ねこ 旅行 お留守番

たまには旅行に出かけたい、でも猫ちゃんのことが心配だし、置いていくなんて忍びない‥というのが、猫ちゃんの飼い主さんの悩みどころではないでしょうか?

ペットと同居する飼い主さんにとって、共通の問題と言ってもいいかもしれませんね。
猫ちゃんも安心、飼い主さんも安心のウィンウィンの解決策ってあるでしょうか?

今回は、猫ちゃんはいるけれど旅行にも行きたい‥そう考える飼い主さんに、旅行も可能になりそうなご提案をさせていただきます。

ねこ ハテナ

猫ちゃんを飼っている人も、たまには旅行に出かけたくなるよね‥。
でも旅行の間、猫ちゃんを放っておくわけにもいかないし‥何かいい方法はないかニャー?

旅行に行く際、猫のことはどうしたらいい?

旅行 猫

そうですよね、数日と言えども旅行に出かけることになったら、その間、猫ちゃんのことはどうすればよいでしょうか?
大抵の飼い主さんが頭を悩ませるのが、このポイントですよね。

猫ちゃんは、ちょっとした模様替えや、ぬいぐるみの配置を変えただけでもストレスを感じてしまいます。
もちろん環境が変わるようなペットホテルや友人宅にお願いするのもストレスとなるでしょう。

ということは‥?
いつものお家でいつものように過ごさせてあげるようにすればいいですね。

では、ご飯やお水の交換は?
トイレが汚れたら?‥と心配の種は尽きません。

猫にいつものお家で過ごさせてあげるには?

「家族や友人、ペットシッター」にお願いして自宅に来ていただくという方法が考えられます。

これなら、過ごす場所がいつもと変わらないので、ストレスも少なくてすむかもしれません。
しかしお世話をしてくれるのが飼い主さんではなく、あまり見慣れない方なら、慣れるまで少しストレスを感じてしまうかもしれません。

家族や友人、そしてペットシッターの方になら、猫ちゃんの様子を詳しくたずねることもできますね。
それに複数の猫ちゃんを飼っている場合には、ペットホテルよりはコストの面で抑えることができるでしょう。

しかし、猫ちゃんだけで過ごす時間が長いので、万が一の事故や、体調を崩した場合の発見が遅れてしまうという、デメリットがあります。

ねこ 寝る

なるべく、いつものお家でお留守番させてあげるのが理想ニャ☆
1匹のお留守番が心配な時は、ペットホテルなどの利用も考えよう!

猫にお留守番をお願いするときに用意すること

猫 旅行 留守番

1.トイレを増やしておく

一般に猫ちゃんに必要なトイレの数は〔猫の数+1個〕と言われています。
そのように考えると、猫ちゃんが1匹で留守番をする間のトイレの数はもう1個増やして〔2個+1個=3個〕となります。

増やした分のトイレの置き場所ですが、スペースが許せば、いつものトイレの横などが良いでしょう。

2.お水を入れた容器を増やしておく

猫ちゃんは、お水が入った容器をひっくり返してしまうかもしれません。
お水がたっぷり入った容器を複数か所に用意してあげましょう。

お水を入れる容器ですが、高さのあるものではなく、低めで安定感のある容器を選びましょう。
置き場所ですが、猫ちゃんが走りまわることを考えて、部屋の隅っこがよいですね。

お水が入った容器を置く場所ですが、寒い時期でも2か所、暑い時期なら3か所くらいに置けるようにしてあげるとよいでしょう。

3.ご飯はドライフードを

ウェットフードではなく、ドライフード(カリカリと呼ぶご飯ですね)を多めに用意しましょう。
変質しにくいことからドライフードを選んであげてくださいね。

ふだんはドライフードではないの、という猫ちゃんなら、旅行までにドライフードにも馴染んでもらえるようにしておくといいですね。
ご飯はお水と同じように数か所に置いてあげるといいですよ。

容器もお水の容器と同じように、低めのものが安定感があって、こぼすことも少ないでしょう。
猫ちゃんは、ご飯はここで、お水はあちらで、という子が多いですよね。

ですから、ご飯のそばにお水を置かない方が猫ちゃん好みと言える配置となるようです。

4.自由に部屋を出入りできるようにする

特に、暑い時期にはエアコンを使用するかと思いますが、一か所に閉じ込めてしまうと、猫ちゃんも自由に走りまわったりできませんね。
場合によっては熱中症になってしまう危険性もあります。

ドアの場合には、ドアストッパーをつけて、バターンと閉まって密室状態になってしまわないよう、十分に注意しましょう。

5.お水やご飯を準備する時に便利グッズを利用する

ご飯やお水を数か所に置くことを、ご紹介してきましたが、自動給水器や自動給餌器を利用することができます。
これらの便利グッズの使い方をよく知って、活用されるのもいいでしょう。

ねこ いただきます

ご飯、お水、トイレは忘れずに準備してあげるニャ!
普段と違うフードを与える時は、旅行の前から慣れてもらうことも忘れずに☆

どのくらいの日数なら1匹で留守番させても平気?

猫 留守番 限界

およそ3日間がリミットというデータもあるようですが、猫ちゃんの気持ちを考えたら1~2日がお留守番のリミットでしょう。
それに飼い主さんも気になりますよね、置いてきた猫ちゃんのことは。

ねこ ポイント

飼い主の責任として、旅行はなるべく短期間で!
長期旅行は控えましょう!

自動給餌器がすごく便利!

カリカリマシーンSP 自動給餌

タイマーが付いていて、決まった時間に決まった量のご飯を出してくれる、すぐれものが自動給餌器ですね。
これなら、容器にご飯を入れて数か所に置かなくても良さそうですよね。

猫ちゃんは与えた分だけご飯を食べてしまいます。
2日分を一気に1日で食べてしまう‥なんてことも十分に考えられますね。

自動給餌を使用することで、こういった事態も防ぐことができるでしょう。

自動給餌器を使うには?

突然、今日から自動給餌器を使うよ!と言われて猫ちゃんに使えるでしょうか?
適応力というか、そのような能力がある子もいるかもしれませんね。
しかし、本当に猫ちゃんが使えるかどうかを確認しておくことが必要です。

慣れるまでは、普段使いをしてみることをオススメします。
いくら便利で良いと思うグッズでも、肝心の猫ちゃんに使ってもらえないのでは意味がありませんよね。

自動給餌器に入れたフードが減っていなければ、猫ちゃんがご飯を食べていないことになります。
そのような状態で自動給餌器を信頼して猫ちゃんをお留守番させると、飼い主さんの留守の間、ご飯を食べないことも心配されます。

要は猫ちゃんに、抵抗なく自動給餌器からご飯を食べてもらえるように、慣れてもらうことです。

自動給餌器が役立つ時って?

ここまでご紹介してきましたが、旅行に出かける時ですね。
他に飼い主さんの仕事の都合によって、ご飯をタイムリーにあげられない時でしょう。
また入院や突発的な出来事により留守にする必要が生じた時も、この自動給餌器があれば助かるでしょう。

猫ちゃんが決まった時間以外にも、ご飯をしきりと欲しがるとか、あるいは飼い主さんの都合でご飯の準備が難しいときにも役立つでしょう。
でも猫ちゃんとのコミュニケーションのためには、時には手から食べてもらうこともオススメですよ。

まとめ

いかがでしたか?
今回は旅行に行く際、猫ちゃんのことをどうしたらいいか?についてお伝えしてきました。

猫ちゃんにとって、ご飯・お水・トイレのお世話は欠かすことができないものですが、便利なグッズを利用したり工夫をすることで、旅行は不可能ではなくなるでしょう。

しかし、猫ちゃんも感情があります、寂しいと思うこともあります。
そういう猫ちゃんの気持ちも考えた上で、飼い主さんも上手に気分転換されると良いのかもしれません。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。