猫 鼻 乾いてる 病気

猫ちゃんの鼻は小さくて可愛いですね。
鼻の色は肉球と同じように、猫ちゃんの被毛の柄や色によってピンクやオレンジがかった色など様々です。

「猫ちゃんの鼻を見れば健康状態がわかる」とまで言われていますが、そのように言われるのはなぜでしょうか?

今回は猫ちゃんの可愛い鼻にズームイン!
猫の鼻と体調との関係についてお伝えしていきます。

ねこ ハテナ

よく「猫の鼻が乾いていると病気」と言われているけど、本当なのかな?

猫の鼻が乾いていると病気って本当?

猫 鼻 乾いている 病気
あなたの猫ちゃんの鼻は乾いていますか?
それともしっとりと湿っていますか?

猫ちゃんの鼻は肉球と同じように、健康のバロメーターと言われています。
元気な猫ちゃんの場合、起きて活動している時は鼻は少し湿っているのが普通です。

しかし、猫ちゃんにもよりますが鼻が乾いている時は、体調を崩していることを知らせるサインかもしれません。
なぜ鼻の状態で体調の変化や病気にかかっていることが疑われるのでしょうか?

なぜ鼻が乾くのか、逆に湿るのか、原因を探ってみましょう。

ねこ メガネ

肉球でわかる体調チェックの仕方はコチラの記事で!
【猫の肉球は健康のバロメーター!色や熱の変化で健康状態を見てみよう!】

猫の鼻が乾く原因は?

猫 鼻 乾く原因

空気の乾燥など

寝ている時や起きぬけの時、運動した後や空気が乾燥気味の時に、猫ちゃんの鼻は乾いていることがあります。
これは健康な猫ちゃんに見られることなので、心配ないといえるでしょう。

発熱・脱水症状

発熱や脱水症状を起こすと鼻が乾いてしまうことが多いので「鼻が乾いていると体調を崩している」と言われるようになりました。
鼻の乾燥だけでなく、下痢・おう吐などの症状もあるなら早急に獣医さんに診てもらいましょう。

鼻腺の詰まり

鼻が乾いて目が涙で異常にうるんでいるなら、鼻腺の詰まりが考えられます。
鼻腺が詰まることにより、涙腺の働きがさらに活性化してしまう状況になります。

場合によっては動物病院で検査を受ける必要があります。

加齢

ふだんから鼻が乾いているなら、猫ちゃんの年齢によりますが、体調不良による乾燥よりも加齢による乾燥と考えられます。

ねこ ポイント

猫ちゃんのふだんの鼻の状態がどうなのか、それを把握しておくことが猫ちゃんの体調の良し悪しを判断する上でとても大切になってくるニャ!

猫の鼻が湿っているのは?

猫 鼻 湿っている原因

健康な猫ちゃんの鼻はヒンヤリしていて、少し湿った状態です。
これは、鼻腔内部から分泌される粘液が染み出てきて鼻の表面を覆っているからです。

乾いた状態よりも湿っている状態の方がニオイの元となる物質の分子が吸着しやすく、嗅覚がさらに敏感になるからと言われています。
猫ちゃんは口呼吸ではなく、鼻呼吸をしています。

鼻の適度な湿り気は、空気中のウィルス・細菌・ほこりなどが体内に取り込まれるのを防ぐという大切な役目も担っています。

猫ちゃんの鼻が適度な湿り気を帯びているのは、先にご紹介したように嗅覚を敏感にキープする面から正常といえます。

しかし「鼻が湿り気を通り越して濡れすぎている」場合には鼻の病気の可能性が考えられます。
鼻だけでなく猫ちゃんの様子はどうか、食欲や咳・くしゃみ・鼻水などについて確認してあげる必要があります。

鼻炎

鼻は空気中のウィルスや細菌、ほこりなどの刺激を受けると鼻腔内の粘膜に炎症を起こし鼻炎になることがあります。

鼻炎にかかってすぐの頃はサラサラの鼻汁がでますが、症状が進むにつれてネバネバした感じの鼻汁に変わり、さらに進むと黄緑色のような膿性の鼻汁になります。

猫ちゃんは鼻に付いたものをスグに舐めとってキレイにしようとする習性があるので、飼い主さんが鼻汁に気が付くのは難しいかもしれません。

猫ちゃんが繰り返し鼻を舐めたり、前足で鼻をこするような素振りを見せていたら鼻汁が出ているからかもしれませんよ。
そのような時は注意して見てあげてくださいね。

猫風邪

猫ちゃんの鼻炎が起きる原因として「猫伝染性鼻気管炎ウィルス」「カリシウィルス」などの感染症があげられます。
症状が人間がかかる風邪に似ているので「猫風邪」と一般に呼ばれています。

免疫力が備わっていない子猫によく見られますが命にかかわる重大な病気です。
治療は対症療法が主となり完治させることは難しく、治療後も鼻炎が慢性化する傾向があります。

予防として有効なのはワクチン接種です。
また猫ちゃんが暮らす環境も清潔にキープしてあげると良いでしょう。

猫 メモ

注目すべきは、鼻水でぬれているのか?ということニャ!
食欲やくしゃみなど、他の症状も合わせて注意しよう!

食欲は鼻の状態と関係あるのかな?

猫 鼻 食欲
猫ちゃんは嗅覚が優れていますが、鼻が乾燥していたり、炎症によって濡れすぎている時は本来の素晴らしい嗅覚を発揮できません。
ニオイによって食べ物を判別できないことから食欲がダウンしてしまうこともあります。

鼻が乾いていることや湿り過ぎている状態が体調不良によるものならば食欲との関係は大いにありそうですね。

猫ちゃんの視力は良くないと言われていますが、シニア期になると視力は落ちてしまうのが普通です。
すると加齢による鼻の乾燥により、ニオイも嗅ぎ取れず食べ物がすぐ前にあっても見分ける力に乏しいという状況も生じてしまいます。

シニア期の猫ちゃんに

猫 シニア 食欲

キャットフードのニオイを強くしてあげる

ウェットフードなら電子レンジで人肌くらいに温めたり、ドライフードならお湯でふやかすことで、ニオイが強くなります。
こうすることで、猫ちゃんが目の前のご飯に気づけて食べてくれる可能性が高くなるでしょう。

猫ちゃんの習性を利用

猫ちゃんは鼻に付いたものを舐めとるという習性がありますね。
鼻の上にウェットフードを少し付けてあげると食べてくれることがあります。

猫 ヒラメキ

鼻の機能が低下すると食欲も落ちてきちゃうニャ‥。
そんな時は匂いで食欲をくすぐってあげよう♪

まとめ

いかがでしたか?

今回は猫ちゃんの鼻が乾いている時は病気のサインなのか、濡れすぎている時は何が原因と考えられるのかについてお伝えしてきました。

あなたはご存知でしたか?
猫ちゃんの鼻が少し湿っているのは嗅覚を敏感にするためだったのですね。
猫ちゃんの健康状態を見てあげられるのは飼い主さんです。

ときどき猫ちゃんの鼻チェックをしてみてくださいね。
鼻キスができたらラッキーですね!

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。