猫 健康チェック ポイント

愛猫がずっと健康で一日でも長生きするためには日々の健康管理が大切です。
急に体調を崩して動物病院を受診したときに「いつもと顔つきが違う」ではどこにどのような異変が起きたのか伝わりません。
もしものときでも迅速に対応できるように、猫の一日の行動をチェックして体調に問題がないか確認する習慣をつけましょう。

そこで猫の健康チェックで注意するべきポイントについて解説します。

ねこ ポイント

今回は、日々の猫ちゃんの健康チェックを5項目にわけて紹介するニャ!
ぜひ習慣にして病気の早期発見に役立ててみよう☆

猫の健康チェックをしよう!チェックすべき5項目

1.まずは食事をチェック!

猫 ごはん

健康で長生きするためには毎日の食生活が重要です。
肉食動物である猫は食欲にムラがある生き物で、その日によってたくさん食べる日もあればあまり食べない日もあります。

丸一日全く食べ物を口にしようとしない場合は体調不良の可能性があるため要注意です。
ただし発情期の猫は異性に夢中で食事を抜くことがあります。

しっかり噛んで食べているかどうかもチェックしましょう。
食べるときに痛そうにしていたら口内炎の可能性があります。
固いものを食べにくそうにしているときは歯周病や歯槽膿漏の可能性があります。

水を飲む量もチェックしてください。
猫は積極的に水分補給しない生き物です。
大量にガブガブと水を飲む日が続いた場合は腎臓病や糖尿病の可能性があります。

2.歯と歯茎をチェック!

猫 歯 歯茎

食事のチェックと合わせて行いたいのが歯と歯茎のチェックです。

歯の根本に歯石が溜まっていないか、歯茎が赤く腫れていないか確認します。
症状が進むと痛くて食事を摂るのが難しくなります。

息が臭かったりよだれが出ている、歯をガチガチさせる仕草をたまに見せるときは要注意です。

3.トイレをチェックすれば健康状態が分かる

猫 トイレ

食事のあとはトイレのチェックを忘れずに。
例え元気そうにしていてもトイレは毎日チェックしてください。

ウンチの量に変化はないか形はコロコロとしているか硬さはどうか一日に何回ウンチをしたかなどを毎日のように見ていれば体調の変化に気づくことができます。

キャットフードを主食としていればウンチの状態に大きな変化はなく、適度な硬さがありコロコロとしたウンチをするのが正常な状態です。
もちろん食べる量によってウンチの量も変わります。
毎日同じ量を食べていればウンチの量も同じです。
ただし猫は季節によって食べる量に変化があり、夏場はやや小食になりその反動で秋はたくさん食べる傾向があります。

ウンチだけでなくオシッコの状態もチェックしましょう。
オス猫はメス猫よりも尿道が長いため尿結石などの尿路疾患になりやすく、オシッコの量を確認する必要があります。

オシッコのときに痛そうにしているほんの少ししかオシッコしないときは尿路疾患の可能性があります。
固まるタイプの砂であればオシッコの量を把握するのは容易です。

4.寝ている時間と運動量をチェックすれば体調の良し悪しが分かる

猫 寝る

自分で薬を飲んだり病院に行ったりできる人間とは違い、動物は体調が悪いときは休むしか選択肢がありません。
いつもは元気に走り回ってる猫が今日は動きが悪い、一日中寝ていてほとんど動かないときは体調が悪化している可能性があります。

運動量もチェックです。
遊ぶのが大好きな猫なのにいつもより反応が悪いなんとなく元気がない、そんなときは風邪などの体調不良の可能性があります。

このような些細な変化は飼い主さんにしか分かりません。
体調の変化を確認するためには、毎日の運動量と寝ている時間をチェックしておきましょう。

5.触って抱き上げて健康チェック!

猫 抱っこ

体温や毛並みで体調の変化が分かります。
触ったり抱っこしたりする普段のなにげないスキンシップがとても大切です。

触ってみていつもより毛並みが悪くパサついている抱き上げてみたら熱っぽい、またはいつもは抱っこさせてくれるのにその日は抱っこを嫌がる、こんなときは体調が悪いのかもしれません。

猫は体調が悪くても弱いところを見せようとせず気丈に振舞う生き物ですから、体調の変化を知るためには些細な変化を見逃さないことが大切です。
ほかにも毛が抜けた場所があるときは皮膚炎などの可能性がありますし、しこりがあるときは腫瘍などが出来ていることを現しています。

猫 メモ

チェックするべきポイントは5つニャ!
些細な変化も注意深く観察してみよう☆

異常に見えても健康なこともあるので注意!

猫 病気じゃない

昔から「猫の鼻が乾いているときは病気だ」とよく言われます。
ですが実際には猫の鼻が乾くのは寝ているときなどに日常的によく見られる現象です。
猫の鼻が乾いているからといって「風邪だ」「熱がある」と決め付けるのは早計です。
猫は寝ている時間と起きてからしばらくの間は鼻が乾燥しています。
鼻が一日中乾いているというときのみ病気を疑ってください。

同じように目の瞬膜が健康なのに出ていることがあります。
瞬膜は「第三のまぶた」と呼ばれていて猫は眠くなると瞬膜が下がるように出来ています。
眠りから急に目が覚めたときも瞬膜は出たままです。
ですから瞬膜が出ているからといって目に異常があるとは限りません。
瞬膜が一日中下がっているときは病気を疑ってください。

ほかにも猫は熟睡中に体を痙攣させることがあります。
体中をピクピクと動かしていますが正常です。
熟睡中の痙攣は人間でも見られることですから安心してください。

猫 ヒラメキ

もし、普段と違う様子が見られた時は動物病院で相談しておくと安心ニャ☆

まとめ

病気の早期発見のためにも、日々の猫の健康チェックはとても大切です。
ぜひ、今回ご紹介した5つのポイントを注意深くチェックしてみて下さいね!

普段と違う様子が感じられた時は、動物病院を受診して相談してみるのがいいですね。
例え病気ではなかったとしても、獣医さんから「健康ですよ」とお墨付きをもらえれば安心できると思いますよ。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。