猫の首輪の選び方

外出が許されている猫ちゃんの場合、首輪をつけている飼い主さんの方が多いと思います。
でも、完全室内飼いしている猫ちゃんの場合、首輪をつけることに疑問を感じることもありますよね。
首輪を嫌がらずにつけてくれる子もいれば、嫌がる子もいます。

猫ちゃんに首輪をつけるメリットやデメリット、首輪の選び方などについて考えてみたいと思います。

ねこ ヤッター

猫ちゃんに可愛い首輪を選んであげよう!
首輪の安全性を考慮して選んであげてニャ♡

猫に首輪をつけるメリットは?

ねこ 黒猫

野良猫との見分けがつく

首輪をつけていることにより、野良猫ではないと一目でわかるため、保健所などに保護されるといった可能性が低くなります。

猫の居場所がわかりやすい

また、猫の首輪にはほとんどの場合、鈴がついており、外に出てしまった猫を探すときに鈴の音で居場所がわかることもあります。

室内飼いの場合でも、猫はほとんど足音がしないので、家の中でもどこにいるのかわからなくなったといった時でも鈴の音を頼りに探すこともできます。

迷子になったときの手がかり

迷子になってしまった場合や、外で怪我をしたり病気になった場合でも首輪は役立ちます。

首輪に迷子札をつけたり、飼い主さんの連絡先などを記載しておけば、保護した人が連絡してくれることもあるでしょう。
また、迷子猫のチラシなどを作って情報提供を呼びかける場合も、どんな首輪をしていたかが目印にもなりますね。

猫 メモ

完全室内飼いの猫ちゃんでも、もし脱走して迷子になった時の備えとして、首輪をつけておくと安心ニャ!

猫に首輪をつけるデメリットはある?

ねこ 見上げる

メリットについてお話ししましたが、もちろんデメリットもあります。
首輪をつけるデメリットを3つご紹介しますね。

猫にとってストレスになる

猫は音に敏感な生き物のため、常に鈴の音が鳴ることや、首輪をつけること自体がストレスになってしまうこともあります。

小さい時から首輪に慣れさせていれば、ストレスなく首輪をつけている子もいますが、大人になってから首輪をつけると、外そうとしてしまう子もいます。

皮膚炎になる場合がある

首輪をつける時に、余裕なくぴったりとしたものをつけると、その部分が摩擦によって毛が抜けてしまったり、皮膚炎になる場合もあります。
指2本分は余裕を持ってつけてあげるのがいいですね。

首輪が引っかかることで事故が起こることも‥


猫に首輪をつける一番のデメリットは、首輪が何かに引っかかって首が締まってしまい、最悪の場合は窒息してしまう可能性があることです。
そのため、市販されている首輪には、何かに引っかかった場合にすぐに外れるような留め具になっていることが多いようです。

ねこ ポイント

首輪をつけている時は、引っかかりの事故などには特に注意が必要ニャ!

猫の首輪の選び方

ねこ 仲良し

メリットやデメリットを知った上で、どのような首輪を選んであげるのがいいのでしょうか。

猫に首輪をつけることがメリットばかりではないため、つける場合には安全に使えるものを選ぶことが大切になります。
首輪選びのポイントを2つご紹介しますね。

1.首輪のサイズ

首輪を選ぶ前に、まずは猫の首周りのサイズを測りましょう。

猫の首輪の適切なゆとりは、人の指が2本入る程度のスペースがあることです。

そのため、計測した長さに短毛種であれば3~4cm、長毛種の場合は4~5cmをプラスした長さが適切な長さとなります。

2.首輪の種類

猫の首輪は大きく3つの種類があります。

まず、首輪全体がゴムで出来ている首輪。
シュシュのような感じで、伸び縮みするタイプですね。

次に、セーフティバックルタイプ。
これは、一定の力が首輪にかかると外れるような作りになっています。

3つ目が、通常の皮のタイプ。
丈夫で長持ちしますが、首輪が引っかかってしまう事故が起きやすいので、あまりおすすめできません。

それぞれの首輪に、メリット・デメリットがあるかと思いますが、事故防止のためにもセーフティバックルが付いているタイプの首輪を選んであげるのがいいでしょう。

また、革製の首輪はその匂いなどが気になってしまう子もいるため、布製の柔らかいものおすすめですよ。

ねこ きゅん

今ではとっても可愛い首輪もたくさん売っているから、選ぶのも楽しいニャ☆
猫ちゃんとオシャレを楽しむのもいいね♡

猫が首輪を嫌がったら?

ねこ 懐く

いざ猫に首輪をつけようとしたところ、暴れたり逆に元気をなくしてしまったりということもあります。
その場合は、首輪を少し緩めるか、もしくは外しましょう。

どうしても首輪を嫌がる場合は、長時間つけっぱなしにするのではなく、毎日少しずつ首輪をつける時間を延ばして慣らしてあげて下さい。
嫌がらなければそのままつけておいても問題はありませんが、夜間などは外してあげるようにすれば、猫のストレス軽減になります。

まとめ

猫ちゃんに首輪をすることは、メリット・デメリットがそれぞれあります。

経験上では、外出する猫にはセーフティバックル式の首輪をつけるようにしています。

外出する猫は首輪を嫌がる事は元々なかったのですが、やはり一日中鈴の音を聴いているのはストレスになると思い、夕方には首輪を外して、翌日外出する時に首輪をつけるようにしています。

完全室内飼いの猫の場合、いたずらがひどく何をするかどこに入り込むかわからないほどのやんちゃな性格のため、首輪はつけていません。

猫の性格なども考慮した上で、メリットやデメリットも考えて正しく安全な首輪を選んであげるといいですね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。