チワワ

犬を飼っている人が増えている時代となりました。
ペットグッズも多くかなりたくさんの種類のペット関連商品が店頭にも並んでいます。

首輪もたくさんの種類があって、何のために、どのような素材のものが良いのか悩んでしまいますよね‥。

そこで今回は、首輪の選び方を首輪が必要な理由も合わせてご紹介して参ります。
是非ご参考にして頂ければと思います。

わんこ 喜ぶ

今はオシャレで可愛い首輪もたくさん売っているから、どれを選んだらいいのか迷っちゃうよね!
ワンちゃんにステキな首輪を選んであげよう♪

室内犬でも首輪は必要なの?

犬 笑う

室内で過ごすことの多い室内犬に首輪はいらないのでは?と考える飼い主様も多いのではないでしょうか。
しかし、万が一のことを考えるとつけておくという習慣は必要なのです。

まずは、室内犬でも首輪が必要な理由を紹介しますね。

野良犬に間違われる

万が一、玄関やベランドなど開けたすきに犬が脱走してしまった時、首輪がないと野良犬と間違えられてしまいます。

私も、大型犬が脱走してしまった時に、必死に見つけたのですが、首輪をしていなくて、掴むことが難しくリードもつけられずに困った経験があります。

愛犬をなだめやすくなる

もし、火事や地震など緊急時に避難する場合など、愛犬がパニック状態になってしまうことも考えられます。
そんな時には首輪をしていれば飼い主様がなだめやすいものです。

また、「病院に連れて行くときに首輪をつける」ということを繰り返してしまうことで、首輪=嫌な場所に行く‥と連想してしまい、首輪をつけること自体を拒否されてしまうケースもあります。
そのため、普段から首輪をつける事が習慣出来ることは愛犬を守る事にもなると思います。

その他の首輪をつけるメリット

上記の理由以外にも、首輪をつけるメリットとして次のようなことがあげられます。

  • 首にサインを伝え、しつけなどの支持が入りやすくなる。
  • 迷子札や観察を常時つけていられる。
  • 散歩時リードにすぐに付けられる。
わんこ ポイント

迷子の防止以外にも、首輪はしつけにも役立つよ!
室内犬でも首輪をつけることをぜひ習慣づけてね!

首輪選びのポイント

首輪

今ではたくさんの種類の首輪が売られているので、どういったものを選べばいいのか迷ってしまいますよね‥。
そこで、首輪の種類別に選ぶポイントを紹介していきたいと思います。

バックルタイプ

布製の首輪で、両端にあるプラスチック部分をはめて繋げるタイプです。

成長期の子犬や、小型犬にお勧めです。
リーズナブルなので、洋服などに合わせてオシャレを楽しみたい!という人にはピッタリです。
デザインも豊富で、飼い主さんも選ぶ楽しさがあると思いますよ。

しかし、プラスチック素材のため壊れやすいのがデメリットです。
また、布の質によっては滑って調整が利かなくなることもあります。

ベルトタイプ

昔からある一般的な首輪です。

人間のベルトと同じ構造で穴に金具を差して止めます。

ほとんど革で出来ており、耐久性にも優れています。
革製なので長く使用すると伸びてきますが、愛犬の首周りに合わせて微調整も出来て問題なく使用できますよ。

ハーフチョークタイプ

半分が布か革で半分が鎖で出来ています。
三分の一がチェーンですが、犬の肌の部分にチェーンが当たる事がないので肌の弱い犬や長毛種にお勧めです。

チェーンチョークタイプ

鎖で出来ていて、犬が引っ張ると締まるようになっています。

大型犬や引っ張り癖のある犬にお勧めです。
濡れても痛むことがないです。
プロ用で開発されていますので、しっかりと使い方を勉強して使いましょう。

プレミアムカラーハーフチョーク

チェーンチョークタイプと同様ですが、チェーンではなく布で出来ておりしつけで利用されています。

チョークタイプなので着脱が便利で、革チョークに比べて手入れも楽です。
重くないので小型犬でも利用しやすいです。

ドックトレーナーはこちらの利用が中心です。

スパイクチェーン

内側に突起が付いていて鎖のタイプ。

力が強く、頑固で散歩中に引張癖がある犬に効果的です。
引っ張るととげが刺さって痛いため、自然と引っ張り防止になります。
訓練士が進めることもあるようです。
サイズ調整も可能です。

ハーネスタイプ

犬の胴体と腹部を周り、背中でクロスさせます。
リードは背中から繋げます。

ソリやドッグスポーツを楽しむ際には専用のハーネス使います。

首や気道に注意が必要な犬など、小型犬や短鼻犬にお勧めです。

ヘッドカラー(ジェントルリーダー)

見た目は口輪に付けているようですが、散歩中のトレーニングに使用します。
愛犬が横を向いて歩くと不自然な格好になるため引っ張る事やよそ見をすることが無くなります。

わんこ メモ

こんなにたくさん種類があるんだね!
デザインだけじゃなくて、目的や用途も考えて選ぶのがおすすめだよ☆

首輪を選ぶときに注意点したいこと

ミニチュアダックス

様々なタイプの首輪をご紹介いたしましたが、トレーニング用や訓練用のタイプは、使用方法をしっかりと飼い主様が理解してから使用しないと愛犬にも危険になる可能性もあります。
首から支持を入れるという事は、首にショックを与えて、引かないようにするという事です。

飼い主様のショックの与え方が間違えていれば、何度も愛犬の首に負荷を与え続ける上に理解できないという事になるのです。

私も大型犬の男の子を飼っていたので、自分より大きく引っ張られると即転倒の危険がある為、訓練士の元に通い、愛犬と一緒にチョークチェーンの使用方法を学びました。

しっかりと愛犬に指示を出せれば、本当に犬は賢くすぐにやってはいけない事を学びます。
飼い主様も愛犬と共に頑張ってください。

首輪の付け方

首輪は指が1本入る程度の、出来ればぴったりと犬の首に装着することが大切です。

犬が苦しそうだからと緩めに止める飼い主様も多いですが、抜けてしまい危ない目に合わせる機会を作ることになってしまいますので気を付けてくださいね。

まとめ

首輪についてご説明してきましたが、犬のサイズや、犬種、性格によっても使い分けが必要です。

首輪のサイズもタイプによってしっかりと用意されています。
オシャレを楽しむことも良し、ドックスポーツに参加するも良し、愛犬とのんびりゆっくり並んで散歩するも良しなのです。

首輪は大切なアイテムであり、皆さまの環境に合わせてどのようなものを選ぶのか、参考にして頂ければありがたいです。
首輪に合わせてリードを選ぶのも楽しみの一つですね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。