猫 おやつ おすすめ

猫ちゃんのおやつ、以前に比べてグンと種類も豊富になりましたね。

あまりにバラエティ豊かでどれを選んだらいいか、迷ってしまうほどです。

おやつは猫ちゃん好みに作られているので、猫ちゃんがおやつをおねだりして肝心のご飯を食べてくれないという困ったことも起こってしまいます。

そんなことから、今回は猫ちゃんにおやつをあげる時に気をつけたいことおすすめおやつなどお伝えします。

ねこ きゅん

猫ちゃんが大好きなおやつ♡
どんなふうにあげているかニャ?

猫の食事とおやつ

猫 食事 おやつ

猫ちゃんの食事は大きく3種類に分けることができます。

猫の食事の種類

1.総合栄養食

いわゆる猫ちゃんの主食です。

これだけで猫ちゃんの健康をキープするために必要な栄養が十分に摂取できます。

2.一般食

主食に対してこちらは副食の位置づけになります。

缶詰やレトルトパウチなどで総合栄養食と一緒にあげます。

3.間食

おやつ、スナック類はこの間食に分類されますね。

ドライタイプ、ウェットタイプなどがあります。

おやつは必ずしもあげないといけない、というものではありません。

わたしたちもおやつは必ず食べないといけないものではありませんね。

おやつは言ってみれば、娯楽のような位置づけです。

これは猫ちゃんにとっても同じことが言えるでしょう。

おやつをあげる目的って?

猫 おやつ

猫ちゃんとのコミュニケーション

ワンちゃんなら、食事や散歩が1日のうちの楽しみと呼べる時間でしょう。

しかし室内だけで暮らす猫ちゃんにとっては、飼い主さんと遊ぶことも楽しみでしょうが、毎日の食事がメインの楽しみといえるでしょう。

楽しみにしている食事時間のほかに、おやつタイムがあったら猫ちゃんは喜んで幸せを感じてくれるのではないでしょうか?

おやつをくれる人が、大好きな飼い主さんならなおのこと、喜んでくれるでしょう。

栄養補助や水分補給

主食となるご飯をあまり食べていない、ドライフードだけなので水分を摂らせてあげたい、などの理由でおやつを与えている飼い主さんも多いことでしょう。

猫ちゃんの食欲がない場合は、大好きなおやつを少しだけご飯の前にあげると、ご飯を食べるきっかけになることもありますね。

しつけを効果的にする

ワンちゃんと違い、猫ちゃんにおやつをあげてしつけることは、少し難しいかもしれません。

猫ちゃんが爪切りなどのイヤなことを我慢してくれた、嫌がりながらも通院することができたなどの時には、褒めておやつをあげると良いでしょう。

ねこ ヤッター

嫌なこと頑張ると美味しいご褒美がもらえる♡って猫ちゃんに覚えてもらえるようにするといいニャ!

おやつのあげ方

猫 おやつ あげ方

猫ちゃんを喜ばせるためだけにおやつを与えるのはおすすめできません。

なぜなら、猫ちゃんのおねだりに応じておやつを与えていると、主食を食べる量が減り、栄養が偏ってしまうからです。

そこでポイントとなるのが、おやつのあげ方です。

いつあげるの?

主食もちゃんと食べてくれるように、食事時間に影響の少ない時間をおやつタイムにあてると良さそうですね。

猫ちゃんの食事は1日2回とされている飼い主さんが多いでしょう。

あなたは、猫ちゃんの食事の回数はどうされていますか?

猫ちゃんに1日2回、ご飯をあげていらっしゃるなら、ご飯とご飯の間の時間におやつをあげるようにされると、食事にあまり影響を与えずにすむでしょう。

あるいは、食後のデザートのような形であげてもいいでしょう。

食前にあげてしまうと、おやつで満足してしまい肝心のご飯が食べられなくなることがあるからです。

しかし、食欲が低下している子には、ほんの少量でも大好きなおやつを食前に与えてあげると、食事しようという行動につながることもあります。

猫ちゃんの様子を見ながら、おやつを上手に利用されるとよいですね。

おやつの量は?

猫ちゃんの健康を考えれば、おやつの量は少ない方が良いでしょう。

おやつで満足感を得てしまうと、総合栄養食としてのドライフードやウェットフードを食べる量が減ってしまいます。

総合栄養食はご存知のとおり、猫ちゃんの体に必要な栄養が十分に含まれています。

猫ちゃんの健康を維持するために1日に摂取すべき栄養が、おやつによって十分に摂れなくなるのは、避けたいところです。

おやつの量は、1日の総カロリーの20%以内に抑えることがポイントです。

おやつは何回?

多くても1日に2回程度にとどめましょう。

そしておやつをもらえることを当たり前のことと、猫ちゃんが思ってしまわないようにしましょう。

ご褒美としてのおやつなら、おやつは特別なもの、と猫ちゃんに思ってもらうほうがいいですね。

猫ちゃんのおねだりに応じるという形ではなく、時々のお楽しみという形で与えてあげても良いでしょう。

どんなふうにあげる?

猫ちゃんにおやつをあげるなら、手からあげるようにするといいですよ。

猫ちゃんとの信頼関係を築くには、飼い主さんから直接あげることが効果的です。

また多頭飼いの場合にも、みんなに平等にあげることもできますね。

おやつをあげる時に注意すること

猫 おやつ 注意

猫ちゃんのおやつは美味しく作られているので、猫ちゃんがほしがるまま与えてしまうと、カロリーオーバーで肥満になってしまうこともあります。

先にお伝えしたように、猫ちゃんにおやつをあげるなら、量にも注意して1日の総カロリーの20%を超えないように注意しましょう。

猫ちゃんはチーズなど好きな子がいますが、わたしたちの食事中にチーズなどをおねだりしてきても、あげないようにしましょう。

おねだりするのが可愛いからといって猫ちゃん用ではないチーズを与えるのは塩分などの面からも、おすすめできません。

また猫ちゃん用であっても、チーズや煮干しなどはカルシウムが豊富なので、猫ちゃんに多めにあげても大丈夫と思ってしまいがちです。

しかし、塩分もミネラルも調整されているとは言っても、豊富に含まれているので、猫ちゃんが多めに食べてしまうと、塩分の摂り過ぎや尿路結石になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

飼い主さんが猫ちゃんを喜ばせようと、毎日猫ちゃんのおねだりに応じてほしいままにあげていると、猫ちゃんは健康を損ねたり、肥満になってしまうこともあります。

猫ちゃんには、健康で長生きしてほしいですよね。

猫ちゃんが体調を崩したりしないよう、おやつのあげ方や量、それに塩分などにも注意して与えてあげましょう。

猫ちゃんが大喜び間違いナシ!おすすめのおやつ3選

モンプチ クリスピーキッス  ミックスグリルセレクト

メイン:
穀類(米、コーングルテンミール、とうもろこしエキスなど)
栄養成分:
粗たん白質34%以上、粗脂肪17%以上
カロリー:
100gあたり約400kcal
原産国:
アメリカ
内容量:
3g×30袋

個包装となっていて、1袋3g入りで、食べきりサイズとなっています。

パッケージに「手からあげるしあわせ」とあるように、猫ちゃんに飼い主さんの手から1粒1粒あげるといいですね。

「とびきり美味しいものをすこしだけ‥」がコンセプトで、カリカリの新鮮な歯ごたえで、猫ちゃんの歯の健康もケアできるようになっています。

小袋に入っているので、猫ちゃんとの外出や通院の時にも持っていくことができます。

おりこうさんにしてくれたご褒美に、これなら持って行きやすいですね。

チャオ(CIAO)ちゅ~る とりささみ 海鮮ミックス味

メイン:
鶏肉(ささみ)
栄養成分:
粗たん白質7.0%以上、粗脂肪0.2%以上
カロリー:
1本あたり約7kcal
原産国:
日本
内容量:
14g×20本

これまでになかった液状タイプのおやつです。

スティック1本が1回分になっているのであげやすいですね。

鶏ささみのペーストに猫ちゃんの好きな海鮮エキスがプラスされています。

今や「ちゅ~る」は猫ちゃんのおやつとして、認知度、人気ともに高いですね。

テレビコマーシャルでも猫ちゃんたちが先を争うように「ちゅ~る」をもらおうと一生懸命な姿に笑みがこぼれてしまいます。

美味しくてたまらにゃい♪という感想も聞かれますが(笑)食べ過ぎにはくれぐれも注意です。

スティックタイプなので、お皿に移す必要はなく、通院時や外出の時にも、手軽に携帯できて便利です。

ちゅ~るはバリエーションも豊富!

チャオちゅ~るシリーズには、猫ちゃんのライフステージに合わせたものや、いろいろなフレーバーもありますよ。

また、チャオちゅ~るには「下部尿路配慮 とりささみ」のようにミネラル成分が調整されているものもあります。

この他にも「エナジーちゅ~る まぐろ」のように栄養補給ができるものもあります。

食の細い猫ちゃんにも、喜んで食べてもらえそうですね。

ご飯を食べてくれる量がいつもと比べて少ないとき、ドライフードにかけてあげるとカリカリもいっしょに美味しそうに、食べてくれるでしょう。

はごろもフーズ 無一物 かつおけずりぶし

メイン:
かつおのふし
栄養成分:
粗たんぱく質62%以上、粗脂肪4%以上
カロリー:
1袋あたり約92kcal
原産国:
日本
内容量:
30g

無一物ってあまり馴染みのない言葉ですが「『無一物(むいちもつ)』とは何もないこと、何も持っていないことを表す言葉です。」とパッケージにあります。

「何も無い」から転じて何も加えていないことをコンセプトに、国内産かつおのふしのみが使用されており、豊かな香りと味がいきています。

猫ちゃんの小さなお口でも食べやすいように、細かいタイプの削りぶしになっています。

ドライフードのトッピングにしてあげても、喜んで食べてくれるでしょう。

パッケージにはチャックシールが付いているので、開封後に冷蔵庫で保存するときにも便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、おやつを猫ちゃんにあげるときに気をつけるとよいことや、おすすめのおやつをご紹介しました。

猫ちゃんの好みに合わせて、また場合によっては栄養や水分を補給するために、あるいはご褒美として、おやつを上手に活用されるといいですね。

「手からあげるしあわせ」という言葉が表すように、おやつをあげる時間が猫ちゃんとあなたの幸せな時間となりますように。

小さなおやつが、猫ちゃんとの大きな信頼につながっていくことを願っています。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
桜京

桜京

【飼っているペット:ペルシャ (チンチラゴールデンの女の子)】 動物が大好きで、リスやうさぎ、鳥、犬や猫などを飼ってきました。 猫の可愛い写真を撮るのが趣味です。