよ。

まとめ

犬のダイエットは「食事の管理」がメインです。
もちろんお散歩もカロリー消費になるので大切なことです。
しかし、肥満で散歩に行きたがらない時は腰や足が痛いなど何らかの病気が隠れていることがあるので注意して見てあげてくださいね。

犬は不調を感じても教えてくれません。
ですから飼い主さんが気付いてあげることが大切になります。

そんな中、動物病院では体重測定だけでも診てくれますから獣医さんに相談しながら安全に楽しくダイエットが出来たら幸せですね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。