猫 魚好き 日本

猫は魚が大好き!

猫の魚好きは、日本ではもはや常識と言えますよね。
実際に魚を焼いていると喜んでそばにやってきます。

ところが世界を見ると、ビーフやチキンといった肉類を食べている猫が多いということを知っていましたか?

これってどういうことなのでしょうか?
魚好きは日本の猫だけなのでしょうか?

そこで猫の食事と魚の関係について解説します。

ねこ いただきます2

猫ちゃんの好物はお魚!
でも国が違えば猫ちゃんの好物も違うかも‥!?
さっそく調べてみよう♪

猫は肉食動物

猫 肉食動物

猫の食事と魚の関係について考える前にまず猫に必要な栄養素について説明する必要があります。

猫は肉食動物で、祖先は狩りをして生活していました。
猫が生きていくために必要な栄養素は良質な動物性たんぱく質と脂質、そして豊富なビタミンとミネラルタウリンなどのアミノ酸です。
肉食動物である猫は、野菜を食べても腸で上手く消化することができません。
穀物の消化も苦手にしていて、少量では問題ありませんが大量に摂ると下痢などを引き起こすことがあります。

猫は肉と魚から動物性たんぱく質を摂取している

猫 魚

動物性たんぱく質を何から摂るのかと言えば肉類と魚類です。
どちらも猫に必要な栄養素をしっかりと摂ることができます。

ただし肉や魚なら何でも良いのかと言えばそうではありません。
肉なら赤身と脂肪がありますが、それだけではたんぱく質や脂質、ビタミンは摂れても、ミネラルやタウリンが不足してしまいます。

では、野生の猫はどのようにしてミネラルやタウリンを摂っているかと言うと内蔵です。
猫の獲物は主にネズミや小鳥といった小動物ですが、肉だけではなく内臓を余すことなく食べることで、不足しがちなミネラルとタウリンを補っているのです。

これは魚でも同じです。
刺身だけを与えても栄養が偏ってしまうため、煮干しなどの小魚を丸ごと食べる必要があります。

もちろん市販のキャットフードには猫に必要な栄養素をバランス良く配合していますから、栄養が偏る心配はありません。

猫の食事は人間の食生活の影響を強く受ける

猫 好物

人間もそうですが、食べ物の好みは生活環境によって形成されます。
もちろん猫が野菜好きになることはありませんが、自分が育った環境の中で口にする食べ物が魚中心なのか、それとも肉中心なのかによって食べ物の好みに違いが生じます。

ほとんどの猫は人間からご飯を貰って生きています。
そして猫が人間から貰う食べ物はその国や地域の人々が普段から口にしている食べ物です。
そのため猫の食事は人間の食生活の影響を強く受けます。

アメリカやイギリスのように肉中心の食生活であり、魚を食べる習慣がもともとない国では猫もその国の人たちと同じように肉を与えられて育ちます。
そのため、肉好きの猫になり魚を好まなくなります。

逆にその国の人たちが魚を日常的に食べていれば、猫も小さい頃から魚を与えられて育ちます。
そのため魚好きの猫になるのです。

ねこ がんばれ

イタリアの猫ちゃんはパスタが好き‥なんて情報も!?
人間の食べ物を分け与えられているから、国によって猫ちゃんの好物も違うんだね☆

なぜ日本の猫は魚が好きなの?

日本の猫 魚好き 理由

このように猫の好きな食べ物がその国や地域の人たちの食生活の影響を受けるなら、日本の猫が魚好きな理由もおのずと分かってきます。

日本は周囲を海に囲まれています。
魚が手に入りやすかったため、日本人は昔から魚を頻繁に口にし猫にも与えていたのです。
そのため、日本の猫は自然と魚好きになったと考えられています。

また日本は中山間地が多く酪農に適した土地が少なく牧畜が普及しなかったこと、島国であり江戸時代の鎖国によって外国の食文化が明治まで持ち込まれなかったことも影響しています。

小さい頃から魚を食べていなければ多くの猫は魚好きになりません。
日本の猫が魚好きなのは日本人が魚好きだからです。

日本のキャットフードには青魚がたくさん入っている

キャットフード 魚

現代の飼い猫はキャットフード中心の食生活であり、魚を直接貰う機会はあまりありません。
それでも日本で市販されているキャットフードにはマグロやカツオ、サバといった青魚が多く使われていますから、それを食べて育った猫も自然に魚好きになります。

だからといって日本の猫が全て魚好きかというとそうではないようです。
私の家に昔来ていた猫は魚が苦手でした。
特にサンマやイワシ、サバといった青魚が大嫌いで焼き魚を出すと「こんな生臭いもの食べられるか!」と怒り出すほどでした。
これはおそらくその猫が魚を食べて育ってこなかったため、魚が好きではないからだと考えられます。

猫 ヒラメキ

そう言われてみると、日本のキャットフードは「マグロ」「カツオ」って書かれているものが多いニャ☆

魚好きは日本の猫だけじゃない!?

猫 魚

では、魚好きなのは日本の猫だけなのかというとそれは違います。

日本人は「欧米では肉ばかり食べている」とイメージしがちです。
確かに北米や西ヨーロッパでは肉中心の食文化が根付いています。

しかし、世界を見渡すと同じヨーロッパでも地中海沿岸の国々では魚も日常的に食べています。
いわゆる地中海式の食事は野菜や魚、それに乳製品をバランスよく摂る食生活です。

これらの国々の港町では猫はおそらく魚好きです。
漁師さんが海に出て漁をしてそのおこぼれを頂戴しているからです。
猫を扱ったテレビ番組でもイタリアやギリシャ、ポルトガルといった国々の港町や島で、漁師さんから余った魚を貰っている猫がよく登場します。

東南アジアポリネシア北アフリカなどでも魚を日常的に食べる習慣があります。
その土地の人々が魚を頻繁に口にしていれば、そこで暮らす猫も魚を食べている可能性が高いということになりますね。

まとめ

お魚くわえたドラ猫~♪なんて歌があるように、猫は魚が大好きというイメージは日本では常識とされていますね。
しかし、世界各国の猫たちは必ずしも魚が好きなわけではないようです。

もし海外に行くことがあったら、その国の猫がどんなものを好んで食べているのかを調べてみるのも楽しそうですね。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。