猫 花粉症 対策 予防

春になると目が痒くなりくしゃみと鼻水に悩まさせる花粉症はつらいですね。
といっても、私のように花粉症と無縁の人間にとってはどれほど辛いのか想像するしかありませんが‥。

ところがどうやら花粉症に罹るのは人間だけではないのだとか、家の猫が春になって鼻水をグスグスさせています。
これは花粉症なのでしょうか?

そこで猫の花粉症について、効果的な対策と予防法も合わせて解説します。

ねこ 風邪ひき2

猫ちゃんがくしゃみを頻繁にしていたりしていたら、花粉症かもしれないニャ!
花粉が多い時期は花粉対策をしっかりとしてあげよう!

猫も花粉症になるの?

猫 花粉症になる?

花粉症は正式には季節性アレルギー性鼻炎と言います。
アレルギー疾患の一つであり、本来は害のない花粉を体内の免疫システムが異物と誤って判断することで、大量の抗体が作られ、それによる刺激でさまざまな症状が引き起こされます。

人間と猫の体は似た構造をしているため、猫が花粉症になることもあるとされています。
花粉症は目の痒み、鼻水、くしゃみといった症状が特徴です。
猫の場合も人間とほぼ同じ症状が出ますが、皮膚炎や目ヤニなどの症状が起こるのが特徴的です。

似たようなアレルギー疾患に通年性アレルギー性鼻炎がありますが、こちらはアレルゲンが異なるだけで症状は変わりません。

猫 メモ

花粉症になるのは人間だけじゃないんだね!
あなたの猫ちゃんは大丈夫かニャ?

花粉症の季節に猫にすべき必要な対策3つ

猫 花粉症 対策

1.外に出さない

花粉症を予防するためにはアレルゲンである花粉と接触しないのが一番です。
スギ花粉が飛散する春先は、外に出るだけで花粉を吸い込んでしまいます。

猫は人間のようにマスクをして外出することはできませんから、花粉を吸い込まないためには外に出さないのが一番です。

猫に花粉症である自覚がないのにそれを理由に外出を禁止しても理解できないでしょうが、花粉症の予防だけでなく事故や病気を防ぐためにも完全室内飼いをおすすめします。

2.空気清浄機を作動する

外に出さなくても花粉は家の中にも入ってきます。
近くにスギの木がある場合は深刻です。
花粉が飛び交う春先は日中の気温が上がりはじめていますが、暑くなることはないため窓を開ける機会は少ないでしょう。

しかし、それでも玄関から人が出入りするときや、洗濯物を干すときに花粉が部屋の中に入ってしまいます。
人間が暮らしている限りは完全に外気をシャットアウトすることはできないため、空気清浄機を使って部屋に入り込んだ花粉を取り除きましょう。

それによって猫が花粉症を発症するのを予防し、発症したとしても症状を軽減する効果が期待できます。

3.掃除をこまめにする

花粉はネバネバして服や髪の毛などあらゆるものに付着します。
飼い主さんが帰宅したときは服についた花粉を払い落とし、部屋の掃除をこまめに行うことで花粉を取り除きましょう。

ねこ ポイント

花粉症対策は、人間も猫もほとんど変わらないニャ!
猫ちゃんはマスクができないから、飼い主さんがきちんと対策してあげて☆

猫の花粉症も免疫力を高めるのが一番の予防策!

猫 花粉症 予防

体内には免疫システムが備えられている

花粉症などのアレルギー疾患は免疫反応の異常によって引き起こされます。
人間にも猫にも、体内にウイルスや細菌などの病原体から身を守る免疫システムを備えています。

体内に異物が侵入するとまず白血球の一つマクロファージというパトロール隊によって発見され、異物を捕らえて消化します。
そのときに「侵入者を発見したぞ!」と異物の情報をリンパ組織の中にあるヘルパーT細胞に伝えます。

このヘルパーT細胞は免疫システムの司令官の役割を担っています。
情報を受け取ったヘルパーT細胞は「危険な異物が侵入したから抗体を作ってやっつけるように!」と、異物を撃退する抗体を作るようにB細胞という免疫細胞に指令を出します。

抗体の工場であるB細胞で抗体が産生されて血液中に放出され全身に行き渡ると、ウイルスや細菌といった病原体が少しずつ撃退されていきます。
さらに同じ異物が次に侵入してきたときに、すぐに対処できるように抗体の情報を記録します。

花粉症発症までの流れ

このような免疫システムが正常に働いていれば何の問題もありません。
ところが免疫反応に異常が発生して、ヘルパーT細胞が本来は無害である花粉を「これは異物だ!危険だ!」と誤った判断をすると、B細胞に働きかけて抗体を大量に作らせてしまいます。
そして抗体が花粉と結合すると、肥満細胞と呼ばれる場所からヒスタミンなどが分泌され、それによって痒みなどのアレルギー反応が引き起こされます。
これが花粉症を発症するまでの一連の流れです。

免疫反応の異常はなぜ起こるのか?

では、免疫反応の異常の原因は何かと言うと、その一つには免疫力の低下です。
体の抵抗力が弱っているとヘルパーT細胞が誤作動を起こし、アレルギー疾患に罹りやすくなってしまいます。
ですから花粉症を予防するためには免疫力を高める必要があります。

免疫力を高めるには?

免疫力を高めるためにが良いのかというと、愛猫が毎日しっかり食べて、しっかり運動して、しっかり寝るという当たり前の健康的な生活です。
強いストレスは免疫力を低下させてしまうため、過度なストレスをかけないことも大切です。
猫は環境の変化に弱い動物で、ちょっとしたことが強いストレスとなって体に負担をかけてしまいます。

猫の体調が悪くなると免疫力の低下に繋がりますから、体調悪化にならない健康的な生活をさせることが花粉症の予防に繋がります。

ねこ ドヤ顔

けっきょく、健康的な生活を心がけることが一番の予防に繋がるニャ☆

まとめ

花粉症は、人間だけじゃなく猫も発症してしまうことがあります。

あなたの愛猫は、鼻がグズグズさせていませんか?
くしゃみや目やにはどうでしょうか?

猫は、辛い・苦しいというような訴えを言葉で伝えることができません。
もしかして花粉症‥?と感じたら、積極的に花粉対策をしてあげる必要があるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。