猫 大好きのサイン

とにかく気まぐれな猫は人に迎合しないところが魅力です。

一方で何を考えているのか分からず困惑させられることもありますよね。

動物はボディランゲージといって仕草に感情が表れます。

飼い主さんに懐いているのであれば、普段の何気ない仕草によって「飼い主さんが大好きだ」というサインを出しているのです。

そこで猫が飼い主さんに大好きと伝えるときに見せる仕草について解説します。

ねこ きゅん

猫ちゃんからの「愛してる」のサイン、ちゃんと伝わっているかニャ?

猫が飼い主さんに「大好き!」と伝えている仕草

1.体をスリスリと擦りつける

猫 スリスリ

料理や掃除などの家事をしていると、飼い猫がやってきて足に絡みつくようにして頭や体を擦り付けることがあります。

ほかにも座ってテレビを見ているときに膝のあたりに体を擦りつけたり、寝ているときに腕に頭を擦り付けてくることがあります。

多くの飼い主さんに思い当たる経験があるのではないのでしょうか。

これは自分の臭いをつけるためのマーキングの一種です。

スリスリによって自分の臭いを飼い主さんにつけるということは「この人は私のものだ!」と主張したいためで、愛情や甘えを表現する仕草の一つと考えられています。

猫が日常的にスリスリしてくる場合は飼い主さんが好きで甘えたいということですから、優しく頭を撫でてたっぷり甘えさせてあげてください。

2.喉をゴロゴロ鳴らす

猫 ゴロゴロ 喉

猫が人間に甘えるときに喉をゴロゴロさせるシーンは、テレビなどでよく登場するため知っている方も多いでしょう。

猫がどうやって喉をゴロゴロ鳴らしているかはいまだによく分かっていません。

子猫は母猫から母乳を飲むときに喉を鳴らすため、ゴロゴロと音を出すことで安心するという説があります。

体調が悪いときに喉を鳴らすこともあるため、ゴロゴロ鳴らしているからといって甘えたいとは限らないようです。

とはいえ、愛猫が喉をゴロゴロさせながら飼い主さんに体を擦り付けてきた場合は、飼い主さんのことが大好きである伝えていると受け取って間違いないでしょう。

3.尻尾をピンと立てて近づいてくる

猫 尻尾 立てる

尻尾を見れば猫の感情が分かるというほど、尻尾の角度や動きにはさまざまな感情が表れています。

その中でも尻尾をピンと立てる仕草は親愛を意味しています。

これは子猫のときに母猫にお尻を舐めてもらうときのポーズで、それが習慣となって母猫のように大好きな相手に対して見せる仕草となったのです。

飼い主さんの前で愛猫が尻尾を立てているなら、「母猫のように大好きだから甘えたい」というサインです。

こういうときであれば抱っこをしても嫌がらないので、優しく抱き上げてスキンシップを行ってはどうでしょうか。

4.目の前でゴロンとひっくり返ってお腹を見せる

猫 お腹を見せる

猫を飼っているとたまに目の前でドタッとひっくり返ることがあります。

最初は「どうしたの?」と少し驚きますが、体をひねって甘えたいような目で見つけてくるので、どうやらお腹を撫でて欲しいようです。

いろいろ調べるとこのお腹を見せる仕草には意味があることが分かります。

決して気まぐれにお腹を出しているわけではないのです。

そもそも猫は遊んで欲しい盛りの子猫や発情している猫を除けば、無闇にお腹を見せることはありません。

猫がゴロンとひっくり返ってお腹を見せる仕草は服従を意味しています。

これは猫の世界で自分より強い相手に発する「降参だからもう許して」というサインです。

猫にとってお腹を見せるということは隙を見せるのと同じことですから、警戒している相手の前では行いません。

わざわざ飼い主さんの目の前でお腹を見せるということは、「もう好きにして」というサインです。

飼い主さんが大好きだから完全に受け入れたという意味です。

普段の猫はあまりお腹を触られるのを好みませんが、この仕草を見せているときは別です。お腹を優しく撫でてあげると喜んで甘えてきます。

5.ちょこんとお澄ましして上目使いで見つめてくる

猫 見つめる

猫にじっと見つめられるとドキっとします。

飼い主さんの前でちょこんとお座りして上目使いで見つめてくるのは「好き」というサインです。

お行儀良く澄ましているのは、飼い主さんのことを慕っているからです。

「言うことを聞くよ」「お行儀良くしてるからご飯ちょうだい」などさまざまな意味があります。

さらに上目使いに見つけてくるのは、大好きな飼い主さんに可愛がって欲しいという意味です。

「よしよし」「いい子だね」などと優しく声をかけて、頭を撫でてあげましょう。

まとめ

何を考えているのか分からないことの多い猫も、普段のなにげない仕草によって「飼い主さんが大好き」というサインを発しています。

そのサインとは

  • 体をスリスリと擦りつける
  • 喉をゴロゴロ鳴らす
  • 尻尾をピンと立てて近づいてくる
  • 目の前でゴロンとひっくり返ってお腹を見せる
  • 上目使いで見つめてくる

などです。

日ごろから愛猫の仕草をよく観察して、「大好き」サインを受け取ったらたっぷり甘えさせてあげてください。

合わせて読みたい記事はコチラ☆
The following two tabs change content below.
のらくろ

のらくろ

【飼っているペット:猫 (オス3匹とメス4匹)】 猫の飼育歴は15年以上、現在家で飼っている猫はいずれも拾ってきたり保護した元野良猫です。主に猫について執筆しています。