猫 獲物を見せに来る 対策

猫を飼っていると狩りをしようとしている場面を目撃することがよくあります。
小鳥を見ると「チチチチッッ」という小刻みな鳴き声を立てます。

狩りに成功することもあれば失敗することもありますが、猫によっては獲った小鳥やネズミをわざわざ見せに来ることがありますよね‥。
どうして猫はこのような行動をとるのでしょうか?

猫は狩りに成功して満足でも、人間にとってはちょっと迷惑です。
何か効果的な解決策はないのでしょうか?

そこで猫が獲物を見せに来る理由と解決策について解説します。

ねこ ハテナ

捕まえたネズミや鳥をわざわざ見せにくるのは、飼い主さんにとっては絶叫物の困った行動‥。
猫ちゃんはどうしてわざわざそんな行動をするのかニャ?

猫が小鳥やネズミを襲うのは本能

猫 狩り 本能
肉食動物である猫の祖先リビアヤマネコは狩りを行って生活の糧を得ていました。
現代のイエネコは人に飼われているため、食事を狩りに依存していませんが、祖先から狩猟本能を受け継いでいます。

猫は生きた獲物を捕まえて殺して食べる動物です。
獲物とする動物には小鳥ネズミトカゲなどの小動物が中心ですが、セミやゴキブリなどの昆虫を狙う猫もいます。

狩猟本能を持つ猫は小動物を見ると、自然に体が反応し襲いたくなる衝動があります。
ペットとして飼われているからといってこの衝動が消えることはありません。

子猫のうちから遊びながら狩りを学ぶ!

猫は成長の過程で狩りの方法を学習します。
子猫のうちは動くものならなんでも興味を示してじゃれつきますが、これは狩りの練習をしているのです。

最初はちょっかいを出すだけですが、やがて飛び掛ったり、押さえ込んでからかみついたりするようになります。
子猫の遊びは狩りの方法そのままですから、遊ぶことで狩りを覚えて少しずつ上達しているのです。
やがて本物の獲物に狙いを定めて狩りを試みるようになります。

野生の猫の場合、このようにして子猫のうちに狩りを学習するのは、成長して親離れした後でも自分の力で生きていくためです。

ねこ ポイント

ペットとして生活している猫ちゃんにも野生の本能が眠っているニャ‥。
普段は穏やかに日向ぼっこしていても、獲物を見つけるとハンターのスイッチが入っちゃうんだね!

猫が飼い主に獲物を見せてくるのはなぜ?

猫 狩り
人に飼われている猫は狩りをしても獲物を食べることはほとんどありません。
遊びのために狩りを行って狩猟本能を満たしているのです。

そもそも飼い主から十分なご飯を貰っていれば、野生の小動物を食べようという気にはならないでしょう。
そのため食べずに家に持ち帰ります。

では持ち帰った獲物を飼い主に見せるのはなぜなのでしょうか?
それは飼い主に獲物を見せることで「こんなに狩りが上手くなったよ」ということを訴えているのです。

猫にとって飼い主は母猫のような存在です。
ご飯をあげ快適な寝床を用意してくれる飼い主を猫は甘えられる存在と見ているのです。
そんな母猫のように認識している飼い主に対して狩りの上達ぶりを示すことで、成長したことを認めて褒めて欲しいのです。

本能で行う狩りを止めることはできない

肉食動物である猫が狩りを行うのは本能ですから止めることはできません。
「小動物を襲って殺すのは残酷だから止めて」などというのは人間の勝手な主張です。

ですから、どんなに叱られても小鳥を見れば自然に体が反応して飛び掛ろうとします。
狩りを禁止されると猫は強いストレスに感じてしまいます。

同じように獲物を見せに来る行動も自分を認めて欲しいという猫の欲求の表れですから、叱ったり怒ったりしたところで意味がありません。
人間にとっては残酷で気持ち悪いと感じても、猫にとっては人間がなぜそんな反応をするのか分からないのです。

ねこ げっそり

ただ褒めてほしいだけなんだけどニャ‥。
価値観の違いってヤツだニャ!

獲物を見せに来る猫に対しての効果的な3つの解決策

猫 獲物を見せに来る 対策

狩猟本能そのものを変えることはできませんが、獲物を見せにくる行動に対しては解決策があります。

1.完全室内飼いをする

自由に外に出ている猫は外で小鳥を襲って家に持ち帰ることがありますが、完全室内飼いであれば小鳥を襲う機会がないためそのようなことはなくなります。
病気や交通事故のリスクを考えると、愛猫に少しでも長生きして貰いたいなら放し飼いではなく完全室内飼いが望ましいです。

とはいえ、家の猫でもネズミやゴキブリなどを捕まえる猫もいます。
私が昔飼っていた猫もゴキブリ退治を得意としていました(笑)

2.運動させることでストレスを解消する

今まで外に出ていた猫を急に完全室内飼いにすると狩りができなくなってストレスが溜まることがあります。

猫はよく窓越しに小鳥を見て「チチチチッッ」と反応し、飛び掛るような仕草をすることがありますよね。
もちろん実際には窓で隔てているため襲うことはできません。
これは室内にいても狩猟本能を満たそうとしているからです。

そこで、キャットタワーなどで運動させることでストレスを解消して、狩りに対する衝動を他に向けさせましょう。

3.おもちゃを使って狩りの真似事をさせる

小鳥を襲うことができず、ネズミを捕まえて遊ぶことができない代わりにおもちゃを使って狩りの真似事をさせることで、愛猫の狩猟本能を満たすことができます。

ねこじゃらしや釣竿タイプのおもちゃを使って遊んであげると猫は狩りをしている気分に浸ることができます。
しかし、子猫のうちは夢中になって遊んでいても、成猫になると飽きてしまって満足できないことも‥。

そんなときはキャットニップやまたたび入りのおもちゃを使ってみましょう。
特に天然ハーブであるキャットニップは猫を夢中にさせます。
またたびは短い時間しか効果が続きませんが、キャットニップは何ヶ月も効果が持続するため長く遊ぶことができます。

キャットニップ入りのおもちゃで遊ぶ場合の注意点としては、軽い陶酔状態となるため、廊下や広い部屋など近くに家具などの障害物がない場所で遊ばせましょう。

ねこ ドヤ顔

飼い主さんとオモチャで遊べば、ハンター欲求が満たされるニャ♡
ストレス解消にもなるし、一石二鳥♪

まとめ

猫が獲物を見せにくるのは、飼い主としては絶叫物の困った行動ですよね‥。
でも、それは飼い主さんを困らせたくてしているのではなく、猫なりに飼い主さんに褒めてほしくてやっている行動なんです。
褒めるポイントが人間と猫でちょっとズレてしまっているので、複雑な心境になりますが(笑)

狩りは猫の本能なのでやめさせることはできませんが、運動させたりオモチャで遊ばせてストレスをためさせないようにしながら気を紛らわせてあげましょうね。

The following two tabs change content below.
わんにゃんラボ編集部

わんにゃんラボ編集部

ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんの役に立つ情報を発信中! ぜひ参考にして下さいね。