猫 牛乳

猫ちゃんに牛乳をあげることは、これまでごく普通のこととされてきました。

しかし最近は猫ちゃんに牛乳をあげても大丈夫か、疑問を投げかける声が聞かれるようになりました。

今回は猫ちゃんに牛乳をあげない方が良いのか、その理由などもお伝えします。

ねこ ハテナ

映画や漫画とかでは、猫ちゃんに牛乳を与えているのをよく見かけるニャ‥。
どうして猫ちゃんに牛乳を与えちゃいけないのかな?

なぜ猫に牛乳を与えてはいけないの?

猫 牛乳 与えていけない理由

あなたもご存知のように、牛乳には「乳糖」が含まれています。

この乳糖を分解するには「ラクターゼ」という酵素が必要ですが、ラクターゼが少ないと当然、乳糖の分解がうまくできません。

そうすると、牛乳を飲んでお腹をこわしてしまうことになりますね。

いわゆる「乳糖不耐症」ですが、一度は耳にされたことがある言葉ではないでしょうか?

人も猫ちゃんも乳糖をうまく分解できなければ、消化不良や下痢を起こしてしまいます。

猫ちゃんによっては、ほんの少量の牛乳で下痢を起こしてしまう子がいますが、たくさん飲んでもケロッとしている子もいます。

このような個体差があるのも不思議ですが、猫ちゃんに牛乳をあげて下痢など起こすなら、かえって脱水症状を起こすことにもつながりかねないので避けたほうが無難でしょう。

牛乳をあげるメリットとデメリットは?

猫に牛乳を与えるメリット

猫 牛乳 メリット

栄養豊富な牛乳ですが、猫ちゃんに牛乳を与えるメリットはどんなことでしょうか?

  • 食の細い子にとって栄養補給ができる
  • お水を飲むのが少ない子にとっては水分補給ができる
  • 牛乳が好きな子にとっては牛乳がひとつの楽しみになる

猫に牛乳を与えるデメリット

猫 牛乳 デメリット

ではデメリットはどんなことがあげられるでしょうか?

  • 下痢をすることがある
  • 栄養豊富なのでたくさん牛乳を飲むと肥満につながることがある
  • 水分補給のために牛乳をあげていると、お水を飲まなくなり牛乳しか飲まなくなることがある
  • 牛乳に含まれるシュウ酸カルシウムにより、牛乳をたくさん飲むと結石ができる可能性がある
  • 猫ちゃんの食事を牛乳だけにすると栄養の偏りから発育不良や栄養失調に陥る場合がある
  • シニア期の猫ちゃんの場合は、牛乳に含まれるナトリウムイオンが心臓に負担をかけてしまうことがある
ねこ ポイント

猫ちゃんに牛乳を与えると、栄養と水分補給ができるというメリットがある反面、お腹をこわしたり肥満というデメリットがあるニャ!

どちらかと言えば、猫ちゃんに牛乳をあげることはデメリットの方が多いことがおわかりいただけるでしょう。

牛乳だけを食事として与えるのではなく、総合栄養食と表記のあるキャットフードも与えられるなら、発育不良や栄養失調の面はクリアできるかもしれません。

牛乳によって下痢をする子がいますが、乳糖に弱いのではなくひょっとすると乳製品アレルギーによる下痢かもしれません。

場合によっては獣医さんに診ていただかれてもよいかもしれませんね。

子猫には「猫用ミルク」を与えよう!

子猫 猫用ミルク

子猫を保護した場合、牛乳をあげればいいと思い込んでしまっていませんか?

子猫が牛乳を飲んで、乳糖がうまく分解できなければ下痢になってしまう可能性があります。

体力も弱い子猫にとって下痢などの症状が悪化すれば脱水症状を起こし命に関わるリスクがあります。

そのようなリスクを避けるために子猫には必ず「猫用ミルク」を与えましょう。

乳糖がカットされ、しかも猫ちゃんに必要な栄養がプラスされているミルクもあります。

猫用ミルクなら下痢などにならずに栄養と水分の補給が可能ですよ。

赤ちゃん猫には猫用の粉ミルクも市販されているので、必要に応じて与えてあげるといいですね。

子猫からシニア期の猫ちゃんまで、お腹をこわす心配のない「猫用ミルク」をおすすめします。

猫用ミルクはスーパーやドラッグストア、ペットショップなどで手軽に購入できるでしょう。

牛乳を飲ませたい時のひと工夫!

猫 牛乳 工夫

猫ちゃんには絶対に牛乳を与えない方が良いのかといえば、必ずしもそういうわけではありません。

猫ちゃんが食欲不振なら、牛乳で栄養と水分を一緒に補給させたいと思われることもあるでしょう。

しかし猫ちゃんに牛乳をあげるなら知っておきたい注意点があります。

それはどのようなことでしょうか?

またどんな工夫をすれば、牛乳は猫ちゃんの体にやさしいものとなるでしょうか?

牛乳の温度

冷蔵庫でキーンと冷えた牛乳をそのまま猫ちゃんにあげると、消化が良くありません。

冷えたままではなく、室温程度になった牛乳を飲ませてあげるといいですね。

冷たくない方が良いと言っても温めた牛乳をあげると、猫ちゃんの胃壁が牛乳の膜におおわれてしまうので、室温と同じくらいが無難でしょう。

猫用のミルク

乳糖でお腹をこわしてしまう猫ちゃんのためのミルクで、乳糖がカットされています。

全てのステージの猫ちゃんにあげることができますし、乳糖に弱い子にも安心してあげることができるでしょう。

牛乳は栄養が豊富なので、総合栄養食のドライフードやウェットフードを食べている猫ちゃんにとっては、欲しがるままに牛乳をあげていると、肥満につながる懸念があります。

キャットフードを食べる量が少ないなどの場合には、総合栄養食との量や栄養のバランスを考えて、上手に牛乳をメニューに組み込んであげるといいですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は猫ちゃんに牛乳をあげないほうが良いのか、あげるならどんなことに注意すればよいかをお話させていただきました。

美味しい牛乳ですが、猫ちゃんに与える量やほかのご飯との栄養バランスが大切ですね。

特に牛乳が好きな猫ちゃんには、満足感を与えつつ栄養過多とならない工夫もしてあげてくださいね。

牛乳が苦手な猫ちゃんにも猫用ミルクという選択肢もあります。

食欲不振などの時に栄養と水分の補給ができるので良いかもしれませんね。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。