marie

宅配で届いたダンボールを床においた瞬間「え?それはニャに?はやくあけてニャ~」とピタッとそばにやってくるウチの猫ちゃん。

「待ってね~」と言いつつダンボールをあけると、のぞきこんでいます。

中に入っているものが気になるのかな?と入っているものを出したとたんに、猫ちゃんはサッと軽やかにダンボールへ!(うれしそう)

あなたの猫ちゃんも、ダンボールに入ったりすることがありますか?

今回は、猫ちゃんにとってダンボールとはどんな存在なのか(笑)ダンボールの魅力をご一緒にみていきたいと思います。

猫ちゃんvsダンボール

猫ちゃんといえば爪とぎ器、いろいろな素材の爪とぎ器はありますが、その中でも手軽なのが「ダンボール」でできたものですね。

スーパーでも買うことができるので、ウチの子にときどき買ってきます。

“またたび”というオマケがついているものもありますよ。

またたびを使用しなくても、ダンボールの爪とぎ器に乗って(笑)全身の力をこめるようにして、爪をといでいます。

ダンボールを信頼しきって(?)爪をとぐその姿は、まさにダンボールLoveを表現しているように見えるのです(笑)

いえいえ、ダンボールと戦っているのかもしれませんが。

部屋に空になったダンボールをおいていると「シャカシャカ!どんどんっ…がりがりっ…(つづく)」

何をしてるのか気になって見にいくと、猫ちゃんがひとりでダンボールと戦っているところでした。

ダンボールの表面は、ご想像のとおりボロボロになっています(笑)

ダンボールがボロボロになっても、くりかえしダンボールとの戦いは繰りひろげられます。

ボロボロと床に散らかったゴミの後片付けをさせていただく飼い主です。

折をみて、新しいダンボールに交換させていただくのも飼い主のつとめ(笑)

猫ちゃんはダンボールが好き!せまくても平気だニャッ♪

まりぃちゃん ダンボール

猫ちゃんはダンボールが好きなんですね。

ダンボールが小さくても「おかまいニャく~」気にせずに入って寝ているようなときもありますよ。

猫ちゃんはダンボールの音がすると、のぞきにきませんか?

宅配で届くダンボールの大きさはさまざまですが、大きさに関係なく「かならず」手を入れませんか?

ダンボールに入る気満々で、入る前の準備として、何かがかくれていないかをたしかめているのかもしれませんね。

先日、正方形の小さなダンボールに入ってお座りしていたことがあります(笑)

体をしゅ~っと細くしてキュウクツそうでした。

しかし、体がおさまりきらない大きさの箱でも、すべての足が入りさえすれば猫ちゃんにとっては全然OKのようですよ!

「そこまでして箱に入りたいの~?」と思って笑ってしまいます。

しかし、猫ちゃんにとっては「そこまでして」でもダンボールに入りたい理由があるようですよ。

ダンボールの特徴に、猫ちゃんがダンボール好きになった理由があるのかもしれません。

猫ちゃんはどうしてココまでダンボールが好き?ダンボールの魅力って?

猫 ダンボール好き 理由

猫ちゃんのダンボールLoveは見た目からも明らかです。

ダンボールのどんな魅力が猫ちゃんをトリコにするのでしょうか?

1.ダンボールのニオイに興味津々

ダンボールには家の中にはないニオイがついています。

ダンボールにも独特のニオイがありますよね。

中に入っていた物のニオイもあるでしょう。

それにダンボールは多くの人によって運ばれ、さまざまなニオイもつくので、猫ちゃんの興味をひくのでしょう。

2.ダンボールはせまいけれど安全、安心

あなたもご存じのように、猫ちゃんは狩りをして生活していた祖先のDNAを受けついでいますね。

危険から自分を守るための本能によって、敵から見えないようにかくれることができる場所にいると安全だと知っているのでしょうね。

猫ちゃんは体にピッタリサイズのダンボールがとくにお気に入りのようですよ。

体にダンボールがくっついていると、さらに安心するのかもしれませんね。

3.ダンボールの中は暗いけれどかくれ場所にぴったり

自然の中で暮らしていた猫の祖先は狩りをする以外の時間は体力を温存するために休息をとっていました。

暗い場所で敵からかくれることもできましたし、獲物を待ちかまえることもありました。

室内で飼っている猫ちゃんも、遠い記憶を受けついでいるので暗くてせまい場所を好むのかもしれませんね。

ダンボールは「暗くてせまいけれど安心できる場所」として、猫ちゃんのくつろぎスペースとなっているのでしょう。

猫ちゃんにとってダンボールの魅力は、ほかにもいろいろあるようですが、真実はひとつ!(笑)

猫ちゃんに聞くことができれば、ダンボールの本当の魅力がわかるでしょう。

ウチの子は「せま~いところが好きニャン♪暗くてもへ~きニャっ♪」といってるかもしれません。

くつろぎのひとときはダンボールで!

marie

ダンボールでまったりした雰囲気全開でひとりの時間を楽しんでいるようです。

とくに何をして遊んでいるというふうではありません。

まどろんでいるような感じのときもありますが、くつろぎモードになって、ストレスを解消しているのかもしれません。

起きているのを確かめてから「何してるの?」と飼い主がたずねても、猫ちゃんからのお返事はありません。

逆に、ゆっくりしているところを飼い主にのぞかれて「ニャに?」と言いたげです(笑)

あるある~!猫ちゃんってこんなコトもする?

ダンボールを(展開図のように)ひらいたり、ぺしゃんこにしていたりすると、猫ちゃんはどこからかトコトコ♪

「あれ~捨てにいくニャン?う…捨てないでほしいニャッ」といわれて、仕方なくダンボールの処分は取りやめたこと、過去数回(笑)

ウチの子は紙袋や小さなバスケットにも、入ってしまうこともありますよ。

上手に飛び込むのには感心します。

最近はカーテンのかげにかくれて、シッポをのぞかせていることがよくあります。

ダンボールと同じように、落ち着く場所なのかもしれません(笑)

まとめ

今回は猫ちゃんのダンボールLoveのお話をさせていただきました。

猫ちゃんはダンボールがあれば入ってしまうことは、よく知られていることでしょう。

ダンボールに入って眠っている猫ちゃん。

暗くてせまいけれど、猫ちゃんだけの空間ですから安心するのでしょうね。

しかしダンボールに入っても、お顔は前方をむいています。

くつろぎながらも、ちょっとは警戒しているのでしょうか(笑)

猫ちゃんにピッタリサイズのダンボールがあれば、くつろぎの場所としてプレゼントしてあげるといいですね。

The following two tabs change content below.
桜京

桜京

【飼っているペット:ペルシャ (チンチラゴールデンの女の子)】 動物が大好きで、リスやうさぎ、鳥、犬や猫などを飼ってきました。 猫の可愛い写真を撮るのが趣味です。