寄り添う猫

猫を飼っているとあまり気づきにくいですが、実は猫の匂いが気になる人は多いんです。

部屋の匂いって自分では気にならなくても、人を招いたときに指摘されることもありますよね。
とくにペットを飼われていない方はペット臭に敏感かもしれません。

私自身、猫の体臭はあまり気になりませんが、猫のトイレや食事の匂いなどは気になることもあります。
もし、猫の匂いが気になるようでしたら「匂い対策」をしてみてはいかがでしょうか。
ちゃんと対策すれば猫の匂いも気にならなくなるはずですよ。

そこで今回は、猫の匂いの原因と対策について解説します。

ねこ しまった・・

オレっちってクサイの‥?
匂いが気になる人はぜひ対策を!!

猫の匂いの原因はなに?

ねこ 顔隠す

匂い対策の方法を紹介する前に、まずは猫の匂いの元について解説しますね。
元を断たなければ匂い問題は解決しないのです。

猫の匂いは、主に5つの原因があるとされています。

猫の体臭

毛づくろいする猫

猫は自分で毛づくろいをしますから、体臭が気になることはあまりありません。
むしろ日向ぼっこした後の猫はいい匂いがして、私はついつい首筋あたりに鼻を押し付けて匂いを嗅いでしまいます(笑)

しかし、体調が悪く毛づくろいをあまり出来ない場合には、体臭が気になることもあるかもしれませんね。

また外に出る猫の場合は足に泥をつけたり、雨に濡れて帰って来ることもあるでしょう。
そんなときには、ペット用ウェットティッシュやシャンプーで飼い主さんがケアしてあげてください。

ねこ ポカポカ

日向ぼっこの後の猫はお日様のいい匂いがするニャ☆

食事の匂い

ねこ えさを食べる

キャットフードってすごい匂いがすることがあります。
ドライフードは鼻を近づけなければ気になりませんが、ウェットフードは香りが広がるので気になります。

湿度の高い夏場、暖房のために部屋を閉め切った真冬はフードの匂いが部屋中に充満してしまいます。
そこでご飯をあげたら、食べ残しをそのままにせず片付けるように心がけましょう。

猫の肥満予防のためにもフードの出しっぱなしはよくありません。
ウェットフードは風味も落ちてしまいますから、食べないときはお皿にラップをしておきます。

ねこ いただきます2

キャットフードは、猫の食欲をかきたてるために匂いが強めに作られているニャ~♡

トイレ

トイレで踏ん張る猫

猫の匂いで一番気になるのはトイレの臭いです。
人間だって臭うんですから、猫のトイレが臭うのは当たり前、しかも猫のトイレがあるのはたいてい部屋の中です。

とはいえ、最近の猫砂は消臭力が高いものが多く昔よりも快適になりました。
それでも排泄の直後、特にうんちの後は臭いが部屋に広がることがあります。

猫の排泄物をそのままにせずトイレ掃除は小まめに行いましょう。

ねこ 掃除

掃除したウンチ君も、消臭効果のある袋などに密閉して捨てるのがおすすめニャ☆

スプレー

ねこ おもらし

猫は自分の縄張りを主張するためにスプレーと呼ばれるマーキング行為をすることがあります。
去勢していないオス猫に多く見られますがメス猫がすることもあります。

全ての猫がするわけではありませんが、スプレーをする猫は毎日のようにおしっこをかけるため一番悩ましい問題です。
とはいえ、去勢不妊手術をしていればだいたい解決します。
だいたいと言ったのは手術を行ったからといって完全になくなるとは限らないからです。

私で飼っているメス猫は不妊手術をしていますが、たまに布団におしっこをかけることがあります。
私のではなく家族の布団ですが(笑)。

これは同居している他の猫に対して「私の場所よ」と主張したいのか、不妊手術したことで赤ちゃんの状態に帰ってしまったのか‥理由はよく分かりません。

猫のおしっこは強烈な臭いがします。
布団やクッションなどにスプレーをした場合は出来るだけ早く洗濯しましょう。

食べ戻しや嘔吐

猫は体調が悪くなくても、飲み込んだ毛玉を吐き出すために嘔吐することがあります。
猫が嘔吐したあとの匂いも気になりますので、すぐに片付けて床を掃除してください。

猫の匂い対策

ねこ のぞく

それではいよいよ猫の匂い対策の仕方を紹介します。
どれもすぐにできる方法なので、匂いが気になる方はぜひ試してみて下さいね。

1.部屋の換気を行う

換気

手間もコストもかからない一番の匂い対策は部屋の換気です。

トイレや食事の匂いは、そのつど部屋を換気すれば匂いが残ることはありません。

梅雨の季節は湿気が溜まりやすく、猫砂の固まりも悪くなるため小まめな換気が必要です。
冬は寒く感じるかもしれませんが、換気を行うだけでかなり違います。

ねこ 貯金

お部屋の換気が一番リーズナブルな匂い対策ニャ☆
猫ちゃんが窓から脱走しないように注意してね!!

2.消臭芳香剤を使う

一番気になるのがトイレの匂いです。
猫砂にも消臭効果はありますがそれだけでは不十分です。

猫のトイレのそばには、置き型タイプの消臭芳香剤を使いましょう。
あるのとないのとでは臭いの拡散度合いが違います。

詰め替え用を利用すれば費用も抑えられ、安価で消臭対策ができます。

3.布用消臭スプレーを使う

猫が使っているベットやキャットタワーについた匂いは、時間が経つと意外と気になります。
洗濯できないものもありますから、布用消臭スプレーを活用しましょう。

最近の消臭スプレーは「99%除菌・消臭」など機能も高く即効性もあります。
猫が舐めても安全な成分を使っているので安心です。
猫は自分の匂いにこだわりますから、香りが残らないタイプの消臭スプレーを使いましょう。

ねこ ごめんなさい

猫ちゃんに直接スプレーするのは絶対やめてニャ~!

4.空気清浄機を使う

部屋の嫌なにおいを自動的に消臭してくれる空気清浄機はとっても便利です。
最近ではペット用の小型タイプのものも売られています。

猫のトイレがある部屋に1台設置して常時稼動させておきましょう。

ついでに、空気中を漂うハウスダストやPM2.5なども除去してくれるので猫の健康にも良く一石二鳥です。

5.システムトイレを使う

ホコリを巻き上げるような砂の場合は、どうしても臭いが気になります。
従来型のトイレは、その都度砂を掻いて掃除が必要がありどうしても砂を舞い上げてしまいます。

トイレの匂いが気になる場合は、システムトイレに変えてみるのもおすすめです。

猫砂の交換は1~2ヶ月に1回で良く、おしっこは固まらずスノコを通して下のシートに吸収されます。
掃除はうんちをしたときだけで良いため圧倒的に楽です。

ただしシートをずっと交換しないでいるとアンモニア臭が部屋に広がってしまいます、シートの交換は忘れないようにして下さいね。

ねこ ドヤ顔

トイレ掃除も楽ちんになるから飼い主さんの負担も減らせるニャ☆

まとめ

自分の家の匂いはなかなか気づかないものですが、来客があった時のためにも猫の匂い対策はしておいた方がいいでしょう。
猫のマーキング行為などはすぐに対策をするのは難しいかもしれませんが、猫のおしっこの臭いは強烈なので布団やクッションにスプレーをされた場合は出来るだけ早く洗濯するように注意してくださいね。

まずは、経済的にも負担がでない「こまめな換気・掃除」から始めてみるのがオススメです。

部屋を清潔に保ち、匂い対策を行うことで猫も飼い主さんも住み心地の良い環境になりますよ。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。