猫舌 由来

熱いものが苦手な人が「猫舌なので」と言うのを聞くことがあります。
「猫舌」ってどうして「猫」がつくのでしょうか?
不思議ですよね。

猫ちゃんは熱いものが苦手だから、猫舌という言葉が生まれたのでしょうか?
それに熱いものが苦手なのは猫ちゃんだけなのかも知りたいですね。

今回は猫ちゃんは熱いものが本当に苦手か、そして猫舌の言葉の由来もご紹介します。

ねこ ハテナ

どうして熱い物が苦手な人のことを「猫舌」っていうのかニャ?
猫ちゃんの舌のヒミツをヒントに言葉の由来を探ってみるニャ―♪

猫は本当に熱いものが苦手!?

猫 熱いもの苦手

さすがに猫舌という言葉があるくらいなので、猫ちゃんは熱いものは苦手と考えて差し支えないかもしれませんね。
まず、猫ちゃんの舌について見ていきましょう。

猫の舌のヒミツ

猫ちゃんの舌の表面には、舌乳頭と呼ばれる突起があります。
ここに「味蕾(みらい)」と呼ばれる味を感じる細胞が集中しています。
蕾(つぼみ)という漢字が使われているように、味蕾は花の蕾のような形をしています。

味蕾という細胞は熱いものにも敏感に反応するため、猫ちゃんは熱いものを受けつけることができません。
味蕾は味だけでなく熱さのセンサーの役割もしているのですね。

猫ちゃんの味蕾の数は1,000以下と言われています。
人の味蕾の数は約1万、ワンちゃんの味蕾の数は約2,000あることが研究の結果わかっています。
猫ちゃんの味蕾の数は人やワンちゃんと比較すると少ないのですね。

猫ちゃんがワンちゃんよりもグルメ?と言われることがありますが、この味蕾の数だけを見ると、もしかするとその限りではないのかもしれません。
本人たちにインタビューしていないので真相は闇の中です(笑)

猫が特に敏感なのは酸味と苦味

味覚は甘味・うま味・酸味・塩味・苦味の5つが基本味と呼ばれています。
これらのうち猫ちゃんは酸味と苦味を敏感に感じ取るようです。
なぜなら酸味は腐敗している目印であり、苦味は体に悪いものを含んでいる目印になるからです。

あなたもご存知のように猫ちゃんは肉食で嗅覚も優れていますね。
猫ちゃんはニオイで肉が腐敗していないか確かめ、味覚の面では腐敗した肉を食べないよう酸味と、アミノ酸が腐敗して生じる苦味に特に反応するようになったと言われています。

ここで1つ興味深いことがあります。
それは近年の研究によって判明したことですが、猫ちゃんには甘味を感じる受容体において遺伝子が一部欠損しているため、甘味を感じることがないということです。

♪ちょこっと情報♪

猫ちゃんの舌にはどんな役割があるのかな?

猫ちゃんの舌は味覚を感じるだけでなく熱も感じますね。
それ以外で、まだ大切な役割があります。

  1. 食事・水を飲むときのスプーン代わり。
  2. 毛繕いのときブラシ代わり。
  3. 体温調節→被毛を舐めて唾液の気化熱で体温を下げる。
  4. 感情表現→被毛を舐めるという行動で猫ちゃんは様々な感情を表現する。
ねこ ドヤ顔

猫ちゃんの舌は、多機能で大切な役割を担っているニャ☆

熱いものが苦手なのは猫だけじゃない!

猫舌 猫だけじゃない

猫ちゃんだけでしょうか?熱い物が苦手なのは。
実は熱いものが苦手なのは、猫ちゃんだけではありません。
ここでは猫舌の人は対象外ですよ(笑)

犬や鳥を含めて地球上の生きとし生けるもので、熱いものを食べることができるのは、恐らく人間以外は存在しないと言われています。
自然界にふぅふぅ息を吹きかけるほど熱いものは存在しないでしょう。

焼いたり煮たり加熱調理をして食べるのは人間だけですよね(笑)
動物はそんなことはしません。
真実を確認することはできませんが、猫ちゃん以外の動物も皆、猫舌の確率が非常に高いでしょう。

また猫ちゃんも含めて動物は五感が発達しているので、熱さにも即座に敏感に反応するのかもしれませんね。

ねこ いただきます

人間以外の生き物は、加熱調理の必要がないから熱い物を口にする機会がないニャ!
だから、熱に対しての耐性がないって言われているよ☆

猫舌の由来とは?

猫舌 由来

猫舌という言葉になぜ「猫」の文字が入るのか、疑問に思われたことはありませんか?
まるで猫ちゃんだけが熱いものが苦手みたいな印象を与えていますよね。
「犬舌」「鳥舌」ではいけなかったのでしょうか?

それには理由があるようですよ。
犬などの動物に先んじて人々の生活に寄り添うように身近に暮らしていたのが「猫」だったと言われています。
日々の生活から、猫はできたての熱いものが苦手なことを昔の人は知っていたのでしょう。

猫舌という言葉に「猫」が使われるようになったのは、やはり猫の存在が人々にとって、より身近だったからと言われています。

ねこ ポイント

もし、ワンコの方が昔の人にとって一番身近な動物だったら「犬舌」になっていた可能性もあるニャ☆

まとめ

いかがでしたか?
今回は猫ちゃんが本当に熱いものが苦手なのか、舌にある味蕾(みらい)の働きのこともご紹介しました。
そして猫ちゃんをはじめ地球上の生き物の中で、熱いものを食べられるのは人間だけなのですね。

「猫舌」の由来についても他に説があるかもしれませんが、昔の人々の身近にいた存在が猫ちゃんだったから「猫」という文字を使って「猫舌」の言葉が生まれたという説をご紹介しました。

ふだん常温のキャットフードを与えている飼い主さんにとっては、猫ちゃんが猫舌なのかを知る機会はほぼないかと思います。
かく言う我が家の猫ちゃんもキャットフードかりかり派なので本当に猫舌かどうかを知る機会がありません(笑)

ここまでお伝えしたように猫舌については調べるほどに興味深いことがわかりました。
さまざまな知識を通して、猫ちゃんのことをさらに理解してあげられるといいですね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。