犬 皮膚病

犬の抜け毛には、季節の変わり目に生理現象としての抜け毛と病気が原因の抜け毛があります。
病気が原因だと、部分的な脱毛や全体的に毛が薄くなってしまったり、皮膚の痒みや赤みなどの症状がでてくることが多くあります。

今回は病気やストレスが原因の犬の脱毛について調べてみました。

わんこ ポイント

ワンちゃんの脱毛は、原因を見極めて対処してあげる必要があるよ!
どんな対処をしたらいいのかさっそく見てみよう!

犬に10円ハゲができる原因は?

犬 脱毛 原因

アトピー性皮膚炎

アレルギーの一種でノミやダニ、カビなどに体が異常な反応をして痒くなったり脱毛という症状がでてきます。
要因としては遺伝的なものが多く、生まれつきアレルギー体質だった、皮膚が弱かった等が考えられます。

食事のアレルギー

上記のアトピー性皮膚炎は、食事アレルギーがきっかけになる割合が高くあります。
普段、主食としているドッグフードに含まれるタンパク質が原因となることが多いです。

内臓の病気

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や甲状腺機能低下などの病気を患っている場合、抜け毛が酷くなります。
内臓疾患が原因のときは皮膚の痒みが出ないので、上記の原因とは違うことがわかります。

カビや細菌

膿皮症といわれる犬の皮膚病は、ここ数年増加の一途を辿っているようです。
最近は、愛犬のシャンプーをやりすぎて皮膚を弱らせてしまう飼い主が増えていることが原因と考えられています。

膿皮症は、皮膚が弱ったとき、元々持っていた菌が増えてしまい皮膚を炎症させ脱毛になります。
犬の清潔を思うあまりのシャンプーが、ブロック機能を担っていた常在菌を洗い流してしまうことになりかねません。

病院に連れて行くべき?対処法は?

犬 脱毛 病院

皮膚病やカビによる脱毛の場合

獣医さんの診察を受け、塗り薬や飲み薬などを処方してもらいましょう。
皮膚病の場合はシャンプーの回数やシャンプー液等が変わってくるので、獣医さんのお話しをお聞きください。

またアトピー性皮膚炎の場合、原因物質を出来るだけ愛犬から遠ざけてあげたり、ドッグフードを変えてみたり等の対応が必要になると考えられます。

ダニやノミなどの寄生虫が原因の脱毛の場合

獣医さんに相談して、寄生虫駆除薬などを処方してもらいましょう。
またダニやノミ避けの飲み薬や外用薬等は、市販されているものもあるので普段から対策しておくことをお勧めします。

病気による脱毛の場合

早く獣医さんの診察を受け、治療が必要です。
原因となっている病気を治すことで脱毛の症状も改善していくと考えられます。

わんこ メモ

病気が原因の場合は、獣医さんに相談して指示を仰ごう!
悪化する前に対処してあげてね!

ストレス性の場合は、生活環境の改善を!

犬 ストレス 脱毛
ストレスのせいで自分の毛を舐めたり噛んだりすることによって、その一カ所の毛が無くなってしまう。
何もしていないのに急に毛が抜け落ちてしまい地肌が見えるような脱毛が目立つ。
円形の脱毛部分が知らない間に出来ている。
‥と、いうように脱毛のパターンは犬種等で様々です。

飼い主から見て、少しでも愛犬に脱毛の気配があれば「ストレス性脱毛症」を疑ってみたほうが良いと考えられます。

原因として考えられること

  1. 慣れない場所での宿泊(ペットホテル、飼い主の友人宅 等)
  2. 家族の変化(結婚、亡くなった 等)
  3. 環境の変化(引っ越し 等)
わんこ ものさし2

ワンちゃんのストレスの原因に思い当たることはあるかな?
ストレスを軽減できるように対処してあげよう☆

改善に効果的な対策

犬と遊ぶ

運動不足の解消

運動不足になると血液の循環が悪くなり、免疫力が低下し、疲れやすくなります。
外に出ないで退屈な毎日を送ると、それが原因でストレスが溜まることもありますので、外に連れ出し気分転換してあげてください。

愛情不足の解消

家族以外に愛情を表す相手のいない犬にとって、仕事や勉強が忙しくなったり、赤ちゃんのお世話や家族の介護などで、家族と自分の時間が無くなってしまうことは大事件となります。
そんな環境の変化に対応することが出来ず、問題行動を起こして自分の存在をアピールする仔もいます。
また自分の足を噛んだり舐めたりしてストレス性脱毛症となってしまう犬も少なくありません。

忙しいときは自分の時間さえ無く飼い主側もストレスを抱えますが、それでも、どうにか時間をやり繰りして出来る限り、愛犬に向き合い愛情を伝える時間を作りましょう。
ボール遊び等大好きなオモチャで遊んであげたり、スキンシップを取りながらオヤツをあげたりしてあげてください。

犬は飼い主さんが大好きです。
飼い主さんが自分に向き合ってくれることで、きっとストレスも次第に解消され脱毛の症状も改善していくはずです。

発情に関する解消

我が家で去勢・避妊の手術を検討している最中に獣医さんに言われたことですが‥

「発散することが叶わない発情」は、飼い主が思っている以上にストレスに思う犬がいること。

去勢・避妊手術を行うと発情は静まりますが、手術に抵抗のあるお考えの方は、一度専門の獣医にご相談されることをおすすめします。

まとめ

犬は私たちと言葉を交わすことはできません。
ですから犬たちからの「助けて」のサインを見逃さず気付いてあげられる飼い主になりましょう。

転勤や結婚など、飼い主さんの人生の中でも大きな避けられないこともあると思います。
そんな場合はいつも以上に愛犬に配慮してあげましょう。犬は飼い主さんが大好きなのですから。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。