猫 柄 名称

猫の毛色は白、黒、茶の3色が基本ですが、柄模様はさまざまなパターンがあります。
色の濃さや模様の配置はその猫によって微妙に異なりまさに十人十色です。

中でも日本猫は柄のパターンが多く、外を歩いている猫を見てもいろんな柄があり見ていて楽しいですよね。
そこで、猫の柄パターンについて詳しく解説したいと思います。

ねこ ポイント

猫ちゃんの柄パターンって全部で何種類あるか知ってるかニャ?
柄によって性格も違うんだってー!!

猫の柄パターンはこんなにたくさんの種類がある!

黒猫

黒猫

全身が真っ黒な猫で、日本では「カラス猫」、中国では「熊猫」と呼ばれることもあります。
日本猫にも多い柄ですが、キリスト教圏では昔から不吉な存在として忌避されてきました。

我が家でも黒猫を飼っていましたが、甘えん坊でやんちゃな性格をしていました。
黒猫はどこでも見かけるため目立ちませんが、真っ黒な毛色は瞳を際立たせジッと見つめられるとたまらなくなります。
甘えん坊で人に懐きやすいので初めて猫を飼う方に適しています。

白猫

白猫

全身が真っ白な猫です。
白っぽい猫はよく見かけますが、全身に全く柄のない完全な白猫は意外と見かけないものです。
かといえば特定の場所に何匹も集まって居ることもあってちょっと不思議です(笑)

白猫は見るからに上品で気が強い性格をしています。
私がイメージする白猫は凛と澄まして座っている姿です。
頭も良いと言われていますが、ときどき融通が効かず神経質な一面を見せることもあるようです。

また白猫にはオッドアイと呼ばれ左右の瞳の色が異なる猫がたまに産まれます。
オッドアイは片方の眼の色が青色、もう片方は黄色やオレンジをしていて、青色の眼の側の耳に障害があり聞こえにくいことがあるとされています。

白黒猫

白黒猫

白と黒の二色に綺麗に分かれていて、白が半分以上を占める猫のことです。
穏やかな性格とされていますが、白黒猫はどこにでも居るような猫なので性格にもかなり違いがある印象です。

私が出会った白黒猫は、穏やかなで堂々とした性格の猫が多いです。

黒白猫

黒白猫

黒と白の二色に綺麗に分かれていて、黒が半分以上を占める猫のことです。
「タキシード」と呼ばれることもあります。
服を着ているみたいだったり、靴下を履いているみたいだったり、お面を被っているみたいだったりなかなか個性的です。

性格的には白黒猫と変わらない印象です。

ブチ猫

ブチ猫

白地に水玉や島がポチポチっと描かれたちょっと古臭い柄をした猫です。
ブチの数も猫それぞれで、ほとんど白猫に見えるのに頭と尻尾にだけブチが入った猫もいます。

おとなしい性格の猫が多い印象ですが、日本ではどこにでも居るような猫なのでさまざまな性格がありそうです。

グレー猫

グレー猫

グレー地に薄い縞模様が入った猫です。
日本猫ではやや珍しい柄ですが、親がグレー猫だと子もグレー猫の可能性が高めです。

家でも飼っていますがおとなしい性格の猫が多い印象です。

薄いグレーと濃いグレーがあって、濃いグレー猫は日陰に居るとちょっと青みがかって見えてロシアンブルーみたいでかっこいいです。

三毛猫

三毛猫

茶色、黒、白の3色がパッチワークのように入った猫です。
遺伝的にほとんどの猫がメスで、オスの三毛猫が産まれることもありますが非常に珍しいです。
三毛猫=メス猫であるためどうしてもお姫様という印象が強いです。

性格的にも甘えん坊で人懐っこく、それでいてマイペースでちょっと気が強い一面を見せたりとなかなか一筋縄ではいきません。
私が街で出会った三毛猫も、向こうから近寄って来る人懐っこい猫が多かったです。
それでいてマイペースなところがあり飽きるとプイッとどこかに行ってしまいます。

キジトラ猫

キジトラ猫

薄い茶色の地に黒の縞模様が入った猫で、色が濃い猫は「黒トラ」と呼ばれることもあります。
日本で最も多く見かけるのではないかと思うほどどこにでも居る猫です。

性格は好奇心旺盛で活発で、人にも懐きやすいです。
家にもオスとメスの3匹のキジトラ猫を飼っていますが、家の中を走り回るのが大好きでとにかく好奇心旺盛です。
それでいて穏やかな一面もあって比較的協調性があり他の猫と仲良く遊ぶこともできる印象です。

キジ白猫

白キジトラ猫

キジトラに白地が入った猫です。
キジ模様と白色が半分ずつに分かれた猫もいれば、キジのほうが多い猫、キジは少しで白地のほうが多い猫もいます。

性格的には警戒心が強く賢い猫が多いそうです。
家で飼っているキジ白猫は大きな体をしているのに、とにかく臆病で怖がりでおとなしい性格をしています。
とても飼いやすいので初めて猫を飼う方、多頭飼いをされている方に適しています。

茶トラ猫

猫 茶トラ

赤みがかった黄色地に濃いオレンジの縞模様が入った猫です。
代表的な日本猫の柄の一つでメスよりもオスが多いのが特徴です。
日本ではとても人気がある猫で、いつもランキングの上位に顔を出しています。

人懐っこくて甘えん坊、のんびりしたところもある可愛い性格をしています。
そういう明るい性格も人気の秘密でしょうか。
ぬいぐるみみたいで見るからに抱き心地が良さそうです。

たまに「茶トラは巨大化しやすい」という都市伝説を耳にします。
確かに街で出会った茶トラ猫、私が昔飼っていたオスの茶トラ猫も大きかったです。

私がイメージする茶トラ猫は香箱座りで日向ぼっこしている姿です。
太陽の光を浴びると金色に輝いて見えるのがちょっとかっこいいです。
明るい性格でそれでいておっとりした一面も見せるのでとても飼いやすい猫です。

茶白猫

猫 茶白

茶トラに白地が入った猫です。
キジ白と同じように半分ずつに色が分かれた猫もいれば、茶トラのほうが多い猫、白のほうが多い猫もいます。

明るい性格をしているため人慣れしやすく飼いやすいです。
人懐っこくて甘えん坊、それでいてどこかおっとりしているところがあります。

サバトラ猫

サバトラ猫

薄い灰色の地に黒の縞模様が入った猫です。
私はシマウマをイメージしますが魚のサバ色に似ていることからこの名前で呼ばれています。
日本に多い柄ですがキジトラと比べると少なく、探してみると意外と見つかりません。

性格は警戒心が強く神経質です。
私が街で出会ったサバトラ猫も気難しい性格をした猫が多くて、なかなか仲良くなれない印象です。

光に当たると被毛が輝いてちょっとかっこいいのですが、見た目が地味なので目立ちません。
もう少し人気が出てもいいような‥(笑)

サバ白猫

白サバ猫

サバに白地が入った猫です。
キジ白や茶白と同じように半分ずつ色が分かれた猫もいれば、サバのほうが多い猫、白のほうが多い猫もいます。

サバトラと似たような性格をしています。
地味で目立ちませんが、品が良くて凛としたかっこよさがあります。

サビ猫

サビ猫

茶色と黒が混じりあったとても個性的な柄の猫です。
黒が多い猫を「サビ」、茶色が多い猫を「べっこう」と呼んで区別することがあります。
その猫それぞれに味わいがあり、まるで切り絵のように二色の柄が交互に描かれています。

性格はおとなしい猫が多いです。
私がイメージするサビ猫は路地などの日陰や日差しが柔らかい木漏れ日にじっと佇んでいる姿です。
大きな声で鳴いたり、元気に走り回ってる場面なんてほとんど見ないほどおとなしい猫が多いです。

サビ猫はいろんな柄があって見ていて面白いです。
雑巾猫なんて呼ばれることもありますが、中には顔の中で黒と茶色が綺麗に分かれたお面を被っているような猫もいて、私は芸術性を感じるときがあります。

お世辞にも可愛く見える柄ではないため人気はありませんが、見慣れると愛着が沸いてきます。
日本猫に多く見られる柄で海外ではやや珍しいそうです。

まとめ

今回は猫の柄パターンについて紹介してみました。
お気に入りの猫は見つかりましたか?

柄によって性格も違ってくるのはとても面白いですね。
もちろん、性格は育った環境にも大きく左右されるので必ずしもこうだ!とは言い切れませんが‥。

ぜひ色々な猫と触れ合ってみて下さいね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。