ねこ ぐったり

ペットである猫もずっと一緒に暮らしていると家族同然の存在になります。
同じ時間を過ごしてるからこそ分かることですが、猫も人間と同じように楽しそうにしているときもあれば、悲しそうにしているときもあります。

では猫も人間と同じように落ち込んだり、欝状態になることがあるのでしょうか?
猫も心の病気になるのでしょうか?

動物である猫に心があるかどうかに関しては学者の間でも意見が分かれています。
しかし人間と同じように傷つくことはあるようです。

そこで猫の心の病気とは何なのか、原因と症状について解説します。

ねこ ハテナ

猫ちゃんも心の病気にかかることはあるのかニャ?
それぞれの病気の症状と対処法を知ろう!

猫もストレスを感じる

ねこ 伏せ

猫も人間と同じようにさまざまなストレスを感じて生活しています。
普段の猫は寝ている時間が長く、のんびりしているように見えますが、実はとても繊細な生き物です。

適度なストレスは、外敵から身を守るための緊張感をもたせる意味で必要ですが、過度なストレスは負担になってしまいます。

一部では「猫もうつ病になる」と言う人もいます。
これははっきりとした科学的根拠がなく、猫の病名としては認められていませんが、人間のうつ病に似た症状を発症する猫がいることは間違いないようです。

最近では住環境の変化によって、完全室内飼いが多くなり、狭い室内で充分に運動ができないことが多くなりました。
また飼い猫は人間の生活に合わせて生きているため、飼い主さんが昼間ずっと不在で、猫一匹だけ家に取り残されるような生活が続くと、人懐っこい猫の場合は孤独に感じてしまいます。

他にも折り合いの悪い猫や犬との同居、よその猫に喧嘩に負けたなどさまざまな原因が考えられます。

猫 メモ

猫ちゃんも様々なことが原因でストレスを感じちゃうんだね‥。
普段から猫ちゃんの様子をしっかりチェックして、サインを見逃さないようにするニャ!

猫の心の病気の種類

分離不安

人間と同じように猫も不安を感じます。

群れで生活していた犬とは違い、猫は単独で生きる動物ですから犬ほどは孤独を嫌がらない傾向にありますが、それでも猫の性格によっては、一人になることで強い不安を感じて問題行動を起こすことがあります。

この症状が現れやすいのが、飼い主さんや家族の外出で留守番させられる日が続いているときです。

遊ぶのが好きな猫であればおもちゃで遊んで過ごしますし、周りをあまり気にしない猫であればのんびり寝て過ごしますが、
神経質で臆病な性格で、飼い主さんにとても懐いている猫の場合は、寂しくなってストレスに感じてしまうことがあるようです。

症状

  • 落ち着きがなくなる
  • 鳴き声を立てる時間が長い
  • 毛づくろいを長時間している
  • 食欲がない
  • 急に臆病になる
  • 去勢不妊手術をしているのにスプレーをはじめる
  • 服や布などをよく噛む
  • トイレ以外の場所で粗相をする

原因

  • 留守番に慣れていない
  • 家族のライフスタイルが変化し、家を長時間空けるようになった
  • 猫が高齢になった

対処法

このような症状が見られたときは、飼い猫と一緒に過ごす時間を増やすことがなによりも大切です。

しかし、仕事が忙しくなかなか難しい場合もありますよね。
そんなときは他の家族が居る場合は、猫に声をかけたり触ったりして不安を感じないようにしたり、遊んであげることで気を紛らわせることができます。

どうしても猫だけで留守番をさせざるを得ないときは、留守中でも楽しく過ごせるように、キャットタワーやおもちゃを用意しておきましょう。

また、最近ではスマホで簡単に操作して、部屋の様子が確認できたり、ペットに声をかけられるカメラが売れています。
このようなアイテムを活用するのも良いでしょう。
もちろん飼い主さんが帰宅したときは、優しく声をかけてたっぷり可愛がってあげてくださいね。

常同障害

この病気もストレスによって発症します。
ストレスが溜まったときにどうしてよいのかわからなくなり、全く関係ない行動を繰り返します。
なにもしなくなることもあります。
行動自体には特に意味はありませんが、どうやらストレスを解消するために行っているようです。

一時的な症状であれば問題ありませんが、続くようなら強いストレスを感じているということでもあり、行動がエスカレートする前にケアが必要です。

症状

  • 自分の尻尾を追いかけまわす
  • 自分の尻尾を噛む
  • 毛づくろいを長時間している
  • タオルや毛布などに異常に反応を示し、絡みつく

原因

さまざまな原因がありますが、不安、退屈、環境の変化、運動不足などから起こることがあるとされています。
ずっとゲージの中に入れているとこのような症状を引き起こすことがあります。

対処法

ストレスの原因を特定して取り除いてあげるのが一番です。

不安によるストレスであれば、

  • 飼い主さんがそばに居て安心させる
  • 退屈しているなら遊んであげる
  • おもちゃを用意する

などの対処をしてあげるのが効果的です。

また、環境の変化が原因であれば、

  • 少しずつ慣れるように配慮する
  • 運動不足が原因なら室内でも運動できるようにキャットタワーを用意する

といった対応が必要になりますね。

もし自分の体を噛むなどの自傷行為を確認した場合は、治療が必要ですので動物病院に連れて行きましょう。
行動療法や薬物療法があります。叱るとかえってストレスを感じてしまい逆効果です。

恐怖症

人間にも「高いところが苦手」「狭いところが苦手」などいろんな恐怖症がありますが、猫にも恐怖症があります。
もっともほとんどの猫は高いところも狭いところも大好きです。

猫が恐怖に感じる主な対象は大きな騒音、動物病院や車の中などの特定の場所や状況で、このような場面で過剰な恐怖反応を示すのが恐怖症です。

猫の場合は逃げるだけでなく狭いところに隠れて出てこないという場合が多いので、飼い主さんが気づかないこともあります。

症状

  • 逃げる、走り回る
  • 隠れる
  • 震える、体を硬くする
  • 大声で鳴く
  • 粗相をする

原因

社会化期と呼ばれる2~7週齢に、さまざまな環境に慣れさせることができなかった場合や強い恐怖を経験したことによって起こります。
後者はいわゆるトラウマです。

前に家で飼っていた猫は、掃除機がとても怖くて、動かしただけで逃げ出してどこかに隠れてしまいました。
花火や雷か怖くて逃げ出してしまう猫もいました。

このような大きな音は猫が怖がる典型で、小さい頃にびっくりして怖かった経験がトラウマになっているのかもしれません。

対処法

どのような物や現象に対して恐怖を感じているのか分かれば慣れさせることで解決します。
症状が出ているときに、なだめたり、叱ったりするのは逆効果です。

心因性脱毛症

猫はストレスを感じると、ストレスを発散させるために毛づくろいを行います。
正常な状態であればそれで終わりですが、強いストレスを日常的に感じている場合に過剰な毛づくろいによって脱毛を引き起こすことがあります。

症状

  • 毛づくろいを長時間している
  • 毛が抜ける
  • 皮膚を傷つける
  • 皮膚炎を起こす

原因

環境の変化によるものがほとんどです。
新しい猫や犬を迎えたり、家族が増えたり、飼い主さんと長期間離れ離れになったり、引越しをした、などさまざまなことがきっかけとなります。

対処法

高いところや隠れられる空間など、猫が安心して過ごせる場所を用意してあげることで改善することがあります。

環境の変化に慣れさせるためには、しばらく飼い主さんがそばについてあげることが必要です。

皮膚炎などの症状が発生している場合は、動物病院で診察を受けましょう。

ねこ ポイント

猫ちゃんにこのような症状が見られた場合は要注意ニャ!
早めの対処と治療を心がけよう!

まとめ

猫も人間と同じように強いストレスを感じると心の病気を発症することがあります。
主な病気には「分離不安」「常同障害」「恐怖症」「心因性脱毛症」など‥。

もし、今回ご紹介した症状が見られた場合、猫が心の病気を発症している可能性もありますので、早めに対処してあげましょう。
それでも、一向に改善が見られない場合や、外傷がある場合は動物病院で診てもらうことをおすすめします。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。