2種類のコーギーの違い

皆さんがご存じのコーギーは、実はフルネーム(?)はウェルシュ・コーギー・ペンブロークといいます。
そしてもう一種類のコーギー、ウェルシュ・コーギー・カーディガンがいます。

あまり知られていないカーディガンという犬種、そしてペンブロークとの違いを比較して紹介したいと思います。

わんこ ハテナ

同じコーギーだけど‥2種類のコーギーはどんな違いがあるんだろう?

コーギーの歴史

コーギー

コーギーは元々イギリスのウエールズ地方で、牛追いの犬として重用されてきた犬です。
ウェルシュとはウエールズ語で、ウエールズの、という意味で、コーギーとは小人犬という意味です。
ペンブロークとカーディガンというのは、ウェールズの州の名前です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークとウェルシュ・コーギー・カーディガンは共によく似ていますが、主にペンブローク州とカーディガン州で別々に繁殖されていた犬です。

イギリスでも一時期同じ犬種として扱われていましたが、ペンブロークはダックスフントなどを掛けており、カーディガンはパピヨンなどを掛けています。

その為、見た目もよく見ると違いがわかります。

わんこ メモ

なるほど!
ペンブロークとカーディガンは州の名前にちなんでつけられていたんだね!

2種類のコーギーの違いは?見分け方

コーギー

ペンブロークは狐のような耳をしていますが、カーディガンはパピヨンの影響か、非常に大きなとがった形の耳をしており、不釣り合いなほどに大きな耳の個体もいます。

そのため、子犬の頃に耳セットと呼ばれる、耳を立ち上がった状態でテープで固定する処置をしなければ、後ろに反り返ってしまいます。

ペンブロークでも、耳が大きく、しっかり立ち上がらずに片方だけ垂耳、あるいは半垂の個体も居ますが、ペンブロークでは一般的に耳セットが行われることはありません。

尻尾

コーギー

ペンブロークは牛追の仕事をする際、尻尾を牛に踏まれて大けがをする恐れがあることから、生まれてすぐに尻尾を切ってしまいます。
現代において牛追いをするコーギーは皆無と思われますが、未だにこの慣習は続いています。
そのため、中にはコーギーは生まれつき尻尾が無いと思っている方も居るようです。
ただ近年ではヨーロッパを中心とした動物愛護の観点から、尻尾を切らないブリーダーさんや、獣医さんも居ます。

カーディガン州では、そもそも尻尾を切るという慣習は生まれませんでしたので、すべてのカーディガンには尻尾があります。

わんこ がんばれ

しっぽが一番見分けやすい違いといえるね!
ただ最近では、ペンブロークも断尾していない子もいるから、しっぽがある=カーディガンというわけじゃないよ☆

体格

ウェルシュ・コーギー・ガーディガン

どちらも胴長短足という点では変わりませんが、比べてみるとカーディガンのほうが、より胴が長く、やや足が長いといわれています。

全体的にカーディガンは骨太でがっちりした体格をしています。
耳が大きいことは前述しましたが、頭やお尻も大きく、全体的にパーツが大きい印象ですね。
体格がいいので勿論体重も重たいです。

コーギーは足が短く、ずんぐりむっくりした体型ですが、牛の群れの中を走り回り、牛の踵を噛む犬ですので、運動能力は高く非常に活発な犬です。

毛色

ペンブロークでは、レッド&ホワイト、フォーン、セーブル(&ホワイト)、ブラックタンの4種類しか認められません。
その他の色や、白毛が多すぎたり、逆にあるべき場所に内場合はミスカラーとなります。

カーディガンでは、全ての色が認められる、とされていましたが、2017年になってJKC(ジャパンケネルクラブ)より、「全ての色が認められる。但し、頭部に白が優勢であってはならない。」という通達がありました。
ペンブロークにはない、ブリンドルやマールなどの珍しい毛色の個体もあります。

わんこ ハテナ

ん?あのコーギー珍しい色してるな‥と思ったらカーディガンのコーギーちゃんかもしれないね☆

性格

好奇心旺盛で賢く、大らかな性格は両者ともに共通していますが、カーディガンは古くからあまり交雑されず、元々のコーギーの性質を有していますから、やや神経質で警戒心が強い面があり、よく吠えます。
とはいえ、賢い犬ですので、根気強くしつけすることで無駄吠えは減らせます。

愛好家

ペンブロークは、エリザベス女王が愛し、女王の犬と呼ばれイギリス中で愛されているのは有名な話です。

カーディガンは1933年、のちのイギリス王であるジョージ6世がまだヨーク公だった時代に宮廷で飼育したのがきっかけで、人気犬種となりました。

日本では2016年のJKC登録数は、ペンブローク5,395頭、カーディガン63頭と大きく溝を開けられています。

わんこ あわわ

こんなに差があるなんてビックリだね!
日本ではカーディガンは63頭しかいないのか‥!

まとめ

  • ペンブロークとカーディガンは同じ犬種として扱われていたこともあったが、ルーツは全く違う犬
  • どちらもイギリス王室で愛され、広まった犬

日本では知名度も低く、扱っているブリーダー数も少ないカーディガンですが、一部では根強い人気があります。
2種類のコーギー、どちらも魅力的な犬ですので、是非機会があれば家族に迎えて楽しいコギライフを送ってほしいですね!

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。