猫草

猫を飼っている人にはなじみがあると思いますが、「猫草」と呼ばれているモノはどんな植物なのでしょうか?
この記事では、猫が草を食べる理由や食べさせてはいけない植物についてまとめてみました。

自宅で猫草を栽培する方法もお伝えしたいと思います。
参考にしていただけたら嬉しいです。

ねこ ハテナ

猫草ってどんな植物なのかニャ?
今回は、猫草について調べてみたよ☆

猫草とは?

猫草
出典:bokukonekohahaneko

猫が好んで食べる草のことを総称して「猫草」と呼んでいます。
特定の草をさしているわけではなかったのですね(笑)

たとえば「燕麦(えんばく)」「エノコログサ」があります。

燕麦

燕麦

オートミールなどの原料に使われていることでも知られています。
ホームセンターのペットコーナーなどで売られているのは、燕麦が多いようです。

エノコログサ

エノコログサ

猫じゃらしとも呼びます。
道端などによく生えているので、目にしたことがある方も多いと思います。

余談ですが‥ヒゲとか言って子どものころ遊んだりしませんでしたか?(笑)
燕麦もエノコログサも、イネ科に属していて猫が食べても無害なものです。

ねこ ポイント

ホームセンターでよく売っている緑の細長い猫草は、燕麦という植物なんだね。
ネコじゃらしは、食べてヨシ!遊んでヨシ!の便利な植物だニャ☆

なぜ猫は草を食べるのか

猫草

猫は肉食なのに、どうして草を食べるのでしょうか?
食べると美味しいのかな?

いろいろな理由があげられますが、たとえば次のように考えられています。
どれも推測のもとでたてられた仮説ですが、参考までに紹介しますね。

1.排出

毛づくろいする猫

毛づくろいによって飲み込んでしまった毛はお腹の中で毛玉になってしまいます。
草を食べると胃が刺激され毛玉を吐き出すことができると考えられています。

2.ビタミンの補給

ビタミン

草に含まれている葉酸というビタミンを補給しているのだと言われています。
葉酸は赤血球を作るのに大切な栄養素ですね。
一般に日ごろキャットフードを食べている猫にとっては、葉酸の欠乏は考えにくいことから信ぴょう性に欠けると言えそうです。

3.ストレスの解消

ストレス解消の猫

猫は、草を食べるときクチャクチャと何度も噛んでいることから、歯ざわりを楽しんでいるのではないかと考えられています。
噛むことで猫はストレスを発散させているのかもしれませんね。

4.便秘の予防

トイレで踏ん張る猫

猫は便秘になりやすい傾向があります。
猫草は食物繊維があり、食べることで飲み込んだ毛玉の排泄を促す働きがあります。
猫は本能でこれを知っているのかもしれませんね。

猫 メモ

猫ちゃんは便秘になりやすいから注意☆
猫草を好まない猫ちゃんは、フードで工夫してあげるのがおすすめニャ!

猫草を食べる理由について4つ紹介しました。
猫草を食べて毛玉を吐き出す猫がいる一方で、猫草を食べなくても毛玉を吐き出す猫もいます。
猫草を食べない、毛玉についても気になるようであれば、毛玉ケアのできるキャットフードもあるので試してみてもいいかもしれませんね。

食べさせてはいけない植物の種類

猫草

猫にとって毒になる有害な植物は、700種類以上あるそうです。
たくさんあり過ぎて全部を覚えることは到底できませんから、身近にある有害なものから見ておきましょう。

観葉植物をインテリアや空気清浄の目的で室内におくことがありますが、中には猫にとって有害なものもあるので注意が必要です。
次にあげるのは一例です。

観葉植物

観葉植物

  • アイビー
  • アグラオネマ
  • セローム
  • ドラセナ
  • フィドルリーフ
  • ポインセチア
  • ポトス
  • ベンジャミン
  • スパティフィラム
  • ヒメカズラ
  • カラジウム
  • ディフェンバキア など

オリヅルランは毒性がないので安全と言われていますが、中毒症状を起こす猫もいることから注意するほうがよいでしょう。
こうして見ると知っている名前の植物がありますね。

ねこ がんばれ

おうちに観葉植物やお花を飾っている人は、猫ちゃんにとって危険な植物じゃないかをもう一度確認しておこう!!

多肉植物

多肉植物

アロエ科のものやサボテンの仲間には有害なものがあります。
仮に毒がなくても、表面にトゲがある種類のものは猫にとって危険ですね。

その他の有害な植物

ユリ アジサイ ポピー

  • ユリ
  • アジサイ
  • ポピー

これらは特に毒性が強いとされています。
それらの花が入っている花びんの水を舐めただけで、中毒症状が起きた猫もいるようですよ。

ここまで有毒で有害な植物の代表的なものを例としてあげてきましたが、実際にはもっと多く存在します。
身の回りの植物について調べてみると意外なことがわかるかもしれません。

可愛い猫が、人間の不注意から植物により中毒症状を起こしてしまわないように、観葉植物や花を置くときは必ず「毒がないか」「有害な植物ではないか」を確認してからにしましょう。

ねこ ビックリ

猫ちゃんに有害な植物ってこんなにあるのー!?
これでもほんの一例だから、おうちに植物をかざる時は十分に注意してね。

猫草を自宅で栽培しよう

ねこ

猫が好んで食べるなら、自宅で栽培して猫に食べてもらいましょう。
飼い主が愛情たっぷりに育てたものだから安心してあげられますね。

ペットショップなどでは、「猫草の栽培キット」が販売されているので、それを利用すると必要なものがセットになっているので便利ですよ。
栽培キットを使わず身近なものを利用して猫草を育てることもできるので、さっそく紹介したいと思います。
※用意するもの以外の部分はキット利用にかかわらず同じです。

ねこ ポカポカ

猫草の栽培はそんなに難しくないから、手軽に挑戦してみてね☆
新鮮な猫草を猫ちゃんに食べてもらうニャー!

1.用意するもの

容器

底に穴があいていて水はけが良いもの。
新たに購入しなくてもカップ麺の空容器の底に穴をあければ、身近なもので代用できます。

培養土

花や野菜に適した菜園用が販売されているので、それを利用するといいですよ。

猫草の種

ホームセンターなどで販売されています。
ペット関連のものを扱っているネットショップを利用することもできそうですね。

猫 ヒラメキ

必要なモノは3つだけ!
ホームセンターで全部買えるニャ☆

2.準備

種を水につける

種をまく前に、半日から一晩程度、種が少しかぶるくらいの量の水につけます。
これは発芽率を高くするためですが、水につける時間が長くなり過ぎないように注意しましょう。

場所

日光がよく当たる場所なら屋内外を問わず育てることができますが、温度の低い時期はやはり屋内で育てるほうがいいでしょう。

土を入れる

土は容器に固く詰めこまないように入れます。
ちょうどフワッとした感じで入れるといいですね。

ねこ がんばれ

下準備がちょっとだけ面倒かもしれないけど、もう少しの頑張りニャ☆

3.種まき

さあ、いよいよ猫草の種まきです。

  1. 土の上に種がなるべく重ならないようにスキマがあかないようにまきます。
  2. 霧吹きなどを使ってまいた種に水をかけます。
    このとき水はかけ過ぎないようにしてくださいね。
  3. 種の上に土をかぶせます。
    厚くなりすぎないように1cmくらいが目安です。
  4. 土の上から水をかけます。
  5. 発芽するには光が当たらない環境が必要です。
    新聞紙などで容器をカバーして直射日光をさえぎるようにします。

手順5までの作業ができたら後は発芽してくれるのを待つのみとなります。
発芽するのにかかる日数は、およそ3~7日ですが季節によって違います。

注意したいことは、発芽するまでは土が乾燥してしまわないように毎日水を与えることです。

ねこ 水やり

元気な猫草を育てるポイントは、毎日の水やりを忘れないことニャ☆

4.発芽した後にすること

容器に新聞紙などでカバーをして発芽を待ってきました。
薄暗いところで発芽したのでモヤシのような芽ですが、今度はカバーを外し日光に十分当ててあげましょう。

日光により、モヤシのような芽は緑色の若葉になり成長します。
猫草が8cm~15cmほどに育ったら食べごろです。

これで新鮮な猫草を可愛い猫にあげられるようになりました。
別に容器を用意し、一方の猫草が食べごろになったとき、新たに種をまけば途切れることなく猫草をあげられますよ。

ねこ いただきます2

いよいよ食べごろニャ!
ご主人様が育ててくれた猫草はどんな味がするのか楽しみニャ♪

まとめ

今回は、猫草のことや猫にとって有害な植物が多く存在することをお伝えしてきました。

また、猫草を自宅で育てる方法もご紹介しましたがいかがでしたか?

準備から種のまき方など手順は複雑ではないので取り組みやすいかもしれません。
これで簡単に自宅でも猫草を育てることができますね。

新鮮な猫草に猫ちゃんも大喜び間違いナシなはずです!

ぜひ試してみて下さいね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。