ねこ ぐったり

寒くなってくると、周りには風邪ひきさんが増えますが、猫ちゃんも風邪をひくのでしょうか?
猫ちゃんが風邪をひくとどんな症状がみられるのでしょうか?

今回は、猫風邪の症状と治療法、予防するにはどんな方法があるのかについて紹介したいと思います。

猫ちゃんが風邪をひいてしまったときのために、ぜひチェックしてくださいね。

ねこ ハテナ

猫ちゃんも風邪をひくのかニャ?
猫風邪と言われている猫ちゃんの病気について知ろう!

猫も風邪をひくの?

ねこ 子猫

人間と同じように、猫も風邪をひきます。
猫同士が接触することで、ウィルスや細菌により感染するのです。

外猫の多くが病原体(ウィルスや細菌)を保持している可能性があるので、接触して感染するのを防ぐために完全室内飼いがおすすめですよ。
複数の猫ちゃんを飼っている場合、猫風邪をひいた子は、治るまでの間、他の猫ちゃんと離しておく必要があるでしょう。

猫風邪は、放っておいて治るものではなく、症状に気づいたら早めに獣医さんに診てもらってくださいね。

ねこ ポイント

特に抵抗力の弱い子猫や、体力の落ちてきたシニアの猫は、重症になってしまうことがあるので要注意ニャ!

猫の風邪ってどんな症状?

ねこ 伏せ

「猫風邪」は病名ではなく風邪に似た症状が出る3つの病気の総称です。
3つの病気とは、猫ウィルス性鼻気管炎・猫カリシウィルス感染症・猫クラミジア感染症を指します。

猫の風邪はどのウィルスや細菌などに感染したかで、症状は様々です。

では、それぞれにどんな症状が出るのかを解説していきます。

猫ウィルス性鼻気管炎

ヘルペスウィルスによって発症します。
「猫のインフルエンザ」と呼ばれることがあります。

症状

くしゃみ・鼻水・目やに・発熱・食欲の低下・下痢など。

猫カリシウィルス感染症

カリシウィルスによって発症します。

症状

くしゃみ・鼻水・口内炎・舌炎など。

口内炎の程度が重く、舌炎を起こすのがこの感染症の特徴です。
口内炎や舌炎により、食事ができなくなります。
特に子猫の場合は食事ができないことで、衰弱してしまい、命にかかわる危険性が大きくなります。

猫クラミジア感染症

猫クラミジアに感染することで引き起こされます。
子猫が感染しやすい傾向がありますが、ワクチン接種で予防することができます。

症状

くしゃみ・鼻水・発熱・食欲の低下・結膜炎・呼吸器症状など。

ねこ 風邪ひき2

どれも症状が似ているニャ!
猫ちゃんにくしゃみや鼻水などの症状が出たら要注意!

どのウィルスや細菌に感染したのかは、症状だけでは判断が難しいことがあります。
気になる症状が1つでも当てはまれば、素人判断をせず、なるべく早く獣医さんに診てもらってくださいね。

猫風邪の治療法

ねこ 病院

猫風邪の病原体(ウィルスや細菌)が特定できれば、次のような治療がされます。

1.抗ウィルス剤の投与

「ヘルペスウィルス」には抗ウィルス剤を投与します。
特効薬がないので、抗ウィルス剤の投与に加えて栄養を補給して、体力の回復を待ちましょう。

2.注射

「カリシウィルス」にはインターフェロン注射をします。
これは、免疫力をアップさせる目的で使用されるので、栄養補給もして、体力が回復するのを待ちましょう。

3.抗生剤の投与

「クラミジア」には抗生剤の投与をします。
他に、点眼薬・点鼻薬を用います。
子猫の場合は「輸液」や栄養補給などを点滴で行うこともあります。

対処療法

猫ちゃんの食欲がなくて栄養の補給が必要な場合は、点滴をしてもらうこともあります。
また目やにが多い場合は、目やにを抑えるために目薬をさすこともあります。

お薬を飲ませるだけでは体力がもたない場合は、入院をして点滴治療をしてもらうこともあります。

抗ウィルス剤と抗生剤について

根本的な治療の場合は、猫の体に入り込んだウィルスの増殖を抑えたり、ウィルスを殺す薬(抗ウィルス剤)が処方されます。
重症ではない場合は、猫の体に入り込んだ細菌などの増殖を抑えたり、細菌などを殺す薬(抗生剤)が処方されます。

飼い主さんへの大切なアドバイス

風邪薬 ダメ

猫ちゃんが風邪をひいたからと言って、「人間用のお薬を絶対にあげない」でくださいね。
人間用に作られたお薬によっては、たとえ少量でも、死に至るものもあるからです。

猫ちゃんの体調が良くなく、風邪のような症状があれば早めに獣医さんに診てもらうようにしましょう。
早めの治療が大切です。

風邪の症状が出てから1~2週間たっても良くならない場合、他の病気の可能性もあります。
その時はもう一度、獣医さんに診てもらいましょう。

また、目やに・鼻水が出ているなら、ぬるま湯をガーゼやティッシュに含ませて、優しくふき取ってあげましょう。
力を入れて、こすらないようにしてくださいね。

猫 メモ

症状がひどくならないうちに治療を!
家では「保温・保湿」をしてあげてニャ☆

猫風邪もワクチン接種で重症化するのを防ごう!

ねこ ワクチン

ワクチン接種をしたからと言って、完璧に猫風邪を予防できるわけではありません。
だからと言って、ワクチンに意味がないわけではありません。
それどころか、ワクチン接種によって、もし感染しても重症化するのを防ぐことができるのです。

大人の猫なら1年に1回、ワクチン接種をしてもらいましょう。
子猫の場合は、獣医さんと相談してワクチン接種を受けるのがおすすめです。
可愛い猫ちゃんが辛い思いをしないように、ワクチン接種をしてくださいね。

ねこ 注射

注射は怖いけど‥風邪でツライ思いをしないように頑張るニャ!

まとめ

猫ちゃんも、私たちと同じように風邪をひくのですね。
でも、自然に治るだろうと放っておいても、治らないことをお伝えしました。
何より、早めに獣医さんに診てもらいましょう。
症状に合わせて治療を受けることが大切ですね。
そして、繰り返しになりますが、ワクチン接種を受けて可愛い猫ちゃんを感染症から守ってあげましょう。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。