犬 ベッド 選び方 必要性

あなたの家のワンちゃんはベッドを使っていますか?

なんといっても大好きなワンちゃんのものを選ぶことは飼い主として楽しみの一つですよね!

ただ、犬用のグッズはどれもいいお値段がしますので失敗したくないって気持ちもあります。

今回は犬用のベッドについての必要性と選び方をまとめましたので、失敗のない様に買い物前の参考にしていただけると嬉しいです。

わんこ 喜ぶ

ワンちゃんのお気に入りの場所になるようなベッドを選んであげてね♡

犬にベッドが必要な理由

犬 ベッド 必要

1.体の負担を軽減させる

犬は一日の大半を寝て過ごしていますので、人間のようにベッドや布団などに横になって休むことで身体の負担を軽減させる必要があります。
特に高齢の犬は更に寝ている時間が増え、床ずれになってしまうこともある為、質の良いベッドが必要になってきます。

2.くつろげる場所、安心できる場所になる

犬にとってベッドは、夜寝る時や留守番の時などに落ち着いて過ごせる場所です。

一人で過ごす事になる夜や留守番時は安心して落ち着いて過ごせる場所が必要不可欠です。

我が家のワンコは眠くなると自分でベッドに戻ったりする程「ベッドは落ち着いて休める場所」という認識を持ってくれています。

3.暑さや寒さの対策になる

ベッドには犬が快適に過ごせるように様々な種類があります。

夏は熱を発散させて涼しくなるように、冬は熱が逃げずに温かく過ごせるような機能的なベッドが販売されています。

犬も暑さ寒さを感じますので、対策が必要です。

わんこ 寝る

人間と同じように、ワンちゃんにとってもベッドは1日の疲れを癒す場所だよ★

ベッドの種類は3パターン!ワンちゃんのお気に入りを見つけよう♪

平面なマットレス型

マットレスのようなものは、ゲージやクレートの中に敷いて使用します。

犬は四方が囲まれているような場所の方が落ち着いて寝ることができますので、マットレスを部屋の何もないところに置いて使用してもあまり落ち着けないでしょう。

このタイプは洗濯しやすく、お値段もリーズナブルなので用意しやすく衛生的に使用できるでしょう。

四方が縁になっているタイプ

マットレスタイプとは対照的に四方に縁がついており囲いのようになっています。

主に長方形のタイプが多いです。

四方を囲われており、側面に体が触れる様になっているので落ち着いて休むことができます。

サイズ選びが難しく、犬の体にジャストフィットするものを選ぶことが大事です。

このタイプのベッドはサークルの中に置いても良し、犬が過ごす部屋の隅に置いても使用することができます。

四方の縁はあごにあごを乗せて寝ることができるので、あごを乗せて寝ることが好きな子におススメです。

ドームタイプ

まるでかまくらの様な形をしたベッドで、近年種類が増えてきたタイプのベッドです。

巣穴のような形になっており、犬の習性を考えて作られています。縁があるタイプのベッドよりも天井がある事で更に囲われているため、犬はより安心し落ち着く場所になるでしょう。

入口が一ヶ所だけなので保温効果が高く、寒がりなワンちゃんにおススメです。

デメリットとしては洗濯がしにくいということです。

失敗しないワンコのベッド選び!4つのポイント

犬 ベッド 選び方

1.大きさ

サイズは小型犬用、中型犬用、大型犬用の3つがあります。

犬の体格や寝方などを考えてピッタリサイズを購入しましょう。

小さすぎては寝ることができないので「大は小を兼ねる!」と大きめのサイズを選びがちですが、あまりにも広すぎると犬は落ち着かなくなってしまいます。

2.季節に応じたもの

室内では冷暖房で室温を管理されていますが、なるべく季節ごとにベッドを変えてあげることが良いでしょう。

夏には通気性の高い素材のベッドや接触冷感タイプのベッドを、冬には保温性の高いベッドがおすすめです。

3.性格

「休む時はいつもあごを乗せてくるなら縁があるベッドにしよう!」

「臆病な性格だからドーム型のベッドなら落ち着けるかな?」

「怖がりだから入口が一ヶ所で狭いものは入ってくれないかも…」

というように、それぞれのワンちゃんの好みや性格を把握することでどんなベッドがいいか分かってきます。

ベッド選びの際にはいつもと視点を変えてワンちゃんの観察をしてみて下さい。

4.洗濯ができるか

ベッドの手触りなどを気にしても、見落としがちなのが家で洗濯できるかという事です。

室内犬でも散歩は外に行きますので、ベッドもすぐに汚れてしまいますし、換毛期などは抜け毛がすごいですよね!

犬のベッドは湿気がこもりやすくダニや雑菌が繁殖しやすい環境ですので、定期的に丸洗いして干すことが大事です。

もし洗濯しにくい場合は、ベッド上にタオルを敷いてタオルを洗濯して交換することもきれいに保つことができます。

まとめ

実際にお店で見ると、ついついデザインや色などで選んでしまいがちな犬用グッズですが種類や機能が様々だということが分かりましたね。

愛犬には、良く寝て、良く遊んで、いつも元気でいてほしいものです!

愛犬の健康の為にも、愛犬に合ったベッド選びをしてあげましょう!

合わせて読みたい記事はコチラ☆
おすすめのワンコグッズについてまとめています♪
  1. 【犬のおすすめパジャマ5選】可愛くてお手頃なわんこパジャマ集めました!
  2. 犬用の可愛いレインコートおすすめ7選!雨の日のお散歩を楽しく乗り切ろう♪
  3. 夏のおすすめワンコ服5選!熱中症や虫さされ対策にピッタリの犬用ウェア
The following two tabs change content below.
えみ

えみ

【飼っているペット:豆柴】 小さい時から猫やハムスター、犬などいつも家には動物がいました。大人になってから自分で犬を飼うのは、現在の豆柴ちゃんがはじめてです。