猫 くしゃみ 病気

人間と同じように猫もくしゃみをします。
口呼吸も行う人間と違って、基本的に鼻呼吸しかしない猫は鼻に入った異物に対して敏感です。
呼吸がスムーズにできなくなるからです。
そのため異物を吹き飛ばすためのくしゃみを一日に数回程度行う場合がありますが、これは正常なくしゃみです。

とは言ってもくしゃみがずっと続いている場合は病気の可能性があります。
そこで猫のくしゃみと病気の関係について解説します。

ねこ 風邪ひき2

正常なくしゃみと危険なくしゃみの見分け方を知ろう!

正常なくしゃみと異常なくしゃみの見分け方

猫 くしゃみ 見分け方

同じくしゃみでも正常なくしゃみ異常なくしゃみがあります。
ではどこをチェックして見分けたら良いのでしょうか?

まず、連続してくしゃみをしているかどうかチェックします。
と言っても人間もそうですが鼻がむずがゆくなって数回くしゃみが続くことくらいはたまにあります。
「これはおかしい」と判断するのは5回以上のくしゃみを何度もする場合です。
異物を吹き飛ばすだけであればせいぜい3.4回で十分だからです。

次にチェックすべきは日数です。
突発的に行ったくしゃみなのか、何日も続いているかどうかは病気であるか判断するために重要です。

そして鼻水が伴うかどうかもポイントです。
風邪や花粉症の場合は鼻水が伴うくしゃみをすることが普通だからです。

他にも、目が赤くなっていないか目ヤニは出ていないかもチェックしましょう。

猫 メモ

何度も連続して出るくしゃみは注意が必要ニャ!
鼻水や目やになども合わせてチェックしよう!

猫がくしゃみをした時に考えられる病気は?

猫 くしゃみ 病気

一番考えられるのは猫風邪

異常なくしゃみが続く場合に最も考えられる原因は猫風邪です。
そういう病名があるわけではありませんが、ウイルスや細菌によって引き起こされる症状を総じて猫風邪と呼ばれています。
猫も人間と同じように風邪をひき、鼻水や発熱などの症状が現れます。
猫風邪には大きく分けて以下の3種類があります。

  1. 猫ウイルス性鼻気管炎
  2. 猫カリシウイルス感染症
  3. 猫クラミジア症

猫風邪はくしゃみの他にも鼻水、咳、発熱、食欲不振などさまざまな症状が伴うため、なかなか区別が難しいのが特徴です。
重い病気ではありませんが体力のない子猫や老猫の場合は、猫風邪によって免疫力が低下して他の病気を併発することがあるため要注意です。

多くは早めの治療で回復します。
異常なくしゃみがあり鼻水、咳、発熱などの症状が見られる場合は念のため動物病院を受診しまょう。

アレルギーの可能性

くしゃみが続く場合はアレルギー疾患の可能性があります。
原因として多いのが花粉やホコリなどの細かな異物です。

猫も人間と同じように花粉症になることがあります。
スギ花粉やヒノキ花粉が飛び交う春先に急にくしゃみが多くなったと感じたら、花粉症を疑ってください。

花粉症は正式には季節性アレルギー性鼻炎と呼びます。
1年を通して症状が続く場合は通年性アレルギー性鼻炎の可能性があります。
ホコリやハウスダストを吸い込むことで発症する通年性アレルギー性鼻炎が、アレルゲンと1年中接触するため季節を問わず症状が現れます。

アレルギー疾患は免疫反応の異常によって引き起こされます。
花粉やホコリなどのアレルゲンを排除したり、接触しないようにすることも必要ですが、免疫力を高めることでアレルギー疾患の予防を心がけましょう。

その他にもこんな病気が原因の場合も‥

猫 くしゃみ 病気

副鼻腔炎

鼻の奥にある粘膜が何らかの原因で炎症を引き起こすことで発症する病気です。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりを頻発するほか、炎症によって「鼻筋が盛り上がって見える」のが特徴です。

クリプトコッカス症

原因は鳩の糞に含まれているクリプトコッカスウイルスです。
室内飼いの猫が感染することはありませんが、外に出ている猫で家の周囲に鳩が来るような場合は感染する可能性があります。
くしゃみのほか濃い鼻水が続き、時には鼻から出血することがあります。
食欲低下やいびきなどの症状が現れることがあります。

猫エイズウイルス感染症

猫のウイルス感染症の中でも最も厄介であり危険であるのが猫エイズウイルス感染症です。
ウイルスが陽性の猫と交尾や喧嘩などで体液と接触することで感染します。

血液だけでなく唾液でも感染するため、外飼いの猫にとって最も脅威となる病気の一つです。
感染してウイルスが陽性でもすぐに発症することは稀で、その多くは5~10年という長い潜伏期間があります。
そのため中には一生発症しない猫もいます。

しかし、発症するとくしゃみや鼻水口内炎やよだれ下痢や嘔吐が続きます。予防するためには外に出さず完全室内飼いをするのが一番です。

ねこ 風邪ひき

猫ちゃんの様子がおかしいなと感じたら、早めに動物病院で相談するのが安心ニャ!

まとめ

猫のくしゃみは鼻に入った異物を吹き飛ばすことを目的とした正常なくしゃみと、アレルギーや病気を原因とした異常なくしゃみがあります。
正常なくしゃみと異常なくしゃみを見分けるときにチェックするポイントは、回数と日数、鼻水を伴うかどうかです。
5回以上続くくしゃみが何度もあり何日も続き、鼻水を伴う場合は要注意です。
異常なくしゃみの原因としてまず考えられるのは猫風邪と、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎などのアレルギーです。

そのほかにも副鼻腔炎、クリプトコッカス症、猫エイズウイルス感染症などの病気の可能性があります。
おかしいと思ったら早めに動物病院を受診しましょう。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。