猫 健康診断

愛猫に少しでも長生きして欲しい‥、そんな願いを持つ飼い主さんにとって日々の健康管理は何よりも大切です。
愛猫のことを一番知っているのは飼い主さんです。

自分の目で見て健康状態を把握することはもちろん必要です。
しかし、医師でない飼い主さんには発見することができない病気もあります。

できれば動物病院で健康診断を受けさせたいものです。
そこで猫の健康診断について解説します。

ねこ ハテナ

猫ちゃんも人間と同じように健康診断を受けた方がいいみたいニャ!
どのくらいの費用がかかるものなのかニャー?

猫にも健康診断は必要だとされる理由

猫 健康診断 必要

健康診断を受ける最も大きな理由は病気の予防と早期発見です。

いくら飼い主さんが愛猫の健康管理を行い、毎日のように観察して体調に異変がないか細かく把握していても、体の内部に潜む病気を見つけることはできません。
また猫は言葉を話すことができませんし、少しくらい体調が悪くても動物の本能で弱いところを周囲に見せようとせず、飼い主さんの前では気丈に振舞います。

そのため毎日のように接している飼い主さんでも細かな体調の変化に気づくことが難しいのです。
猫が明らかに体調を悪そうにしているときは、かなり深刻な状態である可能性があります。

そこで猫を診察した経験が豊富な動物病院の獣医さんに検査してもらうことで、数値に異常がないか見つかりにくい病気が潜んでないか調べてもらいます。

悪性腫瘍などの深刻な病気の場合は、どれくらい早期に発見したかで生存率が大きく変わってきます。
早期発見が第一であり、そのためには体調の異変など目に見える変化が現れる前に、健康診断を受ける必要があります。

ねこ ポイント

猫ちゃんに異常が見られた時に病院に連れて行っても、病気が進行してしまっていることが多いニャ!
病気の早期発見のためにも健康診断は受けるようにしよう!

猫の健康診断を受ける頻度や検査項目は?

健康診断の頻度

猫 健康診断 頻度

ではどれくらいの頻度で健康診断を受けたら良いのでしょうか?

猫の健康状態を把握するためには定期的な検査が必要ですが、頻繁に受けなくても問題はありません。

特に気になる症状が見られない限りは成猫の場合、年1回くらいの頻度で健康診断を受けるのが一般的です。
そこでもし数値に異常が見られた場合は後日、再検査となったり治療を行うことになり、健康診断を受ける頻度も半年から数ヶ月に一度に変わってきます。

どのような検査を行うのか?

猫 健康診断 検査項目

猫の健康診断では以下のような検査を行います。
かなり細かな検査まで行いますので、もし病気がある場合は高い確率で発見することができます。

一般的な身体検査

飼い主さんに対する問診で猫の健康状態を大まかに把握し、体重測定によって適正体重かどうかダイエットが必要かどうか調べ、さらに聴診、外側から触っての検査を行います。

血液生化学検査

いわゆる血液検査です。
肝臓や腎臓、血糖値といったさまざまな検査を行います。

レントゲン検査

人間と同じようにレントゲンを撮ります。
心臓の形と大きさ、肺の形、血管の太さなどを調べて、心疾患や動脈硬化などの兆候が見られないか、腫瘍がないかを調べます。
レントゲンを撮ってさらに詳しく調べる必要があると判断された場合は、超音波検査と心電図検査を行います。

尿検査

赤血球、白血球、尿たんぱく、尿糖などを主に調べます。
尿を遠心分離機にかけることで尿結石や細胞も調べます。

便検査

人間で言うところの検便です。
猫のウンチを顕微鏡で観察してどのような腸内細菌がどれだけ含まれているか、さらに原虫類や寄生虫が生息しているかを調べます。

検査結果はどのくらいでわかるの?

猫 検査結果

これだけ多くの検査を行っても結果が分かるまでにかかる時間は10分ほどです。

尿や便を飼い主さんが予め採取する必要がありますが、検査そのものは猫が苦痛に感じるものではありません。
体の隅々まで異常がないか調べて、病気などを発見することができますし、その場で結果が分かりますからぜひ受けに行きましょう。

猫 メモ

検査項目や頻度はほとんど人間と同じニャ!
健康診断を受けたことがある人はイメージしやすいね☆

気になる費用は?

猫 健康診断 費用

年1回の検査とはいえ、健康診断にどれくらいの費用がかかるのかはやっぱり気になりますよね。
もちろん病院によって差がありますが、だいたいこのくらいかかります。

猫の健康診断の費用(目安)

  • 初診料 500~1,000円
  • 尿検査 1,000円
  • 便検査 1,000円
  • 血液検査 5,000円~
  • レントゲン検査 3,000~5,000円

合計11,000~15,000円前後となります。

これに加えて超音波検査や心電図検査を行う場合はさらに4,000~8,000円ほどの費用が必要です。

猫 ヒラメキ

費用についてもそこまで高額なわけじゃないニャ!
猫ちゃんの健康のためにも1年に1回の健康診断を恒例にしよう☆

まとめ

愛猫に少しでも長生きしてもらうために、愛猫の健康管理を行っているとは思いますが、飼い主さんには気づきにくい体調の変化や、隠れている病気を早期に発見するために定期的な健康診断が必要です。

頻度は年1回が目安となり、検査によって数値に異常が見られる場合は後日、再検査となるか治療に移ります。
健康診断では一般的な身体検査、血液検査、レントゲン検査、尿検査、便検査などを行います。

検査が出るまでにかかる時間は10分ほどで、その場で分かります。
猫の尿と便を事前に採取する必要はありますが、それ以外に面倒なことはなく猫が苦痛に感じるようなこともありません。

費用は合計で11000~15000円前後、超音波検査や心電図検査を行う場合はさらに4000~8000円ほど必要になります。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。