猫 アレルギー

小麦、牛乳、魚介類などが原因で引き起こされる食物アレルギーは、深刻な健康被害を引き起こすため社会問題になっています。

では猫の場合はどうなのでしょうか?

人間とは違って食べ物も違いますし、肉食動物ですから食物アレルギーとは無縁のように思いませんか?

そこで今回は猫の食物アレルギーについて、症状や対処法も含めて解説しますね。

ねこ ハテナ

猫ちゃんが食物アレルギーだったら、どんな症状が出るのかニャ?

猫も食物アレルギーを引き起こすことがある!?

猫 食べ物アレルギー 症状

猫も人間と同じように食物アレルギーを引き起こすことがあります。

アレルギーの原因となる食品はたんぱく質由来のものが多く、牛乳、豚肉、鶏肉などの肉類、卵、牛乳などがあります。

ほかにもフードに含まれる小麦、トウモロコシ、大豆などの穀物がアレルギーの原因となることがあります。

猫の食物アレルギーの症状

猫が引き起こす食物アレルギーの症状としては以下のようなものがあります。

  • 腸炎や胃炎による下痢や嘔吐
  • 全身の皮膚が痒くなることで起きる脱毛や掻き傷
  • 皮膚の化膿
  • 外耳炎

猫の食物アレルギーの対処法

1.アレルゲンの特定

アレルギー 原因 特定

愛猫がアレルギー症状を発生した場合、まずどの食べ物が原因であるか特定する必要があります。

人間であれば「この食べ物を摂ると体調が悪くなる」と訴えることができますが、猫は言葉で異変を伝えることができません。

そこで飼い主さんが愛猫に普段食べさせている食事から、どの食品がアレルギー引き起こしているのか絞り込みましょう。

そのためには愛猫に普段与えているフードにどんな食品が使われているのか、全て調べる必要があります。

フードのパッケージの原材料表示を参考に紙に全て書いてみましょう。

またキャットフード以外の食べ物を与えている場合は、その食べ物がアレルギーを引き起こしている可能性があります。

2.キャットフードを変更する

キャットフード 変更

普段与えているフードを変えることで症状が出なくなるかもしれません。

もしフードを変更してアレルギー症状が出ない場合は、それまで与えていたフードに含まれる原材料の何かがアレルギーを引き起こしているということになります。

3.信頼できるフードを選ぶ

猫 信頼できるフード

愛猫の健康を考えるなら出来るだけアレルギー症状を引き起こすリスクの少ないフードを与える必要があります。

そのためのキャットフード選びのポイントは二つです。

合成着色料不使用のフードを選ぶ

合成着色料である、赤40号、赤102号、黄色4号、黄色5号といった合成着色料はアレルギー性が指摘されているものが多くあります。

これらは飼い主さんの目を引き付けるために加えられているもので、栄養的には全く不要なうえ健康リスクが高く百害あって一利ナシです。

キャットフードは人間用の食べ物に比べて法律による規制が緩いため、さまざまな種類の合成着色料が使われています。

もちろん普段から合成着色料を含むフードを与えていても、多くの猫はアレルギー症状を引き起こしませんが、キャットフードは人間で言えば米のような食べ物です。

毎日食べ続ければ食べ続けるほどアレルギーを引き起こすリスクが高くなります。

愛猫の体のことを考えるなら合成着色料不使用のフードを選びましょう。

出来るだけ穀物の割合が少ないフードを選ぶ

肉食動物である猫の体は肉類から栄養を摂り体を維持するようにできています。

穀物の消化はあまり得意ではなく、食物繊維などを摂り過ぎると胃腸に負担がかかってしまうんです。

またこのようなことから小麦やトウモロコシ、大豆などが穀物が原因でアレルギー症状を発症することがあります。

ところが市販のキャットフード、特にドライフードの多くは品質を安定させるため、コストを下げるために混ぜ物として多くの穀物が使われています。

そのキャットフードに穀物がどれくらい使われているかは、フードの原材料表示と成分表示をチェックしてみましょう。

原材料表示で小麦粉、トウモロコシ粉、大豆、米粉など何種類もの穀物が表記されている場合は、かなり多くの穀物が使われていることを意味しています。

また、成分表示でたんぱく質と脂肪の割合が低いフードは、肉類や魚類など動物性の原料が少なく、変わりに穀物で嵩増ししていることがわかりますね。

目安としてはたんぱく質30%以上、脂肪20%以上のフードを選びましょう。

たんぱく質が40%以上含まれているフードであれば、穀物の割合がかなり少なく抑えられているため安心です。

おすすめは穀物不使用(グレインフリー)のフード

最近では穀物不使用(グレインフリー)のキャットフードを見かける機会が増えてきました。

穀物がアレルゲンである可能性が高い場合は、穀物不使用のフードを与えましょう。

価格は一般のフードの4~5倍程度と手ごろではありませんが、愛猫の健康を考えるなら穀物不使用のフードがおすすめです。

4.他のたんぱく質に変更する

肉を変える

アレルギーの原因が穀物であれば、穀物不使用のフードに変えることで解決しますが、肉類などのたんぱく質が原因であることもあります。

このような可能性がある場合は、これまでに食べたことがないたんぱく質に変更してみましょう。

最近では外国産のフードを中心に、さまざまな食材を使用したフードが登場しています。

アヒルや羊肉、馬肉、カンガルーの肉など、これまで摂ったことがない種類のたんぱく質に変えることでアレルギー症状が治まることがあります。

ねこ いただきます2

最近は、馬肉を使ったフードが人気みたい!
どんな味がするのかニャ?

まとめ

猫も人間と同じように食物アレルギーを引き起こすことがあります。

猫の場合、原因となる食べ物は牛乳、豚肉、鶏肉などの肉類、卵、牛乳などたんぱく質由来のものと、小麦やトウモロコシ、大豆などの穀物が多い傾向にあるようですね。

愛猫に食物アレルギーの症状が見られたら、まずはアレルギーの原因を特定してみましょう。

添加物を使っっていないフードやグレインフリーのキャットフードは、アレルギーを持っている猫にはとくにおすすめです。

お値段は、一般的なキャットフードより少し割高にはなってしまいますが、お財布と相談してフードの変更も考えてみて下さいね。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
のらくろ

のらくろ

【飼っているペット:猫 (オス3匹とメス4匹)】 猫の飼育歴は15年以上、現在家で飼っている猫はいずれも拾ってきたり保護した元野良猫です。主に猫について執筆しています。