猫 誤飲 対処法

猫が異物を飲み込む誤飲事故が近年増えています。
飼い主さんの中には愛猫が口にしてはいけない異物を飲み込んで慌てた経験を持つ方が多いのではないでしょうか。

私たちの身の回りには実にさまざまな異物があります。
洗剤や観葉植物など猫にとって有害なものも多くあります。

これらの異物や毒物をもし愛猫が飲み込んでしまったどう対処すれば良いのでしょうか?
そこで猫の誤飲事故の原因と対処法について解説します。

ねこ ハテナ

もしも猫ちゃんが誤飲してしまったら、すぐに吐かせた方がいいのかニャ?
正しい対処法で猫ちゃんを守ってあげよう!

猫の誤飲事故の原因

遊んでいる最中に誤飲してしまう

誤飲 おもちゃ 遊ぶ

猫は犬と比べると誤飲することが少ない動物です。
とはいえ、それでもたまに異物を食べ物と間違えて飲み込んでしまうことがあります。

その多くは遊んでいる途中におもちゃとして遊んでいた異物を丸呑みしたり、かじって食べてしまうことで発生します。

私も深夜に子猫が部屋の中で嘔吐しているので何事かと思って確認したら、お菓子の子袋をゴミ箱から引っ張り出して食べていました。

遊びたい盛りの子猫や好奇心旺盛な猫は何でもおもちゃにします。
このような猫の周囲には、飲み込む恐れのある異物を置かず、ゴミを放置しないなどの対策が必要です。

遊んでいる途中で飲み込みやすい異物には、紐、ヘアゴム、輪ゴム、針、ボタン、鈴、ゴミとして落ちているお菓子の包み紙や小袋、果物の種、タバコなどがあります。
どこの床にゴミとして落ちているものや、テーブルなどから猫が落としたものを遊びに夢中になっているときに誤飲してしまうのです。

間違って有害なものを食べてしまう

猫 誤飲 有害なもの

遊び以外によくある原因に、猫が食べ物や飲み物と間違えて口にしてしまう誤飲があります。

猫は草を食べてお腹の中に溜まった毛玉を吐き出す習性がありますが、毒性のある観葉植物の葉や茎を食べてしまうことがあります。
猫に有害な観葉植物にはユリ、チューリップ、スイセン、シクラメン、アロエなどがあります。

洗剤や漂白剤が混じった水や灯油を、飲み水と間違えて口をつけてしまうこともあります。
食器洗い洗剤のように植物性であれば少量なら健康に害を及ぼすことはありませんが、茶碗や鍋を綺麗にするために用意した漂白剤入りの水、洗濯機で洗えない服やしつこい汚れ物を漬け洗いするために用意した洗濯洗剤入りの水などは猫が口にしやすいため要注意です。

また生後半年未満で貰われてきた猫は、母猫が恋しいあまりに布や毛布をお乳を吸っている感覚で噛んで生地を飲み込むこともあります。

ねこ ポイント

誤飲の原因のほとんどが、遊んでいる最中に間違って飲み込んでしまうことニャ!
お家の中に危険な物はないか一度確認してみよう!

猫が誤飲してしまった時の症状は?

猫 誤飲 症状

猫が異物や毒物を誤飲すると以下のような症状が引き起こされます。

  • 繰り返し嘔吐する
  • 食欲がなくフードを全く口にしない
  • 口をパクパクさせる
  • ぐったりとしていて動かない
  • お腹を触られると嫌がる
  • よだれを出す
  • 下痢をする
ねこ 腹痛

もし猫ちゃんにこんな症状が見られた時は誤飲して苦しんでいる可能性があるニャ‥。
普段と違う様子が見られた時は、念のため動物病院で診察してもうのが安心だね!

猫が誤飲したときに飼い主さんがすべき対処とは?

猫 誤飲 対処法

まずは状況確認を!

誤飲を直接目撃しておらず「猫の様子がおかしい、誤飲かもしれない」という場合、まず落ち着いて猫がどのような状況下にあったのか、猫の周りには何があったのか周辺を確認しましょう。

勘違いであることも多く、誤飲だと決め付けて誤った対処をしてしまうとかえって猫の体に負担をかけてしまうからです。

動物病院へ連絡して指示に従う

「誤飲に違いない」と判明したときに飼い主さんがその場で出来ることには何があるのでしょうか?
誤飲を含めて猫が急に体調を崩したり、体に異変が発生した場合は出来るだけ早く動物病院に連絡して相談する必要があります。

とはいえ、もし動物病院に連れて行くとなった場合はある程度の時間が必要です。
大きな異物を飲み込んだ場合はすぐに対処しないと最悪は窒息死することもあります。

強引に吐かせるのはNG!

また誤飲によって苦しんでいる猫に対して何かしてあげたくなるのが飼い主です。
しかし、自分の判断で強引に吐かせるのは危険です。
異物によっては強引に吐かせないほうが良いものがあるからです。

もし猫が嘔吐する仕草を見せている場合は、抱きかかえて体を下向きにして、背中をさすったり軽く叩いてあげましょう。
猫が自分の力で異物を吐き出すことができるのならそれにこしたことはありません。

それでも猫が異物を吐き出せないときは速やかに動物病院へ連れて行ってあげてください。
針などを無理に吐かせると食道や喉を傷つけてしまい危険です。
例え喉の奥に紐などが見えても、口の中に手を突っ込んで引っ張るようなことは止めて下さい。

緊急性があると判断した時は早急に病院へ!

万が一、誤飲によって意識を失った場合や痙攣を起こしている場合は、吐いたもので喉が詰まって窒息するかもしれません。
無理に自宅で対処せず動物病院へ直行しましょう。

飼い主さんによっては猫に大量の水や食塩水を飲ませる方もいますがこれも良くありません。
上手く吐き出せない場合は下痢や中毒を引き起こすことがあるからです。

猫 メモ

猫ちゃんの安全を第一に考えるなら、素人判断で応急処置をするよりも獣医さんの指示に従うのが一番ニャ!

まとめ

猫にとっては、そこらへんに転がっているもの全てがおもちゃになります。
人間にとってはゴミでも、猫にはそれがゴミだとはわかりません。

猫が飲み込んだら危険な物は、こまめに片づけをする習慣をつけることが誤飲の一番の予防策になります。

万が一誤飲が起こってしまった場合は、落ち着いて状況を確認しましょう。
無理に吐かせるようなことはせずに、動物病院へ連絡をして指示に従ってくださいね!

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。