猫 涙やけ 原因 対処法

涙を流している猫を見て気になるのが涙やけです。
涙の成分によって毛の色が黒や茶褐色に変色する症状で、特に白い毛をした猫の場合は気になります。
目の周りの毛が涙で変色したからといって見た目以外の悪影響は特にありませんが、問題は涙が出続けることにあります。
涙を流し続けることで引き起こされる涙やけの影には目の病気や怪我が潜んでいる可能性があるからです。

そこで涙やけの原因と対処法について解説します。

ねこ ハテナ

白い猫ちゃんは、とくに涙やけが気になっちゃうよね‥。
効果的な対処法はないかニャー?

涙やけの3つの原因

猫 涙やけ 原因

1.体質によるもの

猫の涙は人間と同じように涙腺から分泌されますが、涙を流すことで角膜に潤いを与えたりゴミやウイルスなどの異物を排出する役割を担っています。
このため体質的にちょっとしたことが刺激になって涙を流す猫もいます。
目の周りが敏感でちょっとした異物にも反応して涙を流す猫もいます。
人間でも涙腺が弱い人がいますが猫も同じですね。

普通の猫よりも涙を流すことが多いというだけで、生理的なものなので心配は要りません。

2.目の病気

毎日のように涙を流している場合は何らかの目の病気を発症している可能性があります。
多いのが結膜炎角膜炎眼瞼炎などで、目に炎症が発生することで涙の量が多くなり結果として涙やけを引き起こします。

他に考えられる病気としては「流涙症」があります。
これはいわゆる涙目であり、涙腺から分泌される涙の量が多くなることで、常に目頭が蒸れている状態にあり、あふれた涙が流されることで涙やけが発生します。
流涙症が引き起こされる原因としては、煙などの刺激が考えられます。

3.目の怪我

目にゴミなどの異物が入って眼球や角膜に傷がついたり、目の周囲を怪我することで涙の量が増えることがあります。

目を怪我する原因で多いのが猫同士の喧嘩です。
動物の世界で喧嘩は相手にお尻を見せて下がったほうが負けです。
そのため喧嘩に負けないように精一杯強く見せようとして相手を睨んで正対するため、取っ組み合いになったときに目を怪我することが多いのです。

見た目では異常がなくても、涙を拭いても拭いてもまた出てくる、目をよく擦る(涙が気になるから自分で拭こうとしている)場合は、眼球や角膜が傷ついている可能性があるので動物病院を受診しましょう。

ねこ ポイント

この記事では猫ちゃんのケンカのルールについて詳しく紹介しているニャ!
【猫の喧嘩にはルールがある!?どうなったら勝ち?喧嘩の理由もまとめてみた】

涙やけの対処法

こまめに拭いてあげる

猫 涙やけ ケア

涙やけはティッシュやウェットティッシュ、固く絞ったタオルなどで目の周りを小まめに拭いてあげることで予防することができます。
猫は濡れるのを嫌がりますが、綺麗に拭き取るならウェットティッシュがおすすめです。
ただし必ずペット用のものを、刺激が少ないノンアルコールで目の周りにも使えることを確認してください。

小まめなケアが必要ですが、あまりにも神経質になるのもよくありません。
涙が気になるばかりに目の周りをゴシゴシ拭いてしまうと、かえって被毛にダメージを与えてしまいます。

ウェットティッシュや指が目に入らないように優しく拭くことも大切です。
涙を拭くためにかえって目を刺激してしまっては、さらに涙の量が増えてしまい本末転倒になってしまいます。

動物病院で診てもらう

猫 病院

涙やけを防ぐことも大切ですがそれ以上に目のケアが大切です。
涙をいくら拭いても涙の量が多い原因が解決されないと、同じことの繰り返しになるからです。

小さな怪我の場合は細菌などが入らないように目の周りを清潔にし、病気が疑われる場合は素人判断で安易な治療はかえって症状を悪化させるため、早めに動物病院を受診しましょう。
涙の多い原因を特定して適切な治療を行うことで涙やけの予防にも繋がります。

サプリメント

猫用 サプリメント

ペット用のサプリメントは種類がとても豊富で、涙やけ対策のサプリもあります。
猫にサプリ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、愛猫の健康管理のためにサプリを取り入れている飼い主さんも多いのです。
きちんと成分や効果などを確認して、愛猫に合ったサプリを試してみて下さいね。

おすすめのサプリは【kokona-ここな-】

kokona-ここな-は、愛猫の腸内環境のバランスを整えるために作られたサプリです。
腸内バランスの乱れは体に様々な悪影響を及ぼします。
腸内環境を整えることで涙やけも改善が期待できるんですね。

他にも、便秘・軟便、毛のツヤ、肥満など、愛猫のカラダのお悩みを解消できるかもしれません。

kokona-ここな-は品質の安全性も徹底していますし、口コミの評価もとても高くておすすめです。
お得なキャンペーンも実施していますので良かったら一度試してみて下さいね!

【kokona-ここな-】公式サイトで詳細をチェック☆

涙やけを起こしやすい猫種

涙やけしやすい猫種

涙やけの原因の一つである流涙症は、涙を鼻の奥のほうへと押し出す器官が狭かったり詰まっている猫に起きやすいとされています。
ヒマラヤン、ペルシャ、エキゾチックショートヘアといった鼻が低い猫は、涙が目の周囲に溜まりやすいため涙やけを引き起こしやすいと言われています。

まとめ

涙やけは涙の成分によって毛の色が黒や茶褐色に変色する症状です。
涙やけの原因は涙の量と流す頻度が多いことであり、生まれつきの体質によるもの、結膜炎や角膜炎などの目の炎症、いわゆる涙目である流涙症という病気の可能性があります。
ほかにもゴミなどの異物が入って眼球や角膜が傷ついたり、猫同士の喧嘩で目の周りを怪我することで涙の量が多くなり涙やけになることがあります。
涙やけへの対処法としては、ウェットティッシュや固く絞ったタオルなどで目の周りを小まめに優しく拭いてあげることで予防できます。
とはいえ涙の量と涙を流す頻度が多い原因を特定して解消しないと根本的な解決にはなりません。
小さな怪我であれば細菌が入らないように目の周りを清潔にし、病気が疑われる場合は動物病院を受診しましょう。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。