猫 吐血 対処法 病気

ある日、猫ちゃんが突然の吐血!

元気と思っていたのに、なぜ‥?

驚くとともに、どう対処すれば良いのかわからず、大切な時間を無駄に使ってしまうかもしれません。

今は元気、これからも大丈夫のはず。

そう思っても、生きているからにはどんなことが起きるか、予測のつかないこともあります。

まさかのための知識、無いより持っている方が助けになりますね。

今回は、猫ちゃんが吐血をしたらまず何からすればよいのか対処法と吐血の原因となる病気について、お話させていただきます。

ねこ 腹痛

吐血は重篤な病気のサインになっている場合が多いニャ‥。
飼い主さんは慌てずに冷静な対処をしてあげよう!

猫が吐血をした時に考えられる原因は?

猫 吐血 原因

猫ちゃんと同居されている方なら、猫ちゃんが時々、毛玉を吐いているのを目撃されたことがあるでしょう。

何かえづいていると思ったら、白っぽい泡まじりの液体を吐いていることもあります。

しかし、吐いたものに赤っぽい部分やピンク色の液体などが混じっていたら‥?

そのような場合には、猫ちゃんの体に何か異変が起きていると考えられますね。

吐血と喀血

「血を吐く」とひと言で表しますが、実際には「吐血」「喀血」の2つに分けられます。

「吐血」は、胃や食道などの消化器系からの出血で、血を吐くだけでなく、おう吐した物に血が混じることがあり、色は茶褐色で暗めの色を呈しています。

また「喀血」は、気管支や肺といった呼吸器系からの出血で、猫ちゃんが咳をしたときに血も一緒に吐いてしまいます。

血の色は鮮やかなことが多いのが特徴です。

血を吐いた原因は何?

吐血の場合

「吐血」の場合に考えられる原因の多くは、食道や胃などの消化器系に起きた炎症です。

病気以外の原因の1つとして、猫ちゃんが食べた猫草により食道や胃が傷ついた状態もあげられるでしょう。

吐血と間違いやすい出血には、猫ちゃんの口腔内のトラブルによるものがあります。

これは、口内炎や歯周病が原因となります。

色は比較的、鮮やかで出血の量は少ないことが多いようです。

喀血の場合

「喀血」の原因として第一にあげられるのが、気管支や肺のトラブルです。

ウィルスや細菌により引きおこされる呼吸器系の病気が原因となります。

心臓病が原因となっている場合もあります。

ねこ ポイント

吐血と喀血の見極めは、血の色をチェックしよう!

どんな病気の可能性がある?

猫 吐血 病気

吐血をした時に考えられる病気

消化器系からの出血による「吐血」の場合、次のような病気の可能性があります。

胃炎

胃炎の症状を起こしてしまう原因はいくつもあるようですが、その中でも猫風邪といった感染症やストレスなどが原因となっているケースが多いと言われています。

食欲はどうか、猫ちゃんのお腹を触ってみたときの猫ちゃんの反応など、獣医さんに相談されるときにお伝えになるといいですね。

猫ちゃんが遊びに夢中になっていて、お腹を打ってしまい、それが元で内側から出血を起こしているケースも、少ないとはいえ、あるようです。

胃潰瘍

胃の表面にある粘膜の層(上皮組織)の傷つき欠損した状態が、その下にある粘膜下層さらには筋層にまで至ってしまった状態が「胃潰瘍」と呼ばれるものです。

長期にわたる胃炎、寄生虫や薬剤、ストレスなどが原因となります。

胃潰瘍の特徴は、おう吐した物が血の混じった茶褐色になることです。

人の場合には、慢性胃炎や胃潰瘍を引き起こすピロリ菌の存在が確認されています。

猫ちゃんの胃潰瘍にピロリ菌がかかわっているかなど、その存在についても現段階では確認されていません。

寄生虫

主に小腸に寄生する回虫などによって引きおこされた炎症で吐血することがあります。

吐血するだけでなく、血尿や血便が見られるケースもあります。

子猫やシニア期の猫ちゃんは免疫力が低いので注意してあげましょう。

異物の誤飲、有害物質による中毒

猫ちゃんが異物を間違って飲み込んでしまうと、食道や胃が傷つき吐血してしまうことがあります。

また有害な薬物や化学物質には、洗剤や殺虫剤などがありますね。

また猫ちゃんにとって良くない植物などもあります。

それらを猫ちゃんが誤って口にしたり、吸い込む、触れるなどすると、有害な成分が猫ちゃんの体内に取り込まれてしまいます。

結果、それらの有害成分が猫ちゃんの体の機能に障害をもたらし、吐血の症状を起こさせることがあります。

繰り返し苦しそうに胃液を吐いたり、下痢や発熱など、急激に体力低下が起こることが多いので、早急に獣医さんに診ていただきましょう。

腎不全

腎不全になってしまう猫ちゃんは多いといわれますが、腎不全によっても吐血してしまうことがあります。

慢性腎不全と急性腎不全とに分けられていますが、いのちにかかわるリスクがあるため、早期発見、早期治療が大切です。

熱中症の可能性も

猫ちゃんの体温が急激な上昇によって40℃以上になると、あえぐような呼吸となり、開けた口からよだれが流れ出ます。

おう吐や下痢、悪心の症状を示しますが、さらに熱中症が重症化してしまうと、吐血の症状が見られることがあります。

最悪の場合、ショック症状により命にかかわる重大なリスクとなります。

喀血がみられた時は肺炎や呼吸器系の病気の可能性がある

気管支や肺など呼吸器系からの出血による「喀血」には、肺炎や気管支炎などの病気が考えられます。

ウィルスや細菌による感染により、肺炎や気管支炎が発症することがあります。

喀血の場合、咳をするとき鮮血も吐いてしまうことが特徴です。

また心臓病の症状として見られることもあります。

猫ちゃんは、ほとんど咳をすることはありません。

もしかすると、猫ちゃんの咳は病気のサインである可能性があります。

肺や気管支、心臓の状態が悪化している可能性も考えられることから、早急に獣医さんの診察を受けましょう。

病院に連れて行くべき?適切な対処法は?

猫 吐血 病院

猫ちゃんが血を吐いたときには、出血の量が少なくても、自己判断せずに、早急に動物病院に連れて行きましょう。

対処法

  1. 猫ちゃんの頭を下げて、おう吐した物が気管に入らないように注意しましょう。
  2. 意識があるか確認しましょう。
    意識がない場合、呼吸と心拍を確認しましょう。
  3. 猫ちゃんの体を動かさないように、そっとバスタオルなどで包み、体が冷えないように注意した上で動物病院に連れて行きましょう。

吐血の場合も、喀血の場合も共通することは、吐いたものの「誤嚥」を防ぐこと、猫ちゃんの体を「冷やさない」ように注意することです。

そして出血量を減少させるには、次のような方法があります。

使用する保冷剤(アイスノンなど)はタオルなどでくるみ、猫ちゃんの体に直接、触れないようにしてくださいね。

「喀血」の場合には「首・胸」を保冷剤を使って冷やします。

「吐血」の場合は「胃」のあたりだけを冷やします。

患部を冷やすことで、血管が収縮し出血量を最小限におさえることができるでしょう。

猫 メモ

できれば、おう吐した物を持って動物病院に行くと、正確な診断と治療に役だつニャ☆

まとめ

今回は猫ちゃんの吐血、喀血という深刻な状況が起こる原因、考えられる病気などについて、お話させていただきました。

決して、そのような症状で苦しむ猫ちゃんを見たくありませんが、万一の時にそなえて、あらかじめ知っておかれるとよいかと思います。

猫ちゃんの体調の変化など、すぐそばにいらっしゃる飼い主さんならこそ、気づいてあげられることですね。

緊急の状況を目の当たりにしたとき、少しでも冷静に判断し、行動することが大切となるでしょう。

可愛い猫ちゃんが健康で過ごしてくれることを、祈りつつ、今回のお話はここまでとさせていただきます。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
桜京

桜京

【飼っているペット:ペルシャ (チンチラゴールデンの女の子)】 動物が大好きで、リスやうさぎ、鳥、犬や猫などを飼ってきました。 猫の可愛い写真を撮るのが趣味です。