猫 お尻を舐める

猫が排泄を行うといつもの習慣で股を開いて片足を上げて舌でお尻を舐めます。

猫の世界では当たり前のことですが、これって人間ではありえないですよね。

猫は人間のようにトイレの後に紙で拭いたり水で洗ったりしませんから、排泄直後のお尻には大腸菌などが付着していて、普通に考えたら汚いです。

それにも関わらずどうして猫は自分でお尻を舐めるのでしょうか?

病気になる心配はないのでしょうか?

そこで猫のお尻を舐める仕草について解説します。

ねこ ハテナ

何気に気になってる人‥多いよね?

猫はお尻を舐めるけど‥汚くないの?

猫 お尻を舐める 汚い

お尻を舐めないほうが汚い

とても綺麗好きな生き物である猫は毎日のように毛づくろいを行って体を清潔に保っています。

お尻を舐めるのも毛づくろいの一環です。

ではもし猫がトイレの後にお尻を舐めずにそのまま過ごしたらどうなるのでしょうか?

猫の中にも稀にですが自分でお尻を舐めるのを嫌がる潔癖症(?)がいます。

他に手段がないとはいえ、お尻を舐めたくない気持ち‥分かりますよね(笑)

トイレの後にお尻を舐めないと、おしっこやウンチがお尻についたまま過ごすことになり、かえって不衛生で雑菌が繁殖してしまいます。

臭いも気になります。

ウンチはともかくとして猫のおしっこの臭いは強烈です。

そのままにしておくと体臭がすごいことになりそうです。

綺麗好きな猫がそんな状態を放置するわけがなく、お尻についた排泄物を少しでも早く落とすためにトイレの直後にお尻を舐めると考えられています。

また猫の口内で分泌される唾液には殺菌効果があるため、お尻を舐めても病気になる恐れはありません。

この唾液をつけることで体についた雑菌を殺し体を清潔に保つことができます。

つまり毛づくろいを行うことでシャンプーと同じ効果が得られるのです。

無数の突起で覆われた舌で異物を取り除く

いくら体を清潔に保つためとはいえ、舌についた排泄物をそのまま飲み込んでしまわないかと心配になる飼い主さんもいるでしょう。

しかし、猫の舌は表面がイボイボした無数の突起で覆われています。

猫に体を舐められた経験がある方はお分かりと思いますが、表面がとてもザラザラしています。

このザラザラした舌のおかげで異物をこそげ取り、飲み込むことなくはじき出すことができます。

猫がどうしてこのような舌を持つのかと言うと、狩りをして生活していた遠い祖先が、獲物の肉を骨から効率良くこそげ取るためにこのような舌になったと考えられています。

お尻を舐める行動にはこんな理由もある

猫 お尻を舐める 理由

自分の臭いを調整するため

お尻についた排泄物を放置することは不衛生なだけでなく体臭をきつくしてしまいますが、このことは猫にとってデメリットが大きいので自分の臭いを調整する意味もあります。

体臭がきついと他の猫に自分の存在がすぐに知られてしまいます。

ボス猫のような強い猫はそれでも構いませんが、多くの猫はよその猫に存在を知られることを嫌がります。

喧嘩になって縄張りを失う恐れがありますし、雌猫を巡った争いでも先手を取られる可能性があり不利だからです。

また狩りをしていた時代の本能で、獲物に自分の臭いを察知されないようにしています。

お尻を舐めることでリラックス効果が得られる

毛づくろいは体を清潔に保つ以外にもストレスを解消する目的で行われることがあります。

これは転移行動と言って毛づくろいを行うことで、リラックスして気持ちを落ち着けることができるからです。

確かに排泄を行った後はすっきりするため落ち着く時間には適しています。

猫はトイレの後にお尻を舐めることで気分転換を行っているのかもしれません。

猫 メモ

猫ちゃんが日常で見せる仕草も、調べてみると色々な理由があって面白いニャ☆

まとめ

猫がトイレの後にお尻を舐める仕草は、人間からすると汚く感じてしまいます。

しかし、これは猫の世界では当たり前のことであり、舌で排泄物を落とすことで体を清潔に保っているのです。

逆に、トイレの後にお尻を舐めないほうが不衛生と言えるでしょう。

お尻を舐めても病気になってしまう心配はありませんので、安心して下さいね。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。