ねこ 見つめる

猫ちゃんと、まったりとくつろいでいる時、突然シュワ~ッチ!ではないですが(笑)飛ぶように走り去ってしまうことがあります。

「何があったの?!」と言いたいくらい、あまりに急でびっくりしてしまいますが、猫ちゃんの瞬発力はスゴイですね。
あのスピードはどこからくるのでしょう。

今回は、猫ちゃんの驚くばかりの素晴らしい身体能力について、お伝えしていきます。
目からウロコのような発見があるかもしれませんよ!

ねこ ポイント

猫ちゃんは驚異の身体能力を秘めた動物ニャ☆
その優れた身体能力のヒミツを教えちゃうニャ!

猫の驚異的な身体能力

1.ジャンプ力

ねこ ジャンプ

猫ちゃんがテーブルの上に軽々と上がったり、キャットタワーに上がっているのを見たことがあると思います。
どれくらいの高さまでジャンプできるか、知っていますか?

猫ちゃんは、自分の身長の5倍ほどの高さ(約150cm)まで、ジャンプすることができるのです!
私たちが、自分の身長の5倍ほどの高さまでジャンプするのと同じことなのです。

人間には、そんなことは到底できるはずもありませんね。

ジャンプ力のヒミツ

猫ちゃんのその卓越したジャンプ力は、どこからきているのでしょうか?

それは、柔らかい関節とバネのような背骨後ろ足の強力なキック、これらを持ち合わせているからこそ、素晴らしいジャンプができるのだそうです。

ジャンプする前、目標をじっくりと見上げて、高さを測っているような表情をしていますよね。
きっと、高さによってジャンプ力を調節して出せるように準備しているのでしょう。

ねこ メガネ

ジャンプする前にお尻をフリフリしているのは獲物との距離を測っているからだったんだね!

2.スピード

猫 ダッシュ

猫ちゃんの走るスピードは、時速50kmとも言われていますが、猫種によって足の速さは違うかもしれません。
しかし、猫種ごとの足の速さを測定する実験は行われてはいないようです。

一般的な体格の猫ちゃんなら、平均して時速48km前後のスピードが出せるようです。
足の短いマンチカンは、きっと平均時速よりも遅いと考えられますよね。

性格や個体によって速さには差がありますが、それでも猫ちゃんと一般的な成人が競走したら、猫ちゃんに軍配があがるでしょう(笑)

「え、そうなの?」と思うかもしれませんが‥でも、そうなのです!

たとえば、人が100mを15秒で走ったとしたら、速さは時速24kmとなりますから、ダントツ猫ちゃんの方が足が速いということになりますね。

スピードが出せるヒミツ

この速さの違いは、猫と人の体のつくりや、走り方にあるようです。
人は歩く時は足裏全体を使いますが、走る時は、つま先で立つような格好になりますね。

猫ちゃんの方は、背骨を大きく曲げ伸ばしをして、背中の筋肉を使って前足と後ろ足を大きく開くので、広い歩幅で走ることができるのです。

だから、スピードを出して走ったり、高くジャンプすることができるのです。
猫ちゃんの身体能力は、スゴイですね。

ねこ ドヤ顔

そもそも人間とはカラダのつくりが違うのだよ!フフン♪

3.バランス感覚と着地能力

猫 着地

猫ちゃんが、棚の上にある食器に触れないで上手に通り抜けるのをテレビで見たことがあります。
ふらふらしたりせず姿勢を保ったままで食器の間を歩けるなんて、バランス感覚も優秀ですね。

すぐれたバランス感覚

人間と同じように猫の耳の中にも、聴神経・前庭神経があります。
聴神経は聴覚をつかさどり、前庭神経はバランスをつかさどる働きをしています。

この前庭神経は三半規管と連結していて、頭や顔が重力に対して、どちらに向いているのかを計算して、体が倒れないように調整する働きがあります。

三半規管は、バランスセンサーですね。
猫ちゃんは、この三半規管が特に敏感で高性能なので、抜群のバランス感覚をもっていると言えます。

落下と着地

猫は高い所からジャンプする時、なめらかに着地します。
これはバランス感覚や柔軟性、そして空中でも正確に視覚を維持できる動体視力も優れているからなのです。

落下した時でも上手に着地できるのは、これらの優秀な能力のおかげで「空中立位反射」を行うことができるからなのです。
では、空中立位反射とは、どういうものでしょうか?

落下した場合の空中立位反射
  1. 頭を横に向け、体を伸ばします。
  2. 体をひねるように回転させ、足を下に向けて着地の準備をします。
  3. 着地の瞬間、足から地面につき、お腹でバランスをとります。

このような反射を行える能力を、すべての猫が生まれながらに持っています。

空中立位反射が成立するために、必要な高さは60cmほど、要する時間はわずか0.125秒~0.5秒ほど、というのですから驚きですよね。

ねこ ビックリ

猫ちゃんは空中立位反射ができるから、お尻から着地したりすることはないニャ!
足からスマートに着地するのが得意なんだよ☆

過信は禁物!落下事故などに注意

ねこ 病気

身体能力が高い猫ちゃんですが、過信は禁物です。
あまりにも高い場所から落下したり、頭や尻尾から落ちた場合、無傷ではすまないことが多く、時には命にかかわる恐れがあります。

特にマンションなどの高い場所に暮らしている飼い主さんは、猫ちゃんが落下事故にあわないように、次のような注意を守ってくださいね。

落下事故を防ぐために注意すること

  • 猫の身体能力を過信しない。
  • ベビーフェンスや犬用の柵は猫には無意味であること。
  • 猫をベランダに出さない。
  • 玄関のドアや、室内の窓を開けたままにしない。
  • 窓には網戸を取り付ける。

飼い主さんがうっかり閉め忘れた窓から、猫ちゃんがベランダに出てしまうと、場合によっては落下する危険性もあります。
何気ないうっかりが、取返しのつかない事故になってしまわないように、くれぐれも注意してくださいね。

室内での落下事故を防ぐために

猫ちゃんも高齢になってくるとジャンプに失敗することがあります。
室内での落下事故を防ぐために、高い場所には、足場を増やしてあげましょう。

たとえば、猫ちゃんがよく行く高い場所には、家具などを階段のように配置して、足場を確保してあげるといいですよ。
万が一、落下した時のために高さのあるタンスなどの家具、キャットタワーのまわりには、マットなどを敷いておいてあげると安心ですね。

猫 メモ

猫ちゃんにとってベランダをヒョイっと乗り越えるのはとっても簡単!
落下事故にはくれぐれも注意ニャ!

何故こんなに身体能力が優れているのか?

ねこ ジャンプ

ここまで、猫ちゃんの身体能力の高さについて、紹介してきました。
でも、何故こんなに身体能力が優れているのでしょうか?

猫の祖先は木の上を飛び回って狩りをしていたと言われています。
高い木の上から獲物を捕まえるために、猫はジャンプ力を進化させることが必要だったのです。

その進化の過程で、高い所から飛び降りても上手に着地できるように、ジャンプ力や柔軟性を身につけていったのだという説があります。

そして素晴らしい身体能力を支えているものがあります。
触ると、ぷにぷに‥‥そうなんです!肉球が、ジャンプ力やバランス感覚を支えているのです。

猫ちゃんの身体能力を確かなものにする、大切なパーツなのですね。

ねこ ハート

プニプニな肉球にはとっても大切な役割があったんだね!
触ると気持ちいいだけじゃないニャ☆

まとめ

いかがでしたか?
今回は猫ちゃんの優れた身体能力についてお伝えしてきました。

かわいい顔で寝ている猫ちゃんに、こんなスゴイ能力があるのですね。
でもその身体能力を過信することは禁物です。

ケガをしないように、転落した場合の対策をして、猫ちゃんが安全に過ごせる工夫をしてあげましょう。

そして、その能力ゆえに運動不足にならないよう、遊び場を作ってあげたり、飼い主さんがおもちゃで遊んであげたりして、ストレスの発散をさせてあげてくださいね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。