まりぃ お気に入りスペース

暑い時期は涼しいところ、寒い時期はあたたかいところを見つけて、くつろぐ猫ちゃん。

猫ちゃんが自分にとって快適なスペースを見つけるのが得意なのは、野生に暮らした祖先から受け継いだ知恵のおかげかもしれませんね。

今回は猫ちゃんのお気に入りスペースについて、レポートしてみたいと思います。

猫ちゃんのお気に入りスペースはどんなところ?

猫ちゃんがよくいる場所は、次のようなところではないでしょうか?

  1. 暗くてせまいところ
  2. 高いところ
  3. やわらかいところ

あなたの猫ちゃんにも当てはまりますか?

季節や時間帯でも、猫ちゃんのいる場所は変わりますね。

2~3か所はあるでしょうか、猫ちゃんのお気に入りのスペース。

好きなときに、くつろげるスペースを渡り歩く猫ちゃんは、やはり自由でいいですね。

猫ちゃんは「暗くてせまいところ」がお気に入り

まりぃ お気に入りスペース ダンボール

暗くてせまいところで思い浮かぶのが、ダンボール。

猫ちゃんはギリギリ入れるところなら、きちんとおさまってしまいますよね。

ときには紙袋の中に入ってしまうこともあります。

それに家具のスキマなど、上手にかくれていることもあります。

友人の飼っている猫ちゃんは、押し入れの中に入ってしまったことがあり、そのときは探すのに苦労したといっていました。

名前を呼びながら家じゅう、探し回ったそうです。

何度目かの呼びかけに、押し入れから顔をのぞかせたそうです。

猫ちゃんの顔をみると、安心して涙がでたといっていました。

当の猫ちゃんには隠れるつもりはなかったかもしれませんが、探すほうになると心配ですよね。

押し入れは、せまい・暗い、猫ちゃん好みの条件を満たしているようですね(笑)

入られては困る場所は、閉めておきましょうね(笑)

コチラの記事では、猫ちゃんとダンボールの関係について詳しくご紹介しています☆

猫ちゃんは「高いところ」もお気に入り

高いところなら、キャットタワーや家具の上など、少し低めなら出窓やテーブル、机の上などでしょうか。

自分の体の数倍の高さまでジャンプできる猫ちゃんにとって、高いところから周りの様子が見渡せるのはストレス解消にもなるでしょう。

しかし身体能力の高い猫ちゃんも、ライフステージによって発揮できる能力にも限りがでてきます。

猫ちゃんにとって、無理なくお気に入りの場所に行けるよう、工夫をしてあげるといいですよね。

猫ちゃんのお気に入りは「やわらかいところ」

まりぃ 毛布 お気に入りスペース-4

やわらかいところなら、カーペットの上やクッション、毛布、フリースなどもあげられますね。

中には洗いたてのタオルの上にのってしまう猫ちゃんもいるようですよ(笑)

うちの猫ちゃんもタオルの上に座っていることがありますが、そのときは、場所をおゆずりいただくことにしています。

なぜなら、そのタオルに被毛がつくことがあり、知らずに使うと顔にもついてしまうからです(汗)

猫ちゃんは好きなものを、好きなときに好きなようにできるのは、人からすればうらやましいですね。

寒い時期は温まれる場所を好みますね。

座っていたお座布団にかわりに猫ちゃんが寝そべっていることもあるでしょう。

わが家の猫ちゃんは飼い主がイスをはなれると、かわりにイスへ。

飼い主のぬくもりを感じてくれていると思うと、かわいくて、猫ちゃんをそのままイスで寝かせてあげています(笑)

家族からも猫かわいがりが過ぎると笑われますが、飼い主は座り心地のよくないイスに(笑)

猫ちゃんのとっておきスペース

お気に入りのスペースの条件は、ほかにも…。

猫ちゃんにとって、お気に入りの人がいる場所ですね。

飼い主さんのそばが猫ちゃんにとって落ち着くことができるスペースでしょう。

いつもご飯をくれる、遊んでくれる、やさしい言葉で話しかけてくれる、そんな飼い主さんを猫ちゃんは自分の母親のように思っているでしょう。

番外編:うちの猫ちゃんのお気に入りスペース

猫ちゃんには、複数か所、お気に入りスペースがあるようだと先にお話しました。

うちの猫ちゃんにも、お気に入りスペースがいくつかありますが、時間帯や季節、猫ちゃんの気分によって変わるようです。

朝寝はケージの中で

猫ちゃんは朝ごはんを食べ終わり口もとをキレイにした後、気づかないうちに飼い主の視界から消えてしまいます。

どこにいるのかと思っていましたが、何のことはない、自分のケージの2階で寝ているところを発見。

飼い主の視線も気にならないほどグッスリ眠っていました。

ケージのある部屋は、午前中は薄暗く、ケージはせまい。

猫ちゃんのお気に入りスペースの条件をクリアしています(笑)

暑い時期は超すずしいところで

まりぃ 毛布 お気に入りスペース

フローリングの床ですが、間仕切りに敷居があります。

そんなかたい敷居をマクラにしてレム睡眠を楽しんでいるようです。

その場所にはエアコンのすずしい風がちょうどおりてくるので、長毛をまとったチンチラちゃんには、快適な場所といえるのかもしれません。

でも気になるのが、敷居のかたさ。

痛くないのかなと思いますが、長時間そうしているところを見ると、猫ちゃんにとっては快適なお気に入りスペースなのかもしれません。

寒い時期はソファで

ソファにおいたフリース素材のクッションにのり、爆睡する猫ちゃんです。

時おり体をピクピクさせて夢をみている時間もあるようです。

やはり寒い時期は体が温まる場所にいますね。

くつろぎすぎ?と思えるほど、好きなようにくつろぐ猫ちゃんの姿は、幸せな気持ちにさせてくれます。

まとめ

いかがでしたか?

猫ちゃんにとって、落ち着いてくつろげる場所が何よりのお気に入りスペースといえますね。

人も気持ちを休めることは心身の健康にもつながります。

猫ちゃんも同じことがいえるでしょう。

猫ちゃんが喜びそうなものがないお部屋でも、ちょっとした工夫で、猫ちゃんのお気に入りスペースを作ってあげることはできそうですよ。

それに飼い主さんの予想以上に、猫ちゃんは、自分の好きなようにお気に入りスペースを見つけてくれるかもしれません。

猫ちゃんのお気に入りスペースがいつも安全であるように、これからも気をくばってあげてくださいね。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
桜京

桜京

【飼っているペット:ペルシャ (チンチラゴールデンの女の子)】 動物が大好きで、リスやうさぎ、鳥、犬や猫などを飼ってきました。 猫の可愛い写真を撮るのが趣味です。